1. TOP
  2. 車のボンネットの塗装料金!修理費用の相場はどのくらい?

車のボンネットの塗装料金!修理費用の相場はどのくらい?

 2016/12/25 DIY カスタマイズ 修理期間・費用
  3,359 Views

車のボンネットの傷やへこみ
結構目立ちますよね💦

それだけでなく、
高速道路などを走ってると、
小石の飛び石で穴が開くことも。。。

そのままにしていたら、
錆びてしまってせっかくのボディの見た目が
悪くなってしまいます。

そんなボンネットの悩みを改善するためにも、
修理費用はどのくらいかかるのか、
ご紹介しましょう!

気になる費用の相場を、
症状別に解説しているので、
いまの自分の愛車の症状を
照らし合わせてご覧ください。

 

Sponsored Links

車のボンネットの塗装費用はいくらぐらいかかる?症状別にご紹介!

c3979a239f118d36fd6173fa4d6d776a_s

車のボンネットの塗装費用は、
どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

色々な症状の費用を
それぞれ例と合わせてご紹介します。

 

ボンネットの塗装の剥がれの場合

車のボンネットの塗装剥がれの費用は、
約56,000円~です。

内訳としては、

  • 色落とし作業:12,000~円
  • ボンネット全体の塗装費:44,000~円

その他、工賃代などを含んだ
おおよその見積もりになります。

また、色や範囲なのによっても
料金は変動します。

【修理前】

425x319xiegnum_befo1-jpg-pagespeed-ic-r3qwltk8kg
出典 http://www.car88.jp/

【修理後】

425x319xiegnum_after1-jpg-pagespeed-ic-w6mvrtz-tl
出典 http://www.car88.jp/

 

ボンネットの塗装の劣化の場合

車のボンネットの劣化の費用は、
約10,000円~50,000円です。

  • 研磨のみ:10,000円~30,000円
  • 研磨+コーティング:30,000円~50,000円

【劣化の激しい例】
20160420-9397
出典 http://www.ralph.co.jp/

 

ボンネットの色褪せの場合

車のボンネットの色褪せの費用は、
約44,000円~です。

作業内容としては、

  • 研磨剤で磨く
  • 下地塗装する
  • 上塗り仕上げ

全体の剥離作業ではなく、
部分的に研磨剤で下地塗装したので、
安く仕上げられています。

【色褪せ例】

2012-07-26%2013-40-16
出典 http://www.ycsc.jp/index.html

 

Sponsored Links

ボンネットのくすみの場合

車のボンネットのくすみの費用は、
約4,200円~13,500円です。

この差額の違いは、
以下のような仕上がりの違いです。

軽研磨作業仕上げ:4,200円~5,900

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

鏡面加工仕上げ:9,200円~13,500円

o0450033811067364444
出典 http://ameblo.jp/sensya-coating/

 

 

その他の修理費用の相場もご紹介

pexels-photo-168938

まだまだある、
こんな傷やあんな傷。。。

修理をする前に、
自分の愛車の傷がどの程度で修理できるのか
予測してみましょう。

 

ボンネットの傷

車のボンネットの傷の修理費用は、
約30,000円~48,000円です。

この相場は、10cm×10cmの範囲の場合なので、
広い範囲になると、約10,000円はアップすると
お考え下さい。

 

ボンネットへの飛び石

車のボンネットの飛び石の修理費用は、
約40,000円~60,000円です。

数ミリの穴だからと言って、
安いわけではありません。

dsc03298s
出典 http://bankinnet.blog.fc2.com/

穴がどこまで深いかによっても
費用は異なってきますし、
塗装のカラーによっても違ってきます。

 

Sponsored Links

ボンネットのへこみ

車のボンネットのへこみの修理費用は、
約30,000円~52,000円です。

小さなへこみから、大きなへこみなど
その大きさによって費用も異なります。

xpulsar-polo-jpg-pagespeed-ic-igaron3hqc
出典 http://www.car88.jp/

 

📝MEMO
どのくらいの費用がかかるのか分かったら、
まずは、見積もりを出してもらいましょう!

 

ほおって置いたら大変!鳥のフンが塗装剥がれの原因にも!

pexels-photo-27296

車のボンネットに鳥のフンが落ちてきたら、
すぐにふき取りましょう!

なぜなら、
そのフンの成分は強烈な酸性
であるからです。

その強烈な成分で塗装を変色させたり、
塗装剥がれの原因になります。

フンを見つけたら、
できるだけ早く拭き取るようにしましょう。

 

自分でできる!?塗装の修理方法をご紹介!

車のボンネットの塗装費用は、
整備工場などへ依頼すると、
だいたい3万~6万円はかかってしまいます。

ですが、安くできる方法と言えば、
自分で修理したらかなり費用を節約できます💡

【DIYの材料費】

  • 約10,000円~15,000円

【作業時間】

  • 約3時間~5時間

【DIYで必要な材料】

  • 耐水ペーパー
    (600番、1000番)
  • マスキングテープ
  • 新聞紙
  • コンパウンド
  • シリコンオフ
  • ぼかし剤
  • サーフェイサー
  • クリアー用スプレー
  • 塗料

【作業工程】

  1. 修理する部分を、耐水ペーパー(600番)で剥がしていく。
  2. マスキングテープや新聞紙を使ってマスキングする。
  3. シリコンオフで、油分を取り除く。
  4. 表面にサーフェイサーをかける。
  5. 耐水ペーパー(1000番)で磨く。
  6. コンパウンドで磨く。
  7. シリコンオフで油分を拭き取る。
  8. 厚く塗装していく。
  9. コンパウンドで磨く。
  10. シリコンオフで油分を拭き取る。
  11. クリアー用スプレーをし、
    乾かないうちに塗装した周りに
    ぼかし剤をかける。
  12. 乾くのを待つ。
  13. 仕上げにコンパウンドと耐水ペーパー
    きれいに磨く。

以上がDIYでする場合の工程になります。

 

まとめ

coupe-limousine-pkw-auto-128882

車のボンネットの修理代には、
時間もお金もかかります。

ですが、
安くできる方法としては、
自分で修理する選択肢もあります。

ただ、プロの仕上がりに比べると、
やっぱりレベルが違いすぎるのも
本当のところ。。。

ボンネットは車の部分でも
一番目立つところなので、
しっかりと修理しておきたいですよね。

お財布と相談しながら、
まずは見積もりを取ってはいかがでしょう。

 

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

やまがた 優美

やまがた 優美

はじめまして♡2児の母をしています。
最近、子供たちの送り迎え用に新車を購入♪
車社会のいま、いろんな知識を知りたくて、
みなさまと一緒に車について考えていきたいと
思います!
楽しいドライブ生活を楽しみましょう。