1. TOP
  2. 車の定期点検は義務?最低限必要な内容・箇所を紹介!

車の定期点検は義務?最低限必要な内容・箇所を紹介!

 2016/01/21 2.メンテナンス
  54,459 Views

車検を行ったディーラーや修理工場から
定期点検のご案内のお手紙が届きますよね。

でも、案内通りに車は
定期点検しないといけないのでしょうか?
気になりますよね。

そこでここでは、車の定期点検が必要な理由
定期点検の内容など、車の定期点検についての
情報をご紹介させて頂きます!

Sponsored Links

車の定期点検が必要な2つの理由

IMG_2568_s

 

車検はもちろん必要ですが、車の定期点検も
マイカーを安全かつ快適
使用するためには
必要です。

そこで、以下に車の定期点検に必要な
2つの理由をご紹介させて頂きます!

 

  1. 車本来の性能を維持するため

上記でご紹介しましたようにマイカーを
安全かつ快適に使用するためには、

定期的に保守管理を行い、部品が破損したり
劣化していたら故障する可能性あるので、

車本来の性能を維持するためにも
定期点検し、破損、劣化部分を交換する
必要があるのです。

 

  1. 有害な排気ガスによる加害者にならないため

車が正常に機能していないと、
有害な排気ガスを排出し大気汚染や
健康被害の原因となってしまいます。

それを防ぐためにも、
定期的に整備点検を行い、

排気ガスを含め車が正常に機能しているか
チェックする必要があるのです。

 

予防整備をしないと車の寿命が縮むの?

car-classic-automobile-transportation-medium

 

人間も定期健診をしないと早期に病気を
発見することが
できないように、

車も予防整備をしないと、部品が破損、
摩耗したまま
運転し続けることになるため、

故障の原因になるどころか、
車の寿命も縮んでしまう可能性があります。

ですから、車の消耗品だけでも予防整備して
適正な時期に交換して、
性能を維持するようにしましょうね。

Sponsored Links

車の本来の性能を維持するために定期点検をしよう!

mercedes-one-thousand-miles-auto-classical-53384-medium

 

車検にとおっているから定期点検を
しなくても大丈夫!と
たかをくくって

定期点検を全くしていない方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

でも、それでは車の本来の性能を維持して
快適な
ドライブを続けることは難しいのです。

車の性能や安全性を維持するためにも
部品の劣化や摩耗をチェックして、

故障前に整備する予防整備である
定期点検は必ず行うべきなのです。

 

車の定期点検の内容とは?

 

12か月ごとに行う車の定期点検である
法定12か月点検では、
次のような
チェックを行います。

 

  1. ブレーキペダルの遊びと隙間のチェック
  2. パーキングブレーキのチェック
  3. ブレーキの利き具合
  4. クラッチペダルの遊びと床板の隙間のチェック
  5. エンジンオイルの漏れがないかチェック
  6. トランスミッション・トランスファのチェック
  7. ファンベルトのチェック
  8. パワーステアリングベルトのチェック
  9. ブレーキマスタシリンダのチェック
  10. 点火プラグのチェック
  11. バッテリーターミナルのチェック
  12. 排気の状態のチェック
  13. エアクリーナーエレメントのチェック
  14. 冷却水のチェック
  15. ブレーキホース・パイプのチェック
  16. ホイールシリンダ・ディスクキャリアのチェック
  17. エキゾーストパイプ・マフラーのチェック
  18. 遮熱板のチェック
  19. ブレーキドラムとライニングのチェック
  20. ブレーキシューとライニングの摩耗のチェック
  21. ブレーキディスクとパッドのチェック
  22. タイヤの状態のチェック
  23. ホイールナット・ボルトのチェック
  24. プロペラシャフト・ドライブシャフトのチェック

この他にもディーラーや自動車工場によっては
で独自に
悪路走行、長距離の走行、山道などの

シビアコンディションでの走行に関する
点検も行われます。

youtubeでネッツトヨタ富山の12か月点検の
動画を見つけました。

どんな点検をされているのか気になる方は、
ぜひ、ご覧になってくださいね。

 

Sponsored Links

車の定期点検はどこでしたらいい?

 

車の定期点検は、ディーラーでも
自動車の整備工場で
行っても
特に問題がありません

金額的には自動車の整備工場のほうが
お得な場合もあります。

ただ、ディーラーに定期点検して
もらったほうが
ちょっとお高めですが
安心感がありますね。

ただし、外車などの部品はディーラーを
通じて入手することに
なる場合が多いため、

最初からディーラーで行うことを
おすすめします。

 

車の定期点検の期間は何か月おき?

 

車の法定定期点検は、
自動車運送事業用自動車や

車両総重量が8トン以上の
自家用貨物自動車及び特種用途車、

乗車定員11人以上の
自家用自動車レンタカーの

貨物自動車の場合は
3か月ごとに定期点検行います。

 

レンタカーや車両総重量が8トン未満の
自家用貨物自動車及び特種用途車の場合は
6か月
ごとに定期点検を行います。


自家用車や軽貨物自動車、軽特種自動車、
二輪車の場合は1年ごとに定期点検を行います。

 

車の定期点検の料金はどれくらい?

d1c197acb6ddc8ed0234eea6aefe9b86_m

 

トヨタの場合ですが、
法定12か月定期点検の場合

所要時間は時間で
費用は8970円となっています。

法定12か月定期点検プラス
オイル交換をすると
10260円費用がかかります。

自動車修理工場で行ったら、
これよりも価格が安く済む場合もあります

 

定期点検の時期を過ぎた場合はどうなる?

brown-cow-mammal-animal-63246-medium

 

法定12か月定期点検の場合、
2週間から3週間ぐらい時期を過ぎても
問題はありません

ただし、点検ステッカーが4月なのに
5月に定期点検を実施した場合は、

新しい点検ステッカーの期日は
4月ではなく
5月に代わります。

 

定期点検の時期が過ぎてから点検した場合費用はどうなる?

 

法定定期点検の時期が過ぎても、
特に
罰則はありませんし、

過ぎてから点検しても
費用は変わりありません

 

まとめ

desk-laptop-notebook-pen-medium

 

いかがでしたか?
普段乗っているマイカーの場合、

法定定期点検は12か月ごと
行うことに
なっていますが、

時期を少し過ぎて点検しても
問題ありませんし、
金額的にも
通常の場合変わりありません。

点検してもらうのはディーラーでも
自動車整備工場でも問題ありませんが、

ディーラーで行ったほうが
ちょっとお高めですが、
安心感を
得ることができるのでおすすめですよ!

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『相場』を調べず車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはgooの買取相場査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の買取額が
スグにわかる。

・業者からの営業電話がないから、
相場だけ調べれる

・大手のgooが30万台のデータを算出してるから信頼できる

・『比較』のキッカケになるから
高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

gooのネット買取査定で相場を確認する♪

 



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

rasari

rasari

車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!
学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。

生まれてからずーっと車だらけの生活で、
車に囲まれた環境で育った人間として、
できるだけわかりやすく普段の車の知識から
専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!

楽しみにしていてくださいね☆