1. TOP
  2. 廃車の料金!軽自動車はいくら?負担が必要な費用項目とは?

廃車の料金!軽自動車はいくら?負担が必要な費用項目とは?

 2016/08/11 廃車
  325 Views

現在乗っている自動車
廃車にする場合の手続きには、

車を完全に解体し
処分する永久抹消と、

一時的に登録を停止させ、
必要になったときに車検を取り直せば
再度乗ることができる状態にする
一時抹消があります。

この廃車手続きにかかる費用は、
軽自動車と普通車では
違いがあるのか、

また原付バイクの場合、
廃車手続きには
どれくらい費用がかかるのかは、

これから軽自動車、普通車、
原付バイクの廃車手続きをしようと
考えていらっしゃる方にとっては
いちばん気になるポイントですよね。

そこで、ここでは

  • 廃車料金の相場と費用項目
  • 廃車依頼
    ディーラー以外のほうがお得なの

について解説させて頂きたいと思います。

軽自動車や普通車、原付バイクの
廃車手続きにかかる費用について
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね。

Sponsored Links

 

廃車料金の相場とは?どんな費用項目があるの?

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_m

 

これから手持ちの自動車や
原付バイクを廃車しようとする方にとって、

廃車料金や費用項目は
事前に知っておきたいポイントですよね。

そこで、以下に
廃車料金の相場や費用項目は
軽自動車や普通車、原付バイクでは
異なるのか

さらに、永久抹消と一時抹消では
料金はどう違うのかについて
詳しく解説していきたいと思います。

 

軽自動車と普通車では違う?

96bcd261d274a814dd4932453f362b4f_m

 

軽自動車も普通車
廃車手続きにかかる費用項目

  • 車の解体にかかる費用
  • リサイクル料金
  • 廃車手続きの
    書類作成にかかる費用

となっています。

廃車する車の解体にかかる費用
普通車、軽自動車ともに
1万円ほどです。

リサイクル料金は、
普通車、軽自動車ともに
自動車を購入するときに支払っていれば、
廃車手続きをするときに
支払う必要はありません。

ただし、支払っていない場合は、
普通車の場合は1万円ほど
軽自動車の場合は8千円ほど
リサイクル料金として
支払わなくてはいけなくなります。

あと、廃車する車を
解体業者に自分で持ち込めば
持ち込みにかかる費用は
無料なのですが、

レッカーなどで移動しなくては
いけない場合は、

移動費用として
普通自動車、軽自動車ともに
1万円ほど支払わなくては
いけなくなります。

 書類作成費用は、
自分で行えば、
永久抹消の場合は
用紙代100円の負担で済み、

一時抹消の場合は、
一時抹消登録手数料が350円
用紙代が100円ほどかかります。

Sponsored Links

 

軽自動車の場合は、
一時抹消の場合のみ
350円の手数料がかかります。

廃車の手続きは、
普通車の場合は最寄りの陸運局、
軽自動車の場合は
最寄りの軽自動車検査協会で
行います。

廃車手続きを自分で行わず、
行政書士などに
手続きを代行してもらった場合は、

手間は省けますが、
軽自動車、普通車ともに
1万円ほど費用がかかります

ただし、車そのものには
鉄材として中国など海外からの
需要があるため、

廃車専門業者に依頼した場合は、
解体費用も必要なく、
廃車手続きも無料で行ってくれる上に、

買い取り費用まで
支払ってもらえる場合もありますよ。

youtubeにて
普通車および軽自動車の
廃車について解説している
動画を見つけました。

普通車や軽自動車の
廃車手続きについて
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画を
ご覧になってくださいね。

 

原付バイクの場合は?

f35d37aed7ea336284f09848188a7ecd_m

 

原付バイクを廃車にする場合は、
ナンバープレート外して、
最寄りの管轄の役所へ
それを持っていき、
手続きを行わなくてはいけません。

完全に今後使用しない場合は、
手続き終了後、
解体業者へ解体を依頼します。

一時使用停止の場合は、
手続き後にもらえる廃車証明書は、

再度原付バイクを使用するときに
必要となるので、
大事に取っておきましょう。     

原付バイクの廃車手続き自体は
無料ですが、

これらの原付バイクの廃車手続きを
業者に依頼した場合は、
2千円から5千円ほど費用がかかります。

あと、廃車手続きが済んだ後、
バイクを解体する場合は、

原付バイクの場合、
引き取り料金として
3千円から7千円ほど費用がかかります。

以下の記事では、
事故車の廃車費用に関する
詳しい情報をご紹介しています。

事故車の廃車費用に関する情報も
知っておきたい方は、

ぜひ、以下の記事も
ご覧になっておいてくださいね。

廃車の費用!事故車の相場とは?特別な手続きが必要なの?へ移動する

Sponsored Links

永久抹消と一時抹消では料金はどう違う?

2fddf4b238656b1becf5d5fc80b0e962_m

 

永久抹消と一時抹消での
廃車料金の大きな違いは、

永久抹消の場合は、
解体業者に解体を依頼した場合、

上記でご紹介しましたように
解体費用が軽自動車や
普通車の場合は1万円ほど

原付バイクなら
3千円から5千円ほど
費用がかかります。

自分で持ち込まず、
解体業者にレッカーなどでの
移動を依頼した場合
さらに1万円ほど費用がかかります。

一時抹消の場合は
これらの解体費用がかかりません。

あと、普通車の場合は、
一時抹消だと廃車手続きに
必要な用紙代100円
プラス一時抹消登録手数料が
350円かかります。

軽自動車の場合も、
一時抹消の場合は
手数料が350円かかります。

Sponsored Links

廃車依頼はディーラー以外の方がお得!?

17a6e8917c99a5598df6e1f00b6a1811_m

 

廃車をディーラーに依頼した場合
車の状態にもよりますが、
だいたいトータルで
1万円から8万円ほど
費用がかかります。

この廃車手続きを
解体業者に自分で持ち込み、
手続きをすべて自分で行えば
費用は1万円プラス
100円~450円で済みます

さらに、解体専門業者に
買い取ってもらえたら

廃車手続きや解体を
無料で行ってもらえるうえに
買い取り費用まで
支払ってもらえるので

ディーラーに依頼するより
かなりお得になります!

 

まとめ

80dc709d623bc1daca9ebf752b430dc2_m

 

いかがでしたか?

軽自動車も普通車も
廃車手続きにかかる費用項目

  • 車の解体にかかる費用
  • リサイクル料金
  • 廃車手続きの
    書類作成にかかる費用

となっており、

普通車の廃車にかかる費用は、
だいたい10,100円から30,450円
(リサイクル料金、レッカー代、
一時抹消登録手数料を支払った場合)

軽自動車の廃車にかかる費用は、
だいたい1万円から28350円
(リサイクル料金、レッカー代、
一時抹消の手数料を支払った場合)

原付バイクの場合は0円~7千円
(原付の解体を解体業者に依頼した場合)

となっており、
軽自動車のほうが普通車と比較すると
廃車にかかる費用は安く済み、

原付バイクの場合は、
バイクを解体しなければ無料、
解体したとしても7千円ほどで
廃車手続きが完了します。

ただし、廃車専門業者に
買い取ってもらえたら、

廃車手続きや解体を
無料で行ってもらえるうえに
買い取り費用まで
もらえる場合がありますので、

より、廃車にかかる費用を
節約されたい方は、
廃車専門業者に
見積もりを依頼してみては
いかがでしょうか。

Sponsored Links





車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

 

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

34e579ed3879b9aa98934a38bec9cfe3_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

小学生の息子と夫と3人暮らしの主婦です。
会社勤めをしていた時の経験や、
結婚生活、子育ての経験を生かして、
皆様のお役に立てるような
記事を執筆していけるよう頑張ります!