1. TOP
  2. 車のタイヤ寿命まとめ!距離・年数・ひび・溝の見極めの基準とは?

車のタイヤ寿命まとめ!距離・年数・ひび・溝の見極めの基準とは?

メンテナンス
  2,843 Views

マイカーのお持ちの方で、
車のタイヤの寿命について詳しい方は
そう多くはないと思います。

車検や定期点検の時に
ディーラーや整備工場で

タイヤを交換をすることをおすすめされたら
交換しているので、

「車のタイヤの寿命の目安については
よくわからない・・・」

という方のために、ここでは、

  • 車のタイヤの寿命の目安
    見極めの基準とは
  • タイヤのひびや溝どうなっていたら
    寿命なの?

について解説させて頂きたいと思います。

車がどんな状態になったら
交換の時期なのか知っておきたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

Sponsored Links

車のタイヤの寿命の目安と見極めの基準

philatelist-1844081_1280

車のタイヤの交換というと、
自分でチェックはせずに車検や定期点検時に

ディーラーや整備工場に
おまかせしている方は、

車のタイヤの寿命の目安については
あまりご存じないかと思います。

そんな方のために、以下に
車のタイヤの寿命の目安や
見極めの基準について

詳しく解説させて頂きたいと思います。

 

車のタイヤの走行距離の限界とは

タイヤの性能の限界
4万キロ~5万キロといわれていますので、

走行距離の限界も
5万キロぐらいであるといえます。

ただ、車の持ち主の車の使い方や、
運転の技量、車を使用する環境によっては、

上記でご紹介しました性能の限界の距離よりも
もっともっと手前の時期にタイヤの寿命が来て
交換しなければならなくなる場合もあります。

ただし、走行距離2万キロを超えると
路面がぬれた状態でのタイヤのグリップ力、

つまり、ウェットグリップ性能が
格段に落ちてしまいますので、

乗り方を換えてそのまま使用するか、
タイヤを交換しなければ
ならなくなる場合があります。

Sponsored Links

車のタイヤはどれくらいの年数走れるものなの?

タイヤの性能の限界は、距離で言ったら
上記ですでにご紹介しておりますように、
4万キロ~5万キロほどなのですが、

タイヤの寿命年数で言ったら
2年~3年ほどとなっています。

車のタイヤのゴム自体
年数が3年を超えると

全く使用していなくても
明らかに硬化してきますので、

そのまま走行すると音がうるさくなったり、
グリップが格段に落ちてきたりします。

目いっぱい3年使用するのもよいのですが、

大事をとって2年ぐらい経ったら
タイヤを交換する方もいらっしゃるようです。

 

タイヤのひびや溝をチェック!

travel-1742941_1280

 

タイヤの交換時期つまり寿命は、
上記でご紹介しました使用距離や
使用年数もひとつの目安ではあるのですが、

タイヤのひびや溝も
タイヤの交換時期の目安となるので、
普段からチェックしておく必要があります。

そこで、以下にタイヤにどんなひびや
傷がついていたら寿命なのか、

また、溝の減り具合と
タイヤの寿命の関係について
ご紹介させて頂きたいと思います。

Sponsored Links

タイヤにどんなひびや傷がついていたら寿命なの?

タイヤのサイド部分をチェックしてみて、
ゴムにしわが寄っていたり、
溝と溝の間がひび割れていたりしていたら、

夏場など路面の温度が高い時期に
車を走らせると

ひび割れしていたところから亀裂が入り、
場合によってはタイヤそのものが
破裂してしまう場合がありますので、

タイヤをチェックしてみて
サイドのゴムにしわが寄っていたり、
溝と溝の間がひび割れていたりしたら、

そのままの状態で走行するには危険な状態、
つまりタイヤの寿命が来ていると言えるでしょう。

youtubeにてタイヤの交換方法を
紹介している動画を見つけました。

「タイヤがパンクなどして
走行できなくなった時のために
タイヤの交換方法を知っておきたい!」

という方は、
ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

 

 

溝の減り具合とタイヤの寿命の関係

タイヤの使用限度の目安は法律で
残り溝1.6ミリと規定されていますので、
これが一般的なタイヤの寿命であると
言えます。

ただし、残り溝1.6ミリに達していなくても、
残り溝が3.2ミリに到達すると、
タイヤの性能は急激に落ち、

そのままの状態で車を走行させると
車本来の性能が引き出しづらくなります。

特に高速道路を走行しているときや
路面がぬれた状態での
タイヤのブレーキ性能が
格段に落ちてきてしまいますので、

法律でタイヤの使用限度が
残り溝1.6ミリと規定されていても、

残り溝が3.2ミリに到達したら
できるだけタイヤを交換しましょうね。

 

まとめ

car-tire-1031579_1280

いかがでしたか?

タイヤの寿命の目安は、

  • 走行距離・・・5万キロほど
  • 年数・・・2年~3年ほど

とされています。

ただし、車の持ち主の乗り方や車の使い方、
車を使用する環境によっては、

上記よりももっともっと手前の時期に
タイヤの寿命が来て、交換しなければ
ならなくなる場合もあります。

さらに、走行距離2万キロを超えると、
タイヤのウェットグリップ性能が
格段に落ちるため、

乗り方を換えるか、寿命前に
タイヤを交換する必要が出てきます。

また、タイヤの寿命は
2年~3年と言われていても

タイヤに使用されているゴム自体は
3年を超えると明らかに硬化し、

そのまま走らせると音がうるさくなったり、
グリップが格段に落ちてきたりするため、

寿命の3年に到達する前の2年目ぐらいで
タイヤを交換される方もいらっしゃいます。

タイヤをチェックしてみて、

①タイヤのサイド部分のゴムに
しわが寄っている

②溝と溝の間にひびが割れている

③タイヤの使用限度の目安である
残り溝1.6ミリに到達している

上記の症状が出ていたら、
タイヤの寿命が来ているといえるでしょう。

ただし、タイヤの残り溝が
法律で規定されている1.6ミリに
到達していなくても、

3.2ミリに到達すると
タイヤの性能は格段に落ちてしまうので、

残り溝が3.2ミリに到達したら、
できるだけ早めにタイヤを交換することを
おすすめします。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

nksk

nksk

夫と小学生の息子と3人暮らしの
主婦です。

会社勤めをしていた時の経験や、
子育てや家事の経験を活かし

皆様のお役に立てるような記事を
執筆できるように頑張ります!