1. TOP
  2. 車のコンセントでパソコンや掃除機OK?変換器で使えるもの10選

車のコンセントでパソコンや掃除機OK?変換器で使えるもの10選

コラム
  213 Views

車でキャンプに行ったときに
車のコンセント
家電製品が使えると便利ですし、

お仕事をされていらっしゃる方は、
パソコンやプリンター、複合機が
車のコンセントで使用できると
とても助かりますよね。

「実際のところ、車のコンセントで
どんな家電製品が使用できるの?」

と疑問に思っていらっしゃる方のために、
ここでは

  • 変換器で使える家電製品10選
  • 変換器とはどのような装置なのか

について解説させて頂きたいと思います。

変換器で使用できる家電製品には
どのようなものがあるのか、

また、変換器とはどういった装置なのか
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

Sponsored Links

 

パソコンだって使えちゃう!?変換器で使える家電製品10選!

02be398abdb8e957b8802dddceaaef95_m

変換器を使用すれば、
車の中で様々な家電製品を
使用することができます。

「では、どんな家電製品が使用できるの?」

と疑問に思っていらっしゃる方のために、
変換器で使用できる便利な家電製品
10点チョイスして
ご紹介させて頂きたいと思います。

 

①ノートパソコン

自動車についている発電機の容量は
小型車では60A~80Aぐらいなので、

消費電力は700W~900W
家電製品なら使用可能です。

ノートパソコンの消費電力
50W~100Wなので、

変換器で十分使用可能な
家電製品といえるでしょう。

 

②炊飯器

炊飯器の一般的な消費電力
800W~1000Wほどですが、

上記でご紹介しましたように、
小型車で変換器を使用して
家電製品を使用するのであれば、

消費電力は700W~900Wの
家電製品であればOKなので、

この消費電力数に該当する
炊飯器であれば、
変換器を使用して
車の中で使用することが可能です。

Sponsored Links

③掃除機

炊飯器同様、掃除機の消費電力
800W~1000Wなので、

掃除機自体の消費電力が
700W~900W程度の商品であれば、

変換器を使用して車で使うことができます。

 

④電子レンジ

電子レンジの一般的な消費電力
1300Wぐらいなので、

自動車についている発電機の容量は
60A~80Aぐらいの小型車では

消費電力が700W~900Wまでの
家電製品しか使用できないのですが、

エスティマのハイブリッドだと
1500Wまで使用できますので、

消費電力が1300Wの電子レンジでも
使用することが可能です。

 

⑤電気ケトル

電気ケトルは、意外なことに
1000W以上も電力を消費する
家電製品です!

なので、自動車についている
発電機の容量が
60A~80Aぐらいの小型車だと

消費電力が700W~900Wまでの
家電製品しか使用できないので、

電気ケトルは使用できないのですが、

エスティマのハイブリッドだと
1500Wまで使用できますので、

消費電力が1000W以上電力を消費する
電気ケトルでも使用することが可能です。

 

⑥ヘアアイロン

ヘアアイロンの消費電力
150W~240Wほどなので、

自動車についている発電機の容量が
60A~80Aぐらいで、

消費電力が700W~900Wまでの
小型車であっても使用することが可能です。

 

⑦アイロン

アイロンの消費電力
1200W~1400Wもあるので、

自動車についている発電機の容量が
60A~80Aぐらいで、

消費電力が700W~900Wまでの
小型車では
変換器を使用して
アイロンをかけることはできませんが、

エスティマのハイブリッドだと
1500Wまで使用できますので、

消費電力が
1200W~1400Wのアイロンでも
使用することができます。

 

⑧インクジェットプリンター・フォトプリンター

インクジェットプリンターや
フォトプリンターの消費電力
20W~30Wほどなので、

自動車についている発電機の容量が
60A~80Aぐらいで、

消費電力が700W~900Wまでの
小型車であっても、

変換器を使用すれば使うことができます。

Sponsored Links

⑨複合機

複合機もインクジェットプリンターや
フォトプリンター同様、

消費電力が20W~30Wほどなので、

エスティマのハイブリッドなど、
消費電力が1500Wまで
使用できる車はもちろん、

自動車についている発電機の容量が
60A~80Aぐらいで、

消費電力が700W~900Wまでの
小型車でも、

変換器を使って使用することが可能です。

 

⑩スマートフォン・タブレット

スマートフォンやタブレットなども
消費電力は10W~20Wほどなので、

消費電力が700W~900Wまでの
小型車でも、

変換器を使って使用することができます。

 

掃除機は消費電力によっては無理な場合も

上記でもご紹介しましたように、
掃除機の一般的な消費電力
800W~1000Wなので、

小型車の場合
自動車についている発電機の容量が
60A~80Aぐらいで、
消費電力が700W~900Wまでなので、

消費電力900W以上の掃除機は
使えない場合があります。

ただし、エスティマのハイブリッドなどは
消費電力が1500Wのものでも
使用可能なので、

車種によっては1000W以上の
消費電力の掃除機でも
使用できる場合があります。

 

変換器ってどんな装置なの?

question-mark-1232263_1280

変換器とは
車のシガーソケットや発電機と接続し、
家庭用コンセントに変換し、

一般の家電製品を差し込んで
使用できるようにする装置の事です。

Sponsored Links

車でコンセントを使用できる変換器はどんなものがあるの?

車でコンセントを使用できる変換器は、

シガーソケットと接続して
使用するタイプの変換器と、

自動車についている発電機と接続して
使用するタイプの変換器があります。

シガーソケットに接続して
使用するタイプの変換器は、

最大でも100W程度
消費電力の家電製品しか
使用できないのですが、

発電機と接続するタイプの変換器なら
上記ですでにご紹介しましたように

発電機の容量が60A~80A程度の
小型車だと、

700W~900W の消費電力の
家電製品が使用可能になります。

youtubeにて
シガーソケットにつなぐタイプの
100VのDCACインバーターを
紹介している動画を見つけました。

どんな商品なのか見てみたい方は、
ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

まとめ

camper-1336937_1280

車で変換器を使用して使用できる
家電製品には、

①ノートパソコン

②炊飯器

③掃除機

④電子レンジ

⑤電気ケトル

⑥ヘアアイロン

⑦アイロン

⑧インクジェットプリンター・フォトプリンター

⑨複合機

⑩スマートフォン・タブレット

などがあります。

シガーソケットに接続して
使用するタイプの変換器だと

100W程度消費電力の
家電製品しか使用できないのですが、

車の発電機と接続して
使用するタイプの変換器なら、

発電機の容量が60A~80A程度の
小型車だと、

700W~900W の消費電力の
家電製品が使用できますので、

もし、車で上記でご紹介したような
家電製品を使用したい場合は、

使用したい家電製品の
消費電力に合わせた変換器を購入して、

車に接続して、使いたい家電製品を
使用しましょうね。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

夫と小学生の息子と3人暮らしの主婦です。
会社勤めをしていた時の経験や、
結婚生活、子育ての経験を生かして、
皆様のお役に立てるような記事を
執筆できるように頑張ります!