1. TOP
  2. チャイルドシートの日よけは必要?後付けにおすすめの商品とは?

チャイルドシートの日よけは必要?後付けにおすすめの商品とは?

 2017/03/03 チャイルドシート
  970 Views

赤ちゃんのいる家庭で
車に乗ってお出かけ。
なんて時に必ず必要となる
チャイルドシート。

自分で購入したり
おじいちゃんおばあちゃんからの
プレゼントなんてことも良く聞くので、
チャイルドシート自体は
あって当たり前のものですが、
このチャイルドシートにつける
日よけを使っていますか?

特に初めての子ども。
となると
いろいろと不安になってしまいますよね。

私も息子が始めて車に乗る!
というときは
何が必要なのか(-ω- ;)?

いろいろと調べたものです。

そもそも
チャイルドシートに日よけは必要なのか?
どんなメリットがあるのか、
おすすめの商品など
ここから一緒に見ていきましょう。

Sponsored Links

なぜチャイルドシートに日よけは必要なのか

まずは
なぜチャイルドシートには
日よけが必要なのでしょうか?

基本的に
何か需要があるからこそ
売り出されているんですよね。

チャイルドシートに
日よけが必要な理由を見ていきましょう。

シートに固定された赤ちゃんは動いて日差しをよけられないから

 

まず大前提として
チャイルドシートは
赤ちゃんの安全を
守るためのものであると同時に、
あちこち動かないように
するためのものでもありますよね。

運転中にもかまわず
遊んで!
と手を出されたりしたら…
なんて考えただけでも
冷や汗が出るようです。

しかしこの動けなくする。
というチャイルドシートの働きは
赤ちゃんが自身で
日差しから逃げる。
という行動も不可能にしてしまうのです。

Sponsored Links

赤ちゃんは日差しを浴びて汗をかきそれが原因であせもになるから

 

チャイルドシートって
赤ちゃんを守るために
包み込むような形をしていますよね。

もしもの際にとても心強いものですが、
この「包み込む」
という形は汗をかきやすい形でもあります。

日よけがない状態で
日差しを一杯に浴びれば
チャイルドシート自体も熱を持って
赤ちゃんは汗まみれに。

気付くのが遅れてしまえば
背中があせもまみれ!
なんてことにも。

日よけを使うことによって、
少しでも汗をかく量を抑えることができます。

デリケートな赤ちゃんの皮膚は日差しで日焼けをしてしまうから

 

また日差しを一杯に浴びる。
というのは
女性からしてみればとても怖いことですよね。
デリケートな女性の肌より、
さらにデリケートな赤ちゃんの肌。

まだバリア機能が未発達な赤ちゃんの肌は
日焼けを通り越して
やけどのようになってしまう心配があります。

また、上記の汗をかく
ということと相まって、
怖い脱水症状の心配も。

赤ちゃんが直接太陽を見てしまう可能性があるから

 

なかなか気づきにくく
怖い症状として
目の問題があります。

赤ちゃんを乗せるチャイルドシートって
座席に対して
反対を向かせますよね。

この向きは安全上でとても重要なものですが、
同時に普通に座席に座っている私たちが
気付きにくい、
後ろからの日差しを
真正面から浴びる。
ということでもあります。

下手をすれば
太陽を裸眼で見つめてしまう可能性も。
あまりに強い光源は
目を傷めてしまいます。

ただでさえ
まだよく目が見えていない赤ちゃんにとって、
太陽を直視してしまう。
という事態が起きないように
親側がしっかりと注意をしてあげましょう。

チャイルドシート用の後付け日よけのおすすめ商品3選

ここまで
日よけのメリットに関して
見てきました。

「やっぱり付けておいた方がいいのかな…」
と考えた時に問題になるのが、
「でもチャイルドシートは
もう買っちゃったんだよね」
という事実。

でも大丈夫。
チャイルドシートの日よけは
後付けの製品でもできます!

ここからは
おすすめの商品を
3つ見ていきましょう。

Sponsored Links

ビタットシェードキャンディードット

出典:http://urx.blue/BUaT

吸盤が無いにもかかわらず、
ぴたっと窓ガラスに貼り付けることが
できるタイプ。

お手軽なのはもちろん、
しっかりと日光をさえぎってくれる上に
可愛くにぎやかながらなので、
外が見えなくても
赤ちゃんも退屈になりませんよ。

くるっと回しながらたたむことができ
使わない際には
コンパクトにしまっておくこともできるので
車の中に常備しておくこともできますね。

その時の天気によって、
簡単に
つけたり外すことが可能です

>>Amazonの口コミを確認する

 

レック ドライブ日よけカーテン(ワイド)

出典:http://urx.blue/BUaX

吸盤で貼り付けるタイプの
簡易カーテン式の
日よけです。

しっかりと日光をさえぎってくれる上に
紫外線カット率は99%!

赤ちゃんだけではなく、
お母さんにも喜ばれそうですね。

開閉が簡単にできるので、
まぶしい、暑いかな?
と感じた時に
すぐに日差しをよけることができます。

ただ少し吸盤の力が弱い。
という声も聞こえたので、
窓ガラスをキレイにしておく
必要があるかもしれませんね。

>>Amazonの口コミを確認する

 

ナポレックス ディズニー ベビーカー用日よけ

出典:http://urx.blue/BUb1

ベビーカー用と謳われていますが、
車内のチャイルドシートにも
オススメなクリップ式の日よけです。

車に乗っているときの日差しって
思わぬところから差し込んできたりしますよね。
もうちょっと右に動かすことができれば…

なんて時にも
クリップ式ならば
簡単に付け直すことができるので
便利に使うことができますよ。

かわいいディズニー柄なことも
赤ちゃんに喜ばれそうですね。

>>Amazonの口コミを確認する

 

まとめ

一事が万事
いちいち細かいことまで気になってしまう
チャイルドシートの日よけについて
見てきました。

まだしっかりと
意思の疎通をすることが難しい
赤ちゃんのこととなると、
ちょっとのことでも
気になってしまいますよね。

大人でも厳しい
暑い時期の車内環境。
少しでも快適に過ごすために、
日差しに関しても気をつけてみてくださいね。

快適なドライブを楽しむために
一つの参考にしてもらえれば
うれしいです。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『相場』を調べず車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはgooの買取相場査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の買取額が
スグにわかる。

・業者からの営業電話がないから、
相場だけ調べれる

・大手のgooが30万台のデータを算出してるから信頼できる

・『比較』のキッカケになるから
高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

gooのネット買取査定で相場を確認する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

3人の娘を子育て中の専業主婦で
あしのと申します♪

北海道の田舎に住んでいるので
生活するのに車は必需品!

買い物はもちろん、幼稚園のお迎えや
病院に行くときなど子育てにも、
車はかかせません。

でも、運転にはあまり自信がないのが
正直なところで…(笑)

そんな私ですが、
家族のために安全なカーライフを送るべく
車に関する知識や情報を主婦目線で
お伝えしていきたいと思います^^