1. TOP
  2. 車の輸送費の相場は?国内・海外などシーンに合わせてご紹介!

車の輸送費の相場は?国内・海外などシーンに合わせてご紹介!

 2017/01/26 売却ノウハウ 購入ノウハウ
  366 Views

知人や親戚から車を譲ってもらった、
国内、または国外からの引越しで、
車を輸送したい…などなど。

車の輸送費というものは、
自身で動かせない場合、
なかなか頭の痛い問題ですよね。

できる限り安価に押さえたいとうのは
誰しも考えることだと感じます。

そんな車の輸送費ですが、
いざお願いしようと考えた場合、
どのくらいの費用がかかるのか、
そもそもどのような方法があるのかなど、
首をひねってしまうことも多いもの。

ここでは「車の輸送」
そのものに関して、
気になるあれこれをご紹介していきます。

国内・海外への一般的な車の輸送費の相場

oldtimer-1202441_640

まず第一に気になってしまう、
車の「輸送費」に関してみていきましょう。

ただでさえ車の購入費用だったり、
引越しの費用がかかるのです。
あまりにも高くつくようなら、
計画をもう一度考え直さなければいけない
なんてことにも。

そんな悲しいことにならないよう、
まずは国内、海外の
大まかな輸送費の相場を見ていきます。

国内の場合

japan-1805865_640

日本は島国なので、
かかる輸送費が大きく変わってきます。

島国だとなんで変わるの?
と頭にはてなが浮いてしまった方のために、
簡単に説明しますね。

また後ほど詳しく紹介していきますが、
輸送の方法は大きく分けて3種類あります。
陸送、空送、航送です。

なんとなくわかってしまったかもしれませんが、
ざっくりいってしまえば、
道路を走るだけではなく、
飛行機や船で運ばなければいけない場合に、
費用が変わる。
ということですね。

国内での相場

japan-357242_640

ではここから本州内での
輸送費の相場を見ていきます。

・比較的近場の場合
(東京ー埼玉、千葉など)
およそ20000~25000円

・中距離の場合
(東京ー名古屋、三重など)
およそ30000~35000円

・中長距離の場合
(東京ー大阪、兵庫など)
およそ40000~50000円

・長距離の場合
(東京ー福岡、鹿児島など)
およそ55000~60000円

となっているようです。
どうしても遠くなるほど高くなり、
車が手元に届くまでの日数もかかるようです。

国外の場合

summer-199357_640

では国外の場合の相場とは
どのくらいになるのでしょうか。
こちらも国によって
大きく費用が変わってきます。

まず、車の大きさによって
大まかな費用が決まります。
そして海外といってもどこの国なのか。
この2つの相場を見ていきましょう。
(ここでは南米、アメリカを想定しています)

・セダン、コンパクトカーの場合
書類関係など通関代:43000円~
海上運賃:70000円~

・ミニバン、CR-Vなど大型車の場合
書類関係など通関代:46000円~
海上運賃:100000円~

となっているようです。
やはり陸送で送ることができない分
費用がかかってくるようですね。

また、費用以外にも
国外へ輸送する場合は、
事前に多くの書類が必要になってきます。

個人でやろうと考えるよりは、
業者にお任せしたほうが確実だともいえます。

複数の業者をピックアップして、
見積もりを出してもらったり、
業者からの対応を良く見て決めてくださいね。

車の輸送方法にはどのような方法がある?

bmw-918408_640

さて、上記で簡単に説明してしまいましたが、
車の輸送方法とは、
実際にはどのような種類があるのでしょうか。

それぞれのメリットなどと一緒に
見ていきましょう。

陸送

big-bend-113099_640

読んで字のごとく、
陸上を輸送することですね。

キャリアカーや積載車など、
自動車を積んで走る
専用の車に運ばれるやり方と、
輸送する車自体を
自走させて運ぶ方法があります。

国内での輸送は、
陸送になることがほとんどですし、
近場の場合は安価に済ませることができる、
というのもメリットですね。

空送

wing-221526_640

こちらも名前を見ればわかってしまいますね。
車を飛行機に乗せて運ぶ方法になります。
日本ではあまり見られませんが、
海外では比較的良く使われる方法のようです。

基本的に空送が使われるのは、
モーターショーに展示される車だったり、
開発中の試作車両などで、
あまり時間をかけずに
輸送したい場合にとられる方法のようです。

デメリットはやはり、
費用がとんでもなく高くなる。
ということですね。

航送

ship-1578528_640

船に乗せて運ぶ方法になります。
海外に運ぶ、
海外から運ぶ際はもちろんですが、
島国である日本でも、
比較的に良く使われる方法です。

国内ではフェリーを使い、
海外の場合は「自動車運搬船」
という専用の船が使われているよう。

メリットとして、
沖縄や各種島への
車の輸送が容易であることと、
長距離輸送の際は、
陸送よりも費用が抑えられる場合があること。
デメリットは、
港につけなければならないので、
場所や時間が限られるという点が挙げられます。

車を売却するのもあり?高額査定をしてもらう方法

aston-martin-1853424_640

できることなら輸送を頼みたいけれど、
あまりにも高額になってしまいそう…。

思い入れがあるなど、
どうしても手放したくない場合以外は、
売却してしまう
というのも一つの手だと感じます。

下取りなど業者に買い取ってもらえれば、
引越ししたっさきで、
また新たに車を購入することもできます。

特に海外への輸送は難しいこともあるので、
引越しのたびに車を手放す、
という方もおられるようです。

もしも手放すことに決めたなら、
少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。
また、手放すといっても大切な愛車、
大切に扱ってもらうためにも、
業者を選ぶ際には、
面倒くさがらずに
複数の会社から見積もりを取りましょう。

下記リンク先のサイトでは、
無料で最大10社からの見積もりが
簡単に3STEPで確認することができます。
売却を決めたなら1度覗いてみてくださいね。

かんたん車査定ガイドで見積もりしてみる

他サイトよりも平均して
16万ほどお得なようですよ。
今なら抽選で
10万円もらえるキャンペーン
もあるので、
見積もり取るなら今ですね。

格安で車を輸送する方法とは?

cuba-1638594_640

ミモフタも無くいってしまえば、
自身で運転してしまえば、
一番安くあげることができます。

しかし、それができれば
輸送を頼んだりしない!
と言うことになりますよね。

なので基本的には
業者を複数ピックアップして、
安いところにお願いしましょう。

また、引越しの際に
車の輸送も考えているのなら、
引越し業者に、
そのまま車の輸送もお願いすると、
輸送料金が引越し代金に含まれ、
割引が効く場合もありますよ。

まとめ

key-949094_640

車に関する手続き、というのは
本当に面倒くさいものが多いですよね。

しかし、大事な愛車に関することなので、
もう知らない!
なんてワケにもいきません。

大切な愛車を
きちんと手元に届けてもらうためにも、
輸送に関するあれこれも
きちんと把握しておけるようにしましょう。



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

やまがた 優美

やまがた 優美

はじめまして♡2児の母をしています。

小さい子供がいるので、ファミリーパパママ向けの自動車関連ブログ記事が多くなります。できるだけ自動車大好きな人の役に立つことを書きたいと思います。ちなみに、最近子供たちの送り迎え用に新車を購入したところ♪

そんなリアルタイムな情報も踏まえて色々と記事書いていきたいと
思っています★
楽しいドライブ生活を楽しみましょう(^^)