1. TOP
  2. 3.カスタマイズ
  3. DIY
  4. 車にアナログ時計を埋め込み!簡単な方法と必要な道具を紹介

車にアナログ時計を埋め込み!簡単な方法と必要な道具を紹介

DIY
 

車に搭載されている時計というと
一般的にはデジタル時計ですよね。

でも、車をお持ちの方の中には、

「アナログ時計を埋め込みたい!」

という方もいらっしゃると思います。

でも、車にアナログ時計を自分で
埋め込むことって可能なのでしょうか?

気になりますよね!

そんな、車にアナログ時計を埋め込みたいと
思っていらっしゃる方のために、ここでは

  • 車にアナログ時計を
    埋め込むことは可能なのか
  • 車にアナログ時計を後付けする手順

について解説させて頂きたいと思います。

「車にアナログ時計を埋め込みたいので、
どんな道具を使用して
どのように埋め込むのか知りたい!」

という方は、ぜひ、車へのアナログ時計
埋め込みの参考になる
以下の記事を読んでみてくださいね。


車にアナログ時計の埋め込みは可能?

「車に搭載されているデジタル時計は
見えづらいので、
アナログ時計を埋め込みたい!」

という方は、結構多いと思います。

車のメカニックに詳しい専門業者であれば
アナログ時計をコンソールや
インパネアッパーボックスの上の部分などに
埋め込むことは可能ですが、
それ相応の費用がかかりますよね。

でも、実は、必要な道具や方法さえ
分かっていれば

自分でマイカーにアナログ時計を
埋め込むことは
できないことではないのです!

車にアナログ時計を後付けする
方法と必要な道具については
のちほど詳しくご紹介させて頂きますね。

車にアナログ時計を後付けする手順を紹介!

ひとくちに車にアナログ時計を
後付けすると言っても

まず、取り付けに必要な道具を
準備しなくてはいけませんし、
取り付ける時計も
チョイスしなくてはいけません。

そこで、以下にアナログ時計の後付け
必要な道具と材料や、
どんな時計を選んだらよいのか

さらに、アナログ時計を車に後付けする手順
ご紹介させて頂きますね。

アナログ時計の後付けに必要な道具と材料

では、インパネアッパーボックスに
アナログ時計を埋め込む場合
必要な道具と材料をご紹介させて
頂きますね。

①アナログ時計

②養生シート(周りを傷つけないため)

③ホールソー
(アナログ時計の直径に合わせてくりぬくため)

④ヤスリ(穴をあけた後をキレイにするため)

⑤厚づけパテ

⑥耐水ペーパー

⑦薄づけパテ

⑧プラサフ

⑨スプレー塗料

⑩ボンド

上記の道具を使って車の
インパネアッパーボックスに
アナログ時計を埋め込んでいきます。

どんな時計を選んだらいい?電波時計も可能?

やはり、車に埋め込む時計を選ぶときに
重要なのは、
埋め込みたい場所に設置できる大きさの
時計を選ぶことです。

インパネアッパーボックス上に
埋め込むのであれば

時間合わせや電池替えは埋め込み後も
ボックスを開ければ調整&交換できますので、

あまり厚みのないタイプの
アナログ時計(できれば車用)がおすすめです。
もちろん、電波時計でもOKです。

アナログ時計を後付けする手順

では、上記の道具を使用して
車のインパネアッパーボックスに
アナログ時計を後付けしていく手順
ご紹介していきますね。

①まず、インパネアッパーボックスが
傷つかないように養生シートを貼っていき、
シートを貼った上からアナログ時計を
埋め込む位置を決めます。

②ホールソーを使って
アナログ時計の直径にあわせて
インパネアッパーボックス上の
設定した位置に穴をあけます。

③穴をあけた後に時計をはめ込んでみます。

④インパネアッパーボックスにはめると
隙間ができますので、パテを活用して
隙間を隠すためのスペーサーリングを
作成します。

⑤時計をはめたまま厚づけパテを盛り
スペーサーリングを形成していきます。

⑥時計をスペーサーリングごとはずして
耐水ペーパーを使用して
スペーサーリングの形を成形していきます。

⑦耐水ペーパーで成形した後の
スペーサーリングの細かい傷や穴を
埋めるために薄づけパテを盛ります。

⑧再度耐水ペーパーで成形したら、
スペーサーリングを時計からゆっくりとはずし、
リング状面を平らに削ります。

⑨スペーサーリングの形ができたら、
プラサフを塗ったあと
仕上げに耐水ペーパーで平らにした後
車の内装にあった好みのカラーの塗料で
塗装します。

インパネアッパーボックスに
スペーサーリングをはめ込み、
スペーサーと時計をボンドで取り付けたら
完成です!

「上記の方法でアナログ時計を
車に埋め込むのは難しい!」

という方におすすめの車への
アナログ時計設置方法を
youtubeにて見つけました!

カップホルダーと
腕時計があれば誰でも簡単に
車にアナログ時計を
設置することができちゃいます!

その、方法を知りたい方は、
ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

車にアナログ時計を埋め込みたいのであれば、
車のメカニックの専門業者に依頼すれば
相応の費用を支払えば
きちんと埋め込んでもらえるのですが、

その工賃をできるだけ節約したいのであれば
上記でご紹介致しました道具を使用して

手順通り取り付ければ
自分でアナログ時計を車に埋め込むことが
可能です。

ただし、仕上がりはその人の腕次第なので、
よりきれいに取り付けたいのであれば

やはり、車のメカニックのプロに
お任せすることをおすすめします。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネットの車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

かんたん車査定ガイド

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

sho-to

sho-to

車大好き旦那をもつ平凡な主婦!

毎週休みは洗車をし、
暇があればカーショップに連れていかれる私~。

ただ、ドライブは大好き♡
旦那の愛車をきれいに保つためにも
車について勉強中!

主婦目線から今の車事情やお得な車の購入方法など、
さまざまなお得情報も交えながら情報提供できればと思います★

この人が書いた記事  記事一覧

  • 車で映画を鑑賞できる?ドライブインシアターって今もあるの?

  • 車にアナログ時計を埋め込み!簡単な方法と必要な道具を紹介

  • 中古トラックの保証!絶対外せない5つのポイントを紹介!

  • 車でヘルメットをして公道を走りたい!フルフェイスは違反?

関連記事

  • 車のグローブボックスに傷!補修の方法と傷防止対策を紹介

  • ドライブレコーダーの選び方!失敗しない3つのポイントとは?

  • 車のボンネットだけ黒いのは何故?カラーリングの理由とは?

  • 車のホイールを自分で塗装してみよう!値段はどのくらいかかる?