1. TOP
  2. チャイルドシートのクッションはいつまで?ないと危険なの?

チャイルドシートのクッションはいつまで?ないと危険なの?

 2016/04/15 チャイルドシート
  21,481 Views

お子さんが小さい間は、マイカーで
移動する際には、チャイルドシート
必要不可欠です。

チャイルドシートを購入すると
ほとんどの場合、インナークッション
付属しています。

でも、このインナークッション
お子さんが大きくなるまでずっと
使用しなくてはいけないものなのか
どうか気になるところですよね。
そこで、以下に

  • チャイルドシートのクッションはいつまで必要なのか
  • インナークッションは何のためにあるのか
  • チャイルドシートのクッションはないと危険なのか
  • クッションがない場合代用できるものがあるのかどうか

 

について解説させて頂きたいと思います。
チャイルドシートのクッションをいつまで
つけておいたら良いのかお知りに
なりたい方は、ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね。

Sponsored Links

 

チャイルドシートのクッションはいつまで必要?

pexels-photo-24104-medium

 

2000年以前はインナークッションが
取り付けられていないチャイルド
シートが多かったのですが、

その際には、赤ちゃんは4か月
ぐらいからチャイルドシートに
乗せるようにと指示されていました

現在のように新生児からチャイルド
シートに乗せることができるように
なったのは、ほとんどのチャイルド
シートにインナークッションが
付属するようになったからです。

このインナークッションの
使用時期の目安は、お子さんが
新生児の時から6か月ぐらいまでです。

お子さんの頭部がインナークッション
から出るようになってきた時が、
チャイルドシートのインナー
クッションを取り外す目安です。

Sponsored Links

インナークッションは何のためにあるの?

00ad9307c090bf813120cfa16945c360_m

 

チャイルドシートのインナー
クッションは、小さな赤ちゃんを
保護するためのものです。
主に、チャイルドシートを後ろ向き
使用する際に使われます

使い方は、赤ちゃんの体重が
7キロ未満の場合、頭部用と肩部用、
座面用を必ずセットで
使用しなくてはいけません

お子さんが成長して体重が7キロ以上、
13キロ未満になった場合は、
頭部用のインナークッションのみを
ヘッドパッドとして使用します。

さらにお子さんが成長して体重が
9キロ以上18キロ以下になり、
頭部がインナークッションから
出るようになったら、

チャイルドシートに付属している
すべてのインナークッションを
取り外してチャイルドシートを
使用します。

チャイルドシートのインナー
クッションの取り付け、取り外し
の様子を紹介している動画を
youtubeで見つけましたので、
ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

チャイルドシートのクッションはないと危険?

nature-animal-fur-dangerous-medium

 

チャイルドシートのクッションは、
赤ちゃんの大きさに合わせて
チャイルドシート内に体を
保持するために必要で、

このインナークッションがないと、
事故などで衝撃を受けたときに
赤ちゃんの体がずれる
危険性があります

ですから、赤ちゃんを車に乗せる際には、
最新の安全基準を満たしていて
なおかつきちんとしたつくりの

インナークッションが付属している
チャイルドシートを購入し、
取り付けることをおすすめします

Sponsored Links

クッションがない!代用できるものってある?

 

お知り合いから譲り受けた場合や、
リサイクルショップで購入する
などした場合、チャイルドシートに
インナークッションが付属していない
場合があります。

そのチャイルドシートのメーカーに
よってはインナーシートを付属部品
として別売りしている場合が
ありますので、それを購入すれば
安全上問題ないと思います。

ただし、インナーシートだけの
注文でも物によったら1万円ぐらい
する可能性がありますので、

それなら1万円に少しプラスして
最新の安全基準を満たした
インナーシート付のチャイルド
シートを購入したほうがいいと思います

もっとお安く済ませたいのであれば、
オークションなどで安いヘッドレスト
購入し、赤ちゃんの周りをバスタオル
埋めて体が揺れないようにするという
方法もあります。

これなら、1万円するインナーシートを
購入せずにインナーシートが必要な
時期を乗り切ることができるようです。

ただし、赤ちゃんの安全を考えたら
チャイルドシートのメーカーの
付属部品を購入して使用するか、

比較的価格の安い新しい安全基準を
満たしているインナーシートが
付属しているチャイルドシートを
購入したほうが良いと思います。

 

まとめ

baby-baby-with-mom-mother-kiss-tenderness-67663-medium

 

チャイルドシートのインナークッション
赤ちゃんの体を保護するために必要で、
取り外し時期の目安は6かぐらいです。

知り合いから譲り受けた場合や、
リサイクルショップから購入した場合など、
インナークッションが
付属していない場合は、

メーカーの別売り付属部品として
インナークッションを購入すると
1万円ぐらいかかる可能性があるため、

できるだけ安く済ませたいのであれば
ネットオークションなどで購入した
安いヘッドレストやバスタオルを
活用してインナークッション代わりに
することも可能ですが、

赤ちゃんの安全性を考えるなら
1万円に少しプラスして最新の
安全基準を満たしたインナー
クッションが付属している

新しいチャイルドシートを
購入することをおすすめします。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

やまがた 優美

やまがた 優美

はじめまして♡2児の母をしています。

小さい子供がいるので、ファミリーパパママ向けの自動車関連ブログ記事が多くなります。できるだけ自動車大好きな人の役に立つことを書きたいと思います。ちなみに、最近子供たちの送り迎え用に新車を購入したところ♪

そんなリアルタイムな情報も踏まえて色々と記事書いていきたいと
思っています★
楽しいドライブ生活を楽しみましょう(^^)