1. TOP
  2. 車のフォグランプは必要?つけるとどんなメリットがあるの?

車のフォグランプは必要?つけるとどんなメリットがあるの?

コラム
  133 Views

深い霧の中車で走行するときに、
フォグランプがあると見通しが良くなるので
助かりますよね。

でも、このフォグランプは
ヘッドライトと異なり
点灯義務はありませんので、
ついている車とついていない車があります。

「車を走行するときには
フォグランプはあったほうがいいの?」

と疑問に思っていらっしゃる方のために、
ここでは

  • 車にフォグランプは必要なのか
  • フォグランプメリット&デメリット
  • フォグランプのLEDorHID
    どちらがおすすめなのか
  • フォグランプの色は決まっているのか

について解説させて頂きたいと思います。

「フォグランプの必要性や
メリット&デメリットについて
詳しく知りたい!」

という方は、ぜひ、フォグランプについての
豆知識がたくさん詰まった以下の記事を
読んでみてくださいね。

Sponsored Links

フォグランプって必要なの?

フォグランプというのは、
濃霧の時に使用すると
視界が良くなるランプなので、

取り付けていれば、
急な濃霧時に視界が良くなるため、
走行するときに大変助かります。

また、走行するときに
自分の視界が良くなるだけではなく、

相手に自分の車の存在を
気づかせることになるので、
濃霧時の事故を未然に防ぐことができます。

フォグランプはあれば大変便利なランプですが、
ヘッドライトのように点灯義務はありませんから

なくても絶対に走れないというわけでは
ありませんので、

濃霧時に走行することを考慮して
取り付けたいと考える方にとっては必要で、

ヘッドライトがあれば特に必要ないと
考える方にとっては絶対に必要なランプとは
ならないことになります。

フォグランプのメリット・デメリットとは?

フォグランプは濃霧時に走行するときに
自分の視界もよくなるうえに、

対向車にも自分の車の存在を
気づかせる効果があるランプですが、

これらのメリットだけではなく、
デメリットももちろんあります。

そんなフォグランプのメリットと
デメリットをお知りになりたい方のために、

以下にフォグランプのメリット&デメリット
詳しく解説させて頂きますね!

Sponsored Links

メリット

フォグランプをつけるメリットは、
上記でもすでにご紹介しましたが、

濃霧時に走行しているときに
相手に自分の車の存在を知らせることができて
事故を未然に防げるという点です。

さらに、フォグランプをつけると
濃霧時に前方の視界が良くなるという
メリットもあります。

デメリット

フォグランプは上記でご紹介したような
メリットのほかにもデメリットもあります。

霧で視界が悪いからと言って
フォグランプのライトを明るくしすぎると

対向車の視界を奪ってしまう
ことになります
ので、
フォグランプのライト選びは注意が必要です。

さらに、フォグランプはヘッドライトとは異なり
あくまでも補助灯なので、

視界が良くなるからと言って
濃霧でもないのにフォグランプを
むやみにつけると
道路交通法違反
なるというデメリットもあります。

Sponsored Links

フォグランプの使い方!

フォグランプは上記でもご紹介しましたように
霧が発生しているときに点灯するのが
一般的な使用方法です。

通常のヘッドライトでは
濃霧時は光が吸収されてしますので
遠くまで光が届かないのですが、

フォグランプの黄色い光は濃霧の中であっても
遠くまで光が届くので、

対向車に自分の車の存在を
知らせることができますし、
前方の見通しもよくなります。

ただし、霧のない時に使用すると
対向車がただ眩しくなるだけですし、

道路交通法違反にもなりますので、
フォグランプは必ず濃霧時に
使用してくださいね。

フォグランプがつかない!どうしたらいい?

フォグランプがつかない時は、
以下の部分にトラブルが発生している
可能性があります。

  • フォグランプの電球が切れている
  • ヒューズのトラブル
  • スイッチのトラブル
  • リレーのトラブル
  • カプラーのトラブル
  • 配線のトラブル

上記でご紹介しました問題点を見つけるのは
素人ではかなり難しいのですが、

とりあえず電球やヒューズが
切れているのであれば

電球やヒューズを交換すれば
フォグランプがつくようになります。

ただし、なぜ電球やヒューズが切れたのか
その原因を特定する必要がありますので、

自分で交換するなどしてフォグランプが
点灯するようになったとしても、

必ず、フォグランプが切れた原因を
突き止めるために、

ディーラーや自動車整備工場に
車の点検・修理を依頼しましょうね。

Sponsored Links

フォグランプの後付けは可能?

フォグランプはもちろん後付け可能です!

メーカーの純正品の場合は、
ディーラーでないと購入できないので、

ディーラーで注文して
ディーラーで取り付けてもらいましょう。

メーカーの純正品のフォグランプを取り寄せて、
オートバックスなどのカー用品店で
取り付けてもらう場合は
持ち込みになりますので工賃が高くなります。

純正品でないフォグランプもあるのですが、
純正位置に取り付けると
隙間ができてしまうので、

カバーに加工して取り付けるか、
バンパーのどこかに取り付けることになります。

フォグランプを自分で取り付ける方法

フォグランプの取り付けは
ディーラーやカー用品店、
自動車整備工場などに依頼すれば
有料で取り付けてもらえますが、

自分でも取り付けることも可能です。

車の車種によって取り付けの難易度は
異なりますが、

所用時間は慣れている方なら2時間程度、
慣れていらっしゃらない方は
1日はかかるとみておいた方が良いでしょう。

では、フォグランプの簡単な取り付け工程
ご紹介させて頂きますね。

①まず、バッテリーから引くケーブルと
リレーの取り付け位置を確認しましょう。

②次に配線を決めます。

③フォグランプの取り付け位置と
それに合ったステーを選びます。

④バンパー取り付けタイプのものは
走行中ぶれないように取り付けます。

⑤光軸はロービームと平行になるように
取り付ければ対向車が眩しくありません。

Sponsored Links

Youtubeにてフォグランプの取り付けの様子を
撮影している動画を見つけました。

フォグランプはどのように取り付けるのか
実際に見てみたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

ディーラーの取り付け費用はいくら?

ディーラーで純正のフォグランプを
購入する場合にかかる費用

ランプユニットとバルブで
1万4千円から3万2千円ほど
工賃は1万8千円ほどとなっています。

ランプユニットとバルブ&工賃を合計すると
だいたい3万2千円から5万円ほど
取り付けに費用がかかる計算になります。

フォグランプはLED・HIDどっちがおすすめ?

フォグランプにはLEDランプと
HIDランプがあります。

LEDランプは発光ダイオード、
HIDランプは
ディスチャージヘッドランプの事です。

HIDランプは電極間の放電によって
発光するタイプなので、
ライトが非常に明るいうえに、
寿命も長いのですが、

LEDランプはHIDランプと
比較すると消費電力が少なく、
光の量も強めです。

消費電力の少なさを重視するのであれば
LEDランプがおすすめですが、

LEDランプはHIDランプと比較すると
光が拡散しづらいので、

濃霧時の見通しの良さを重視するのであれば、
HIDランプがおすすめです。

Sponsored Links

フォグランプの色は決まっているの?

フォグランプの色道路運送車両の
保安基準によって

前方に取り付けるフォグランプの場合は
白色または淡黄色で統一するように
定められており、

後方のフォグランプは赤色で統一するように
定められています。

この保安基準に定められている以外の
色のフォグランプを取り付けると
車検に通りませんので注意が必要です。

青は違法って本当?車検に通るのは何色?

上記ですでにご紹介しましたように
道路運送車両の保安基準によって定められている
フォグランプの色は前方は白もしくは淡黄色、
後方は赤色なので、

青色は違法になるため前方に取り付けても
後方に取り付けても違法になります。

車検に通る色は前方は白色もしくは淡黄色、
後方は赤色です。

以下の記事では車のフォグランプが
車検に通る基準について
詳しく解説していますので、

興味のある方はぜひ
ご覧になってくださいね。

車のフォグランプが車検に通る基準!黄色だと不合格になるの?へ移動する

Sponsored Links

まとめ

フォグランプというのは、
濃霧の時に使用すると
視界が良くなるランプなので、

取り付けていれば、

  • 急な濃霧時に視界が良くなる
  • 濃霧時に対向車に自分の車の存在を
    気づかせることができる

というメリットがあります。

逆に、

  • フォグランプのライトを
    明るくしすぎると
    対向車の視界を奪ってしまう
  • 濃霧でもないのに
    フォグランプをむやみにつけると
    道路交通法違反になる

というデメリットもあります。

ただし、ヘッドライトは
法律で点灯することが
義務づけられていますが、

フォグランプは補助等なので設置や
点灯は義務付けられていませんので、

濃霧に走行する機会が多いなど
フォグランプの必要性を感じている方は、
取り付けたほうが良いですし、

それほどフォグランプの必要性を
感じていない方はつけなくても
問題ありません。

フォグランプは上記でご紹介しましたように
ディーラーやオートバックスなどの
カー用品店、自動車整備工場に
取り付けを依頼すれば
有料で取り付けてもらえますが、

ディーラーで取り付けてもらう場合
費用が部品&工賃を合計すると
だいたい3万2千円から5万円ほど
かかりますので、

より取り付け費用を節約したいのであれば、
ネットなどで格安部品を購入し
自分で取りつけることをおすすめします。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

夫と小学生の息子と暮らす主婦です。

OLとして会社勤めをしていた時の経験や
主婦としての家事や子育ての経験を活かし

皆様のお役に立てるような記事を
執筆すべく頑張ります!