1. TOP
  2. 車のルームランプがつかない!原因と交換する時のポイントとは?

車のルームランプがつかない!原因と交換する時のポイントとは?

 2017/03/23 故障トラブル 部品交換・工賃
  3,309 Views

夜間、車を運転して家に帰ってきて
車のドアを開けても
ルームランプがつかない!
なんて時ってありますよね。

ルームランプがつかなくなったら
いつもお世話になっている
ディーラーや自動車整備工場などに
電球の交換を依頼する方は
多いと思いますが、

実は、自分で交換することもできるのです。

「ルームランプが切れる原因や
電球の交換の仕方を知っておきたい!」

という方のために、ここでは、

  • 車のルームランプがつかない原因
  • ルームランプの電球
    交換するときのポイント

について解説させて頂きます。

車のルームランプがつかなくなる原因や
電球の交換方法について
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

 

Sponsored Links

車のルームランプがつかない原因とは

c92f8823fbfa9feb3dcb4114059d3bda_m

ほとんどの方は車のルームランプが
つかなくなったら、

その原因は電球が切れたからと
考えると思います。

でも、それ以外にも車のルームランプが
つかなくなる原因はあります。

そこで、車のルームランプ
つかなくなる3つの原因
以下に詳しくご紹介させて頂きますね。

 

 ①ルームランプまたはドアスイッチの接触不良

実は、車のルームランプ
電球が切れていなくても

ルームランプやドアスイッチの
接触不良が原因で
つかなくなることもあります。

もし、ルームランプのスイッチをつけたり、
切ったりしてみた時に、
少しでも反応がある場合、

または、ドアを開けて
ドアスイッチを何度も触ってみて
反応が少しでもある場合は、

ルームランプやドアスイッチの接触不良が
ルームランプがつかない原因の
可能性があります。

ルームランプやドアスイッチの
接触不良が原因で
ルームランプがつかなくなったと
思われる場合は、
自分で修理することはできないので、

ディーラーや自動車整備工場に
ルームランプやドアスイッチの交換を
依頼しましょうね。

Sponsored Links

②電球の寿命

ルームランプやドアスイッチの接触不良が
ルームランプがつかない原因の場合は、

ルームランプのスイッチを
つけたり、切ったりしたり、

ドアを開けてドアスイッチを
何度も触ってみたりしたときに
少しでも反応がありますが、

このようなアクションをおこしても
何も反応がない場合

電球の寿命が、
ルームランプがつかない原因として
考えられます。

 

③電気系統のヒューズがとんでいる

もし、新品の電球に交換しても
ルームランプがつかない場合は、

電気系統のヒューズがとんでいることが
ルームランプがつかない原因
可能性があります。

その場合、ヒューズが
とんでいるところを調べて
ヒューズを交換する必要があります。

 

 

電球を交換する時のポイント

light-bulb-1640438_1280

ルームランプがつかない原因が
電気の寿命の場合
電球を交換しなくてはいけません。

そこで、以下に電球を交換するときに
注意しなければいけないポイント
いくつかご紹介させて頂きます。

Sponsored Links

 ①電球の熱が冷めた状態で交換する

電球を交換する時は、
電球が熱い状態だと
手にけがをしてしまいますので、

一旦スイッチを切り、電球の熱を
冷ましてから交換しましょう。

 

 ②LED電球に交換する時は電球の向きや極性を確認する

電球の熱が冷めたら、
マイナスドライバーなどを使用して
ルームランプのカバーを取り外し、
古い電球と新しい電球を交換しましょう。

電球をLED電球には極性がありますので、
交換する時には向きを間違えないように
取り付けましょう。

点灯するかどうか確認してOKなら
カバーを元通りかぶせたら
電球の取り換えは完了です。

youtubeにてルームランプの電球を
純正バルブからLED交換する方法を
紹介している動画を見つけました。

どのようにLED電球に交換するのか
知りたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

ヒューズの交換は自分でもできるの?

ルームランプを含め車の電気系統には
全てヒューズがついています。

このルームランプのヒューズは
ヒューズボックスと呼ばれる
ソケットに収納されています。

このヒューズボックスは
運転席側のダッシュボードの裏か
エンジンルームにあります。

このルームランプのヒューズは、
ディーラーや自動車整備工場でも
交換できますが、
自分で交換することも可能です。

まず、ヒューズボックスの中から
ルームランプ用のヒューズである
DOMEまたはROOMLAMP
記載されているヒューズを引き抜き、

ヒューズ内部の導線が切れていたら
現在取り付けられているヒューズと
同じ型のヒューズと取り換えればOKです。

ヒューズには低背ミニ平型平型
3種類がありますので、よく確認してから
同じ型のヒューズと交換しましょう。

ルームランプ用のヒューズは
カー用品店などで100円~300円ほどで
入手できますよ。

Sponsored Links

 

まとめ

car-1744903_1280

いかがでしたか?

車のルームランプがつかない時は、
以下の3種類の原因が考えられます。

①ルームランプまたは
ドアスイッチの接触不良

②電球の寿命

③電気系統のヒューズがとんでいる

ルームランプまたは
ドアスイッチの接触不良が原因の場合は、
自分で修理できませんので、

ディーラーや自動車整備工場に
ルームランプやドアスイッチの交換を
依頼しましょう。

電球の寿命が原因の場合は、
ディーラーや自動車整備工場に
電球の交換を依頼することもできますが、
自分で交換することも可能です。

その際は、以下の2種類のポイントに
気をつけながら交換しましょう。

①電球の熱が冷めた状態で交換する

②LED電球に交換する時は
電球の向きや極性を確認する

電球も自分で交換可能ですが、
ヒューズもディーラーや
自動車整備工場に依頼しなくても
交換可能なので、

自分で交換したい場合は、
カー用品店などで
自分の車に使用されている
ルームランプのヒューズと同じ型の
ヒューズを購入し交換しましょうね!

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『相場』を調べず車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはgooの買取相場査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の買取額が
スグにわかる。

・業者からの営業電話がないから、
相場だけ調べれる

・大手のgooが30万台のデータを算出してるから信頼できる

・『比較』のキッカケになるから
高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

gooのネット買取査定で相場を確認する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

rasari

rasari

車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!
学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。

生まれてからずーっと車だらけの生活で、
車に囲まれた環境で育った人間として、
できるだけわかりやすく普段の車の知識から
専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!

楽しみにしていてくださいね☆