1. TOP
  2. 車の日除けフィルムが違法になる基準とは?対策法も紹介!

車の日除けフィルムが違法になる基準とは?対策法も紹介!

 2016/07/21 交通ルール
  978 Views

夏の日差しが強い時には、
車が走っている方向によっては
窓越しに強い日差しが入ってきて
まぶしかったり、暑かったりしますよね。

そんな日差しを遮るために、
の窓ガラスに日除けフィルムを貼ろう!
と考える方は多いと思います。

ですが、車の日除けフィルムは
やり方によっては
違法になる場合があるのです!

そこで、ここでは

  • 車の日除けフィルム
    違法になる基準とは?
  • 車の日除けフィルム以外の
    日除け対策法は?

について解説させて頂きたいと思います。

車の日除けフィルムは、
どのような貼り方をすると違法になるのか、

また、違法にならないためには
どのようなフィルムの貼り方を
すればよいのかについて
知っておきたい方は、

ぜひ、以下の記事を
ご覧になってくださいね。

Sponsored Links

 

車の日除けフィルムは違法?その基準とは!

0f504435b040b5ee2ccc5f12138bc6ed_m

 

車の日除けフィルムは、
後部座席側の窓には可視透過率の低い
スモークフィルムを貼っても
よいのですが、

車のフロントガラスや運転席、
助手席側の窓ガラスは、
可視透過率が70%以上にしておくことが
道路運送車両法で規定されていますので、

スモークフィルムなどの
可視透過率の低いフィルムを貼ることは
禁止されています。

可視透過率が低いスモークフィルムを
運転席側や助手席側の窓ガラスに
貼った場合は、

整備不良車運行という道路交通違反で
切符を切られてしまいます。

可視透過率の低い
スモークフィルムだけでなく、

吸盤付きの日除けや
カーテンを付けることも
道路交通法の違反になりますので
注意しましょうね。

 

 

違法にならないフィルムの貼り方対策とは?

44b85b1a73d8d0281435c4f0cd3f2e64_m

 

後部座席側の窓ガラスには、
上記でもすでにご紹介しておりますように、

可視透過率の低い
日除け用のスモークフィルムを貼っても
道路交通法違反にはなりませんが、

運転席側の窓ガラスや助手席側の窓ガラス、
フロントガラスへ
可視透過率70%未満の
日除けフィルムを貼ること
道路交通法で禁止されてますし、
もちろん車検にも通りません。

ですが、可視透過率70%以上の
フィルムであれば、
フロントガラスや助手席側の窓ガラス、
および運転席側の窓ガラスに貼っても
問題ありません。

最近では、透明のUVおよび
熱線をカットする効果のあるフィルムも
販売されていますので、

どうしてもフロントガラスや
助手席側の窓ガラス、
運転席側の窓ガラスに
日除けのフィルムを貼りたいと
考えていらっしゃる方は、

違法にならない透明の
UVおよび熱線カットができるフィルムを
貼るようにしましょうね。

 

Sponsored Links

 

youtubeにて素人でもできる
フィルムの貼り方を
紹介している動画を見つけました。

自分で日除けフィルムを
貼ってみようとお考えの方は、

ぜひ、以下の動画を
ご覧になってくださいね。

フィルム以外に車の日除けに効果的な方法は?

3568937ffd974d5ca2c792256338b9b6_m

 

可視透過率70%未満のフィルムが
道路交通法違反になるのは、
車外から車内の運転手の状態が
見えないからなので、

日中の日差しを避けるために、
運転手が運転中に
サングラスをかけたり、
日除け効果のある
フルフェイスのヘルメットを
かぶったりすることは、
道路交通法的には違法にはなりません。

ですが、走行中フロントガラスや
助手席側の窓、運転席側の窓からの
紫外線や熱線をカットするには

やはり、上記でご紹介しましたように
違法にならない透明のUVおよび
熱線カット効果のあるフィルムを
貼るよりほか対処法がないと思います。

ただし、停車しているときは、
吸盤付きの日除けやカーテンを
使用しても
道路交通法違反にはなりません。

ただし、走行するときはもちろん
吸盤付きの日除けは
外さなくてはいけませんし、

カーテンを取り付ける場合は、
カーテンを閉めたときに
助手席側の窓ガラスや
運転席側の窓ガラスに
少しでもカーテンが接触していると

そのまま運転すると整備不良運行の
道路交通法違反で
切符を切られてしまいますし、
車検も通らないので、

カーテンを助手席側の窓や
運転席側の窓に取り付けるときは、
カーテンを閉じたときに窓ガラスに
カーテンが接触しないように
気を付けなくてはいけません。

以下の記事では、
車の日除けのために
カーテンを取り付けることに関する
様々な情報をご紹介していますので、

車に日除けのために
カーテンを取り付けようと
考えられていらっしゃる方は、
ぜひ、以下の記事を
読んでおいてくださいね。

車の後部座席のカーテンは違反じゃないってホント?へ移動する

Sponsored Links

まとめ

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_m

 

いかがでしたか?

後部座席側に
日除けのフィルムを貼るとき
可視透過率の低い
スモークフィルムを貼っても
問題ないのですが、

フロントガラスおよび
運転席側・助手席側の窓ガラスに
可視透過率70%未満のフィルムを貼ると
違法になりますので、

フィルムを貼るときは
UVおよび熱線カット効果がある
透明のフィルムを貼ることを
おすすめします。

ただし、停車中は
フロントガラスおよび
運転席・助手席側の窓ガラスに
吸盤付きのサンシェードを付けても
問題ないのですが、

走行中は必ず取り外さなくては
道路交通法違反になりますので
注意しましょう。

また、フロントガラス及び
運転席・助手席側の窓ガラスの
透過率が70%以上であれば、

運転手がサングラスをかけたり、
日除け効果のある
フルフェイスヘルメットを
かぶったりしても
法的には問題ありませんので、

日差しがまぶしい時には、
運転手はサングラスをかけるなどして
対処するようにしましょうね。

Sponsored Links





車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

91d5b7a99a0edf8b314ad04fcf923024_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

小学生の息子と夫と3人暮らしの主婦です。
会社勤めをしていた時の経験や、
結婚生活、子育ての経験を生かして、
皆様のお役に立てるような
記事を執筆していけるよう頑張ります!