1. TOP
  2. 車のドアロックが開かないのは故障?考えられる原因と解除方法とは?

車のドアロックが開かないのは故障?考えられる原因と解除方法とは?

 2017/02/12 故障トラブル
  6,555 Views

さて今日も仕事だ!
と車に乗って出かけようとしてみたら、
車のドアロックが開かない…Σ( ̄▽ ̄;)!!

朝っぱらかびっくりしてしまいそうな
トラブルですが、
昨今こういったトラブルが増えているそう。

原因はキーレスだったり、
スマートキーだったり、
鍵そのものの構造が
複雑になってきたことも
原因に挙げられるようです。

何でもいいけれど
ドアロックが開かないと
困ってしまいますよね。
これは故障なのでしょうか?

考えられる原因と、
その場でできる解除方法を見ていきましょう。

Sponsored Links

車のドアロックが開かない場合に考えられる3つの原因

sports-car-405865_640

まずは、
そもそもなぜ開かなくなってしまうのか。

上記でも軽く紹介しましたが、
鍵の構造そのものが
複雑化してきていることによって、
開かない場合もあるようです。

比較的良く見られる、
3つの原因を見ていきましょう。

①ドア内のアクチュエーターの故障

car-1031016_640

といわれても、
アクチュエーターって何だろう?
という方も多いですよね。

簡単にいってしまえば、
車の内部から鍵をかけるorあける際に、
ドアについているでっぱりを
押したり引っ張ったりしたことはありませんか?

実際にロックをかける部分を、
手動ではなく電気信号で動かす際に使われる、
モーター部分だと考えれば
わかりやすいのではないでしょうか。

このアクチュエーターが故障していると、
キーレスの信号に反応はしてくれるけれど、
実際には作動してくれない。
(ハザードは点くけれど鍵が開かない)
なんてことになってしまいます。

また、全てのドアロックが開かないのではなく、
運転席だけ、
後部のドアだけなど、
ドアロックが開かない箇所が限定的ならば、
ほとんどがそのドアについている
アクチュエーターの故障だと考えられます。

②キーレスのヒューズが飛んでいる

car-1577801_640

電気的な信号を送り、
受け取った信号により、
ドアの開閉をしていると考えれば、
ヒューズが飛んでいたら、
そりゃ開かないよね。

と、なんとなく
わかっていただけるのではないでしょうか。

一般的な車の多くは、
ダッシュボードの裏に
ヒューズボックスが設置されています。

何らかの過電流が発生した際に
全体を守るためのヒューズの役割。

すぐに直すことができないとしても
危ないことが無いように
該当のヒューズが飛んでいないか
確認してみましょう。

Sponsored Links

③アクチュエーターに信号を送っているコンピューターの故障

oldtimer-605509_640

一部のドアだけではなく、
全部のドアロックが開かない
ヒューズを確認してみたけれど、
どこも飛んでいなかった。

こんな場合は大本のコンピューターである
ドアロックリレーの故障が考えられます。

大本のコンピューターと書きましたが、
車自体を制御する
メインコンピューターとは別物なので、
走行自体には問題はありません。

ただ、メインコンピューターの故障の場合、
DIYでの修理は難しいので、
下記から紹介する方法でドアロックを解除して、
プロになおしてもらいましょう。

車のドアロックが開かない時の解除方法とは

bentley-1422953_640

原因がわかっても、
まずは鍵が開かないことには…。
となりますよね。

キーレスなど、
普段、鍵自体を
しっかりと意識することがないと、
いざ開かない!
となった時に慌ててしまうものですが大丈夫。

ここから見ていきましょう。

①キーレスで開かないときはスペアキーで開錠する

key-949094_640

まずはアクチュエーター、
ヒューズ、メインコンピューターの故障。
どれも電気信号を
受け付けなくなっている状態なので、
キーレスであけるのは諦めましょう。

予備に渡されているスペアキー、
またはメカニカルキーを
鍵穴に直接差し込んであけるしかありません。

半ドアだった場合もドアロックが開かないことが

上記までドアロックが開かない例を
紹介してきましたが、
まれに半ドアになっているせいで
キーレスが反応しないことがあります。

鍵をさす前にでも、
半ドアになっているドアが無いか
ちょっと調べてみてくださいね。

半ドア状態のドアがあったら、
体重を乗せて閉めるなどして
しっかり閉めましょう。
キーレスが効くようになることがあります。

Sponsored Links

%MINIFYHTML18daa4077946ee4e7979d9d635c2e51714% %MINIFYHTML18daa4077946ee4e7979d9d635c2e51715%

②ディーラーや整備工場に連絡して修理してもらう

car-engine-1738309_640

鍵を直接さしたのに解除されない!
なんて時は諦めてプロに修理してもらいましょう。

あちこち無理につつきまわってしまうと、
かえって鍵穴を傷つけたり、
断線している箇所を
増やしてしまうことにもなりかねません。

電話をしてきてもらう時には、
いつからキーレスが効かないのか。
スペアキーは試してみたのかなど、
詳しいことを説明できる
ようにしておいて下さいね。

キーレスのみの場合バッテリーが上がると開錠できない!

car-keys-1051695_640

思わぬ盲点ですが、
スペアキーやメンテナンスキーが無く、
キーレスしか持っていない。

なんて場合、
バッテリーが上がると
開錠できなくなってしまいます。

キーレスの場合、
電気信号を車側が受け取って、
ロック、アンロックの判断をするのですから、
バッテリーが上がってしまっていたら、
どうしようもないですよね。

こんな事態を防ぐためにも、
スペアキーの管理は
しっかり
としておきましょう。

まとめ

automotive-1866521_640

急いでいる時にドアロックが開かない!
なんてことになったら、
パニックになってしまいそうですよね。

このドアロックが開かない。
という問題は
基本的に自分だけで解決するのは
難しいことが多いようです。

困ってしまうトラブルですが、
慌てず騒がず。

できる方法を試したら、
ディーラーや整備工場など、
プロの手に任せましょう。
一つの参考にしてもらえればうれしいです。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『相場』を調べず車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはgooの買取相場査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の買取額が
スグにわかる。

・業者からの営業電話がないから、
相場だけ調べれる

・大手のgooが30万台のデータを算出してるから信頼できる

・『比較』のキッカケになるから
高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

gooのネット買取査定で相場を確認する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

rasari

rasari

車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!
学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。

生まれてからずーっと車だらけの生活で、
車に囲まれた環境で育った人間として、
できるだけわかりやすく普段の車の知識から
専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!

楽しみにしていてくださいね☆