1. TOP
  2. 車の走行距離!買い替えに適したベストなタイミングとは?

車の走行距離!買い替えに適したベストなタイミングとは?

くるま購入
  165 Views

車の買い替え時期の指標として
走行距離10万キロというの数字を
耳にしたことはありませんか?

「本当なの?」と思いながら、
その信憑性を確かめることは
少ないかと思います。

そこで本当に10万キロが
買い替えに適したタイミングなのか
徹底的に調べてみました。

本当のベストな買い替え時期は
いつ頃なのか、走行距離は?

買い替えにあたって
チェックしておきたい項目
合わせて紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

車の走行距離って買い替えにどう影響があるの?

car-1464859_640

車を買い替えるタイミングは
人によってそれぞれですが、
一定サイクルや年数など、
様々な指標があります。

そこで最も目にしやすいのが
走行距離なのですが、
数字が多くなるにつれて
車の寿命も短くなると思っていませんか?

実は10キロ以上走らせてから
車を買い替えるというのは
日本人特有のものなのです。

日本車は丈夫に作られており、
10万キロ以上走らせても
全く問題がなかったりします。

そのため愛車を綺麗にメンテナンスすれば、
20万キロでも30万キロでも走るでしょう。

しかし買い替えの際には
走行距離は大きく影響を与えるもので、
下取りに出す古い車の価格が
大幅に下がってしまいます。

いくらメンテナンスしたからといって、
性能面では不安がつきまといますから、
車種によっては数万円の査定額が
出される可能性は否めません。

買い替えに適したベストなタイミングとは?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4

買い替えに適したタイミングとは
一体いつ頃になるのでしょうか?

走行距離の観点から言えば、
ポイントは5万キロです。

この数字は買い替えの際に
古い車を大きな価格で
下取りしてもらうための
分岐点となっているからです。

4万キロの車と5万キロの車とでは
下取り価格に大きな差が表れており、
差額は数万円~数十万円という結果に。

人気車ともなれば、
100万円近い開きが出ることも
中にはあるようですね。

車を高い値段で買い取ってもらって
新車購入の資金の足しにしたいとあれば、
車の走行距離が5万キロ以下というのが
一つのタイミングとなりそうです。

車の買い替えにかかる諸費用は?

bf81abaf65aa92c4150e7c55ebe68a3b_s

車を買い替える際にかかる諸費用は
一体どんなものがあるのでしょうか。

法定費用手数料の2つがあり、
国が定めた一定の税金が法定費用、
手数料は販売店に支払うものです。

法定費用には以下のものがあり、
これらは値引き交渉は一切できません。

  • 自動車税
    車の排気量で課税額が変化
  • 自動車重量税
    重量で金額が変化、車検時に払う
  • 自動車取得税
    購入した車を登録するための費用
  • 自賠責保険料
    車購入に必ず入る保険
  • 消費税
    車両以外に付属品、登録費にも課税

対して手数料は販売店に支払うもので、
交渉次第では値引きの可能性があります。

どのような手数料があるのか、
以下の内容をご覧ください。

  • 登録費用
    例外として値引きは不可
  • 車庫証明費用
    値引きがしやすい手数料!
  • 下取り費用
    下取りに出すために必要な費用
  • 納車費用
    購入車を届けてもらうための費用
  • リサイクル費用
    値引き交渉はできない

項目が多くあるため複雑ですが、
法定費用と手数料を払う
ということを覚えておきましょう。

買替諸費用は項目が多く、
そのため支払う金額も多くなるため、
少しでも安く抑えたいと思うなら
車庫証明費用と納車費用は注目です。

この2点だけは値引き交渉がしやすく
販売店側も柔軟に対応してくれるため、
話してみる価値は十分にあります。

Sponsored Links

車を買い替え!保険はどうなるの?

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

車を買い替えたら
行う手続きがたくさんありますが、
その中でも保険は重要です。

手続きをせずに事故を起こした場合、
保険料が支払われない可能性があって
とても困ったことに陥ってしまいます。

必ず保険会社に
契約車両変更の手続き
行うようにしてください。

必要書類や内容は保険会社で変わりますが、
保険の内容を変更するわけではないため
手続きはさほど難しくないといえます。

納車日や車検証、車種情報、
その他に登録番号などを確認して
スムーズに手続きできるようにしましょう。

保険会社によっては追加保険料が必要に、
もしくは返金の可能性もあるため、
どうなるかも確認してください。

古い車の買取!相場はどうなっているの?

dollar-544956_640

車を買い替えるとなると、
古い車は買取か廃車
どちらかになるでしょう。

ほとんどの場合は
新車購入の費用の足しにする人が
多いかもしれません。

そこで気になるのが買取の相場ですが、
中古車市場の状況や人気車はなにか、
様々な状況で価格は変わってきます。

また走行距離が10万キロ以上の場合、
果たして買取してくれるのかどうかも
不安要素の一つとなるでしょう。

実際に10万キロ以上の車を
買取したという事例は多々あるため、
その点には問題ありません。

しかし価格面では車種や状態で
大きく変わってしまうことから
査定を受けてみてからでないと
一概には言えないでしょう。

古い車だからといって諦めるのではなく、
少しでも高く売ろうと思えば可能なため、
ネット買取査定を利用するといいでしょう。

ネット買取は不安という声もありますが、
上場企業が運営しているため安心です。

そもそも車の寿命は距離だけじゃない?!

mechanic-1696914_640

車の走行距離は目につきやすく
最も分かりやすい部分であるため、
車の寿命の大きな目安とされています。

しかし寿命に関わる部分は他にもあり、
エンジンは最も重要な部分です。

車の心臓とも言える部分で
普段は目にしないところではありまうが、
走らせていると着実に傷んでいきます。

しっかりとしたメンテナンスを行えば
それだけ長持ちする部品ですが、
目が行きわたりにくい部分。

車検時などの機会で
整備士の人から話もされると思いますが、
必ず注目してほしい部分と言えます。

Sponsored Links

車の買い替え!走行距離以外にもこんなところを要チェック!

e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_s

車を買い替えるとなった場合、
走行距離が一つの目安となります。

しかし他の部分も消耗するため、
どんなところにも注目すべきなのか
分からない人が多いでしょう。

そこでチェックしてほしい部分
一気に紹介していきたいと思います。

総合的に判断して車を買い替えに
踏み切ってからでも遅くはないため、
それぞれ確認してみてください。

車のタイヤの交換時期

タイヤの交換時期は一目でわかり、
ポイントも3つあります。

  • スリップサインの有無
  • ヒビが入っていないか
  • 使用年数

スリップサインとはタイヤの溝が
減っているかどうかを確認する基準で、
1.6mm以下だと車検に通りません。

新しいタイヤだと8mmありますが、
溝の深さは簡単に確認できるため
ガソリンスタンドなどで図りましょう。

またタイヤのヒビは劣化を示すもので、
バーストの恐れがあって注意が必要です。

使えば使うほど劣化するものですから、
何年使っているのかも確認して
大体3~4年を目処に交換すべきです。

車の定期点検の時期

車の定期点検は
その度に費用が掛かるものですから、
買い替え時期の目処にする人は
少なからずいます。

定期点検には1年点検と
2年点検がありますが、
走行距離項目による点検
あるのはご存知でしょうか。

国が定める点検項目の中に
年間走行距離1万キロを基準として
点検を受けるよう義務付けています。

ただし2年間での走行距離が
1万キロ以下である場合は
次回点検時まで省略できます。

「車検費用を払うくらいなら・・・」と
考えていれば、車検を買い替えの
ポイントにしてみるといいでしょう。

車のブレーキパッドの交換の時期

車のブレーキパッド
2~3万キロ走行で交換を推奨されており、
ブレーキをかけた際に「キーキー」と
聞こえるようになれば交換の合図です。

交換費用が4~5万円となっており、
これを車の買い替えの目安にするかは
正直微妙なラインではないでしょうか。

とはいえ劣化した状態だと
ブレーキが効かなくなることもあるため、
交換修理は必ず必要です。

日々のメンテナンスが重要ですから、
点検時には必ず確認しましょう。

またブレーキパッドに関する
記事がありますので、こちらもご覧ください。

→車のブレーキ音の異音は
ブレーキパッドが寿命?修理はどのくらい?

車の年数や年式

車の年数や年式
走行距離と同じくらい大切な
買い替えの指標となります。

やはり使用し続ければ消耗して
いつか壊れてしまう部品があります。

走行距離が10万キロともなれば
その症状が顕著になりますが、
年数経過によっても劣化していきます。

ボディなど外装に関しては
費用は大きくかかりませんが、
内部部品はパーツ入手も難しくなって
交換費用が高くなることでしょう。

走行距離だけに注目するだけでなく、
車を運転している際には
些細な変化にも目を光らせて
寿命かどうかを見極めるのも大切です。

Sponsored Links

乗り換えもいいけど…乗り潰すのも一つの手かも?!

auto-87068_640

愛着がわいている車であれば
手放すのがもったいないと思えるでしょう。

また特に大きな故障もなく
メンテナンスも行き渡っていれば、
買い替える必要がないかもしれません。

下取り価格も大きくないでしょうし、
そうなれば乗り潰すまで
大切に乗り続ける方が良いでしょう。

しかしデメリットもあり、
車検費用が高くなったり、
突然故障が頻繁に起こるなど
不便に思う日が来ることがあります。

この辺りのバランスをどう取るかが難しく、
乗り潰すまで持ち続けるのであれば、
しっかりとメンテナンスを行ってください。

まとめ

car-1562723_1280

車の買い替え時期ですが、
様々な点から見てきました。

多くの人が走行距離を
判断基準のポイントに据えますが、
それ以外にも見るべき部分はあります。

中でも下取りをして
新車購入の足しにするという場合は
一定の基準があるため注意が必要です。

高く売りたいというのであれば、
高く売るための方法が存在するため、
そのポイントを押さえてください。

車の買い替え時期について
考え方については様々なですが、
この記事を読んで買い替えタイミングの
視野が広がれば幸いです。

Sponsored Links





車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

pexels-photo-166682

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

光明

光明

数年後に三十路を迎える光明です。愛車に乗るのは週末くらいで、大好きなアニメソングを流しながら運転するのが密かな楽しみとなっています。特技は一人カラオケin車内(音痴ですが汗)。