1. TOP
  2. 車の二台持ちの年収は?維持費(保険料・税金)はどれくらいかかる?

車の二台持ちの年収は?維持費(保険料・税金)はどれくらいかかる?

保険・税金
  2,519 Views

そろそろ車を二台持ちたいなぁ・・・

家族が増えたり、子供が部活を始めたり、
パートナーが仕事を始めたり
ちょっとした時にふと考える事って
ありませんか?

でも維持費かかるんだろうなぁ・・・

と躊躇される方も多いかと思います。

今回は、それを解決すべく、
車を二台持ちする方の世帯年収や、
2台持ちの維持費はどれくらいかかるのか、
まとめてみました。

Sponsored Links

二台持ちの維持費はどれくらいかかるのか

vintage-1950s-887272_960_720

車の購入代金は別として、
車1台の年間の維持費を計算すると、

税金・・・軽なら7,200円、ミニバンクラスの普通車なら39,500円。

保険・・・車両保険を付加しても年間40,000円前後。

車検・・・2年に一度、だいたい約100,000~150,000円。

それに、月々のガソリン代ですね。

2台分だと2倍になるので、
年間200,000円前後はかかるんじゃないでしょうか。

年間で結構な金額に。

都会ではガソリン代や駐車場代を含めた
維持費・税金等の負担が多すぎて、
2台目を買うという選択肢は無いかも知れません。

しかし、まだまだ交通の便が発達していない
地方都市では、2台持ちや3台持ちも
珍しくないようです。

我が家も軽自動車と普通車の2台持ちですが、
なかなか費用がかかっています^^;

2台目の車の維持費を安く済ませたいのなら、
「駐車場代をできるだけ安くすること」
「日常使いに限定して走行距離を低くおさえること」
の2つが効果的です。

二台持ちだと保険料はどれくらいかかる?

保険を掛けたい車両が増えれば、
その車ごとに保険を契約しなければなりません。

そういう人達に知っておいて欲しい割引制度が
「セカンドカー割引(複数所有者自動車割引)」です。

セカンドカー割引とはその名の通り、
二台目以降の車を購入して自動車保険を
新規で契約する場合に
【条件を満たせば】割引を受けられる制度の事を言います。
(2台目に限らず、3台目・4台目でも可能)

セカンドカー割引が適用されると、
常6等級からスタートするはずの
新規自動車保険の等級が

【7等級】からスタートします。

6等級と7等級の割増引率はかなり違います。

セカンドカー割引は自分から申告しないと
割引を受けられませんのでご注意を。

別々のディーラーで車を購入した場合など、
ディーラーの担当者に一台目が有ることを
伝えていないと割引が受けられない事も
有るので、事前にセカンドカー割引の事に
ついて相談しておきましょう。

二台持ちだと税金はどれくらいかかる?

車の税金とは、
自動車税、
自動車重量税、
自賠責保険料
です。

自動車税の1年分の税額は、下記の通りです。

ディーゼル車は、新車の新規登録年月が
平成12年3月以前のもの、
LPG車とガソリン車には新車の新規登録年月が
平成10年3月以前のものは、
通常の税率よりさらに約10%の重税となります。

定員が10人以下の乗用車を所有している場合の
自動車重量税については、下記の通りです。

車検の有効期間中に、車を廃車にする場合は、
リサイクル法により、重量税の還付を受けること
ができます

軽自動車には重量による税金の区分がなく、
一律で1年4,400円、
2年で8,800円、
3年で13,200円
となっています。

自賠責保険に関しては、下記のとおりです。

車を廃車にするときなどで自賠責保険を
解約すると、
未経過分の保険料が
戻ってきます。

残りの期間によって返戻金も変わってくる
ので、解約するなら早目の方が良いです。

これらの税金が年間で加算される、
と考えてみてくださいね。

Sponsored Links

車二台持ちの家庭の一般的な世帯年収は?

automobile-1867006_960_720

家庭の総支出収入、どんな車をどんな場所で
所有するかによって大きく変わりますので、
一般的・・・とは、何とも言えません。

田舎なら駐車場の賃料が3000円、
一戸建てを購入した場合はかからない
なんて場合もありますので。

都内の駐車場の賃料は30,000~60,000円と高額。
2台所有したらそれこそ駐車場の賃料だけで
かなり維持費がかかります。

年収300万円だと駐車場の賃料を払うだけでも
精一杯ということになってしまいますね。

所有する車についても、新車2台所有と
中古2台では大きな差ですね。

古くても好きな車を2台所有している場合と
2台とも新車で購入した場合、
さすがに年収300万円ではかなり無理ですね。

田舎か都会、マイホーム所有・賃貸暮らし、
独身、既婚者など環境によってかなり
違うと思います。

Sponsored Links

組み合わせによっては1台より維持費がお得な場合がある?

couple-1762473_960_720

一般的には,2台持ちは損する場合が多いです。

しかし、軽自動車を2台、用途に分けて
所有した場合は、1台の乗用車より
税金・
ガソリン代はお得になります
ね。

維持費は基本的に、軽自動車の維持費の方が
普通車のそれよりも安いので。

ただ、軽自動車2台を所有しても、家族で
外出する時はぎゅうぎゅうで、しかも
旅行なんかに行くときは荷物を載せたりも
するので、大変ですよね。

通勤用は燃費の良い軽自動車で、
週末の家族で使用する車はミニバン、
というのが理想的だと思いますが、
それは実際に乗る方の環境に合わせて
選ぶのが一番だと思います。

また、中古車の維持費は新車の維持費よりも
点検・修理等考えると、高くなるのが普通です。

しかし、新車より中古車の方が安く、まだまだ
乗れる車があるのも事実です。

例えば、ミニバンは新車で購入し、通勤用の
車は中古の軽自動車、という手もアリだと
思います。
(我が家はそうです)

Sponsored Links

まとめ

baby-1842293_960_720

いかがでしたか?

我が家のケースは子供が2人で、部活や学校の
送迎等で、どうしても2台必要な環境です。

できることなら1台で収めたいとは思いますが、
2台持ちするのであれば、今の生活環境に
合わせた購入を考えてみて、じっくりと
検討した上で、購入をした方が良いと思います。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

rasari

rasari

車屋の子供として生まれ、学校卒業後、
私自身も車屋の営業ウーマンとして仕事していました!
生まれてからずーっと車だらけの生活、
車に囲まれた環境で育った人間として、
できるだけわかりやすく皆さんにお伝えしていきたいなと思います。