1. TOP
  2. 車の原価はいくら?利益率を知ると値引きできるって本当?

車の原価はいくら?利益率を知ると値引きできるって本当?

くるま購入
  57 Views

車を購入するときに

「この車の原価って
いくらぐらいなのだろう・・・」

と考えたことはありますか?

実は、車購入時に値引き交渉する場合、
車の原価を知っていたら
値引き交渉が有利に働くかもしれないのです!

それなら、ぜひ、車の原価を
知っておきたいですよね。

そんな、車購入時の値引き交渉を
有利に運びたいと
思っていらっしゃる方のために、ここでは

  • 車の利益率を知っていると
    値引きに有利なのは本当なのか
  • 200万円の車原価と
    利益率はどれくらいなのか
  • 値引きの限界はいくらなのか

について解説させて頂きたいと思います。

「車の原価や利益率を知って
値引き交渉を有利にしたい!」

という方は、ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね。

Sponsored Links

車の利益率を知っていると値引きに有利って本当?

車を販売するときには
原価に利益が上乗せされているので、
ディーラー側が儲かります。

例えば、200万円の車であれば
原価がいくらで利益率がいくらぐらいなのか
事前に知っておけば

ディーラー側が儲けをだせるぎりぎりの
ラインまで値引き交渉をすることができるので、

車購入時により有利に値引き交渉を
展開することができます。

新車をより安く値引きして
もらったうえに、

現在所持しているマイカーを
高値で買取りしてもらえると
新車購入時の購入費用に充てられるので
助かりますよね。

もし、マイカーをより高値で
買い取ってもらいたいのであれば、

ネットで簡単に車の査定額を
無料で計算してくれる以下のサービスで
マイカーの現在の値段を
チェックしてみてはいかがでしょうか?

簡単車査定ガイドで愛車の値段をチェック

上記のネットの一括査定サイトを使用して
マイカーの値段をチェックすれば

沢山の業者の中から
より高値で買い取ってくれる買取業者を
選ぶことができますので、

より高値で買い取ってもらえる
チャンスが広がりますよ!

200万円の車の原価&利益率は一体どのくらい?

「車購入時に値引き交渉を
有利に展開させたいけれど、
車の一般的な原価や利益率が
わからない・・・」

という方のために、以下に200万円の車の
製造原価とメーカーの利益率について
検証していきますね。

車の製造原価

車の製造原価は車種によって異なるのですが、
一般的な製造原価
車両本体価格のうちの60%ほどなので、

車両本体価格が200万円だとすると
製造原価はだいたい120万円ほどとなります。

車両本体価格である200万円から
製造原価の120万円を引いた金額が

開発費や組立費、諸経費、
メーカーの利益やディーラーの利益になります。

メーカーの利益

車両本体価格の10%がだいたいメーカーの
利益となりますので、

車両本体価格が200万円の車の利益
20万円ほどとなります。

こうしてみるとメーカーの利益率は
とても良心的なので、

あまり値引きをすると儲けがないように
思われるかもしれませんが、

車に付加するオプションなどは
車両本体よりも利益率が高いので、

オプションを付加することにより
新車販売時により利益を得られるような
仕組みになっています。

Sponsored Links

ディーラーの利益

メーカーの利益率同様、
ディーラーの利益率
車両本体価格の10%ほどなので、

車両本体価格が200万円の車の場合の
ディーラーの利益
20万円ほどとなっています。

こちらもかなり良心的な利益なので、

「これぐらいの利益でディーラーは
やっていけるの?」

と疑問に思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、

じつは、ディーラーは
新車を販売することにより、
メーカー側から販売奨励金が支払われるので、

その販売奨励金で利益を出すことができるため
利益率が10%であっても
ある程度までであれば
値引きをすることが可能なのです。

Sponsored Links

ズバリ!値引きの限界はいくら?

一般的な車の値引きの限界はというと、
車両本体価格が200万円だった場合

ディーラーの利益率である10%ほどが
値引きの限界だと言えます。

ただし、ディーラーはこのメーカーから
もらえるマージンだけでなく、

自動車購入時に付加する
ディーラーのオプションや
事務手続きの代行費用、オートローン、
自動車保険、クレジットカードなどからも
利益を得ていますし、

3月や9月時の決算時には、
販売目標を達成していると
メーカーから報奨金が得られますので、

この時期は上記でご紹介しました10%以上
値引きしてもらえる可能性が高くなります。

決算前で販売目標台数まで
あと数台となっているディーラーの場合は、

メーカーのマージンを以上に値引きしてでも
目標台数に到達したいと思っていますので、

販売目標達成までもうすぐのディーラーで、
ディーラーや営業マンの
ノルマ達成にかかわってくる日にちである
毎月15日前後に値引き交渉をすると

メーカーから設定されている利益率よりも
より多く値引きしてもらえる
場合があります。

よりお得な値段で新車を購入したいのであれば、
上記でご紹介しました、3月や9月の決算期や
毎月15日前後のノルマ達成にかかわる日に
新車購入の値引き交渉をすることを
おすすめします。

Sponsored Links

youtubeにて車の値引き交渉術を
紹介している動画を見つけました。

どのように交渉すればうまく
値引きできるのかお知りになりたい方は

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

以下の記事は車の値引きがどれくらい
可能なのかや
効果的な交渉テクや
時期を詳しくご紹介しています

より、車の値引き交渉を有利に展開させるための
詳しい情報をお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

車の値引きはどれくらい可能?効果的な交渉テクや時期を紹介へ移動する

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

車の製造原価販売価格の60%ほど、
メーカーの利益販売価格の10%ほど、

ディーラーの利益
販売価格の10%ほどであることが
お分かりいただけたと思います。

ディーラーのメーカーから受け取れる
マージンは上記でご紹介しましたように
販売価格の10%ほどなので、

一般的な割引の限界車の販売価格の
10%ほどなのですが、

ディーラーはこのメーカーから
もらえるマージンだけでなく、

オプションや代行費用、オートローン、
自動車保険、クレジットカードなどからも
利益を得ているので、

販売目標を達成していると
メーカーから報奨金が得られる
3月や9月の決算時

毎月15日前後のノルマ達成にかかわる日
値引き交渉をすると

メーカーから設定されている利益率より
もっと値引きしてもらえる可能性が
あります!

よりお得な値段で
マイカーを入手したいのであれば、

決算期の3月や9月、ノルマ達成がかかっている
毎月15日前後にディーラーに行き
値引き交渉をすることをおすすめします。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

夫と小学生の息子と暮らす主婦です。

OLとして会社勤めをしていた時の経験や
主婦としての家事や子育ての経験を活かし

皆様のお役に立てるような記事を
執筆すべく頑張ります!