1. TOP
  2. 車のバッテリー警告灯が点灯!原因はオルタネーターかも!?

車のバッテリー警告灯が点灯!原因はオルタネーターかも!?

 2016/06/24 トラブル
  7,604 Views

マイカーの走行中に、
突然、車のバッテリー警告灯が点灯!
なんてことありませんか?

車のバッテリー警告灯が点灯するのは
何らかの理由でバッテリーの充電量が
少なくなっているのも
原因として考えられますが、

オルタネーターが原因の場合もあるんです!

そこで、ここでは

  • 車のバッテリー警告灯点灯している原因と対処法
  • バッテリー警告灯が点灯するのはオルタネーターが原因の場合もある?

について解説させて頂きたいと思います。

車のバッテリーの警告灯が点灯する
原因と対処法について
知っておきたいと思っていらっしゃる方は、
ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

Sponsored Links

車のバッテリー警告灯が点灯!その意味と対処法は?

pexels-photo-45072-medium

 

車のバッテリー警告灯が点灯したら、
バッテリーの充電量が
少なくなっているのでは?と
誰しも考えますよね。

でも、それ以外にもオルタネーター
車のバッテリーの警告灯が点灯する
原因であったりするのです。

そんな車のバッテリーの警告灯が
突然点灯する!という事態に備えて、

以下に車のバッテリーの警告灯が
点灯する原因と対処法について
ご紹介させて頂きますね。

Sponsored Links

考えられる原因とは?

pexels-photo-117602-medium

 

車のバッテリー警告灯は、
車のバッテリーの充電状態に
異常があった場合に点灯する
警告ランプです。

このバッテリー警告灯は
充電警告灯とも呼ばれ、

車に流れる電圧が一定量よりも下回ると
ランプが点灯する仕組みになっています。

通常の車のバッテリーは12ボルトですが、
車の走行中には
オルタネーターが作動しているので
14ボルト近くの電圧が流れます。

バッテリーの電圧は、
バッテリーの充電ができない
13ボルト迄下回ってしまった時に、

車のバッテリー警告灯の
警告ランプで知らせてもらえないと、

走行途中の道の真ん中で
車のエンジンがストップしてしまうという
緊急事態に陥ってしまう可能性が
あるのです!

考えられる原因は、
ルームランプやヘッドライトを
つけっぱなしにしたまま
駐車場に車を放置する

もしくは長期間車に乗らずにいることで
バッテリーの充電量が減少し、
車のバッテリー警告灯が点灯する場合が
あげられます。

この場合は、他の車と
ブースターケーブルでつないで
バッテリーを充電するか、

ロードサービスやディーラーに連絡して、
バッテリーを充電してもらいましょう。

上記の原因の他にも
バッテリーの寿命がきている
可能性もありますので、

その場合には、
ディーラーやロードサービスに連絡して
検査してもらった後、
新しいバッテリーに替えてもらえば
解決しますよ。

youtubeにて
ブースターケーブルを使って
バッテリーを充電する方法を
紹介している動画を見つけました。

バッテリーがあがってしまった時に
慌てず対処することができるように、
ぜひ、ご覧になっておいてくださいね。

Sponsored Links

オルタネーターが原因の場合もある?

pexels-photo-72581-medium

 

バッテリー警告灯がついたり消えたりせずに
ずっと点灯している場合は、
オルタネーターの故障がその原因として
考えられます。

そもそもオルタネーターとは、
電気を作る発電機のことです。

車のエンジンを動かすには
バッテリーの電力を使うのですが、

車が動き始めたら、
バッテリーの電力は使用せずに
オルタネーターが作った電力を使って
走行します。

車のバッテリーは
そのオルタネーターが作った電力を
利用して充電を行います。

そんな、オルタネーターが故障、
もしくは寿命で正常に機能しなくなると
車へ供給する電圧が下がりだし、

車のバッテリーに電力が充電できなくなり、
バッテリー警告灯が点灯する
事態に陥るのです。

この場合は、ディーラーや
自動車修理工場に連絡して
オルタネーターを点検・修理して
もらいましょう。

バッテリー警告灯が点灯でなく、
ついたり消えたりしている場合は、

バッテリーの充電や、
走行中の車の電力を賄う
オルタネーターを
動かすためのファンベルトに
異常がある可能性があります

このオルタネーターを動かす
ファンベルトが劣化して
硬くなったり伸びたりすると、

ベルトが滑ってしまい、
オルタネーターが正常に動かなくなって
充電ができなくなるため、
警告灯がついたり消えたりするのです。

その場合、ファンベルトの
張り具合を調節したり、
ファンベルトを交換することで
正常にオルタネーターが
動くようになることが多いようです。

 

まとめ

pexels-photo-28195-medium

 

バッテリー警告灯が点灯する
原因として考えられるのは、

ルームランプやヘッドライトを
つけっぱなしにしたまま駐車場に
車を放置したり、
長期間車に乗らなかったり、
することです。

このような状態にすると
バッテリーの充電量が減少し、
車のバッテリー警告灯が
点灯してしまう可能性があります。

また、バッテリーの寿命がきていることも、
バッテリー警告灯が
点灯する原因になります。

その他にも
オルタネーターが故障、
もしくは寿命で正常に機能しなくなると、

車へ供給する電圧が下がりだし、
車のバッテリーに電力が充電できなくなり、
バッテリー警告灯が
点灯する事態に陥ります。

バッテリー警告灯が点灯した状態だと
バッテリーに電力が
充電できていない状態なので、

エンジンストップする前に、
すぐに駐車できるスペースに駐車して
加入しているロードサービス会社や、
車を購入したディーラーなどに
連絡し対処してもらいましょうね。

Sponsored Links





車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

e6767ca6cb71ddc961f108ef3e1fd836_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

小学生の息子と夫と3人暮らしの主婦です。
会社勤めをしていた時の経験や、
結婚生活、子育ての経験を生かして、
皆様のお役に立てるような
記事を執筆していけるよう頑張ります!