1. TOP
  2. スタッドレスタイヤ
  3. スタッドレスタイヤのおすすめは?厳選10選

スタッドレスタイヤのおすすめは?厳選10選

スタッドレスタイヤ
  15 Views

    スタッドレスタイヤに交換するとき
    何を基準に選びますか?

    値段は安い方がいいし、でもしっかりした
    性能じゃないと怖いし・・・など、
    様々な点から選んでいると思います。

    しかし、色々なメーカーからたくさんの
    タイヤが販売されていて、どれを選んで
    いいか悩んでしまいますよね。

    そこで今回は、
    「スタッドレスタイヤのおすすめ10選」
    ご紹介していきます!

    また、ボディタイプ別の選び方も教えます
    ので、自身の車に合わせたスタッドレス
    タイヤを選びましょう。

    Sponsored Links

    スタッドレスタイヤのおすすめ厳選10選!メーカーの評判&口コミ!

    現在スタッドレスタイヤは、国内メーカー
    のみならず、海外メーカーも多く販売されて
    います。

    それぞれ、価格や品質などの特徴が色々
    ありますのでその辺りもみてみましょう。

    それでは、スタッドレスタイヤのおすすめ
    メーカー10選を、ユーザーの評判や口コミ
    なども交えながらご紹介していきます。

    1.ブリジストン

    国内でトップのブランド力を誇るメーカーで
    す。
    「ブリザック」シリーズの安全性への
    信頼感がとても高く需要も高い為、
    高価格帯のタイヤとなっています。

    ブリジストンを履いているユーザーからの
    評価としては、

    他メーカーに比べ、価格は高いがそれなりの価値があると思います。

    5シーズン目のアイスガードから先日交換しました。早く変えときゃよかった。乗り心地向上、運転する気向上札幌の冬過ごすには必要ですね

    と、高くてもそれだけの価値があるようですね。

    ⇒ブリヂストンの公式サイトへ

    2.ヨコハマタイヤ

    ブリヂストンに次いで人気が高く、
    「iceGUARD(アイスガード)」シリーズで
    お馴染みのメーカーです。

    ブリヂストンに負けない高性能でありながら
    価格は少々安くなるのでお得です。

    そんなヨコハマタイヤの口コミです。

    10月に購入してからアイスバーンや大雪の中で毎日使用しています。信号手前で(速度40kmぐらい)で赤に変わり、アイスバーンでしたが、強めのブレーキを踏んでも一切滑りませんでした。正に怪物です。

    過去にヨコハマのスタッドレス履いて月1000km走行して経年劣化も含めて4シーズン持ちませんでしたよ。

    今までは、BSさんを取り付けてましたがヨコハマも興味があり購入決定。雪道も問題なく快適、更にドライ路面も快適でした。

    雪道もアイスバーンにも対応出来る
    強いタイヤという印象ですね。

    ⇒ヨコハマタイヤ公式サイトへ

    Sponsored Links

    3.トーヨータイヤ

    「鬼クルミの殻」をタイヤの中に内包する
    ことで、氷上をつかんでグリップ力を向上
    させるというトーヨータイヤ独自の技術が
    特徴的です。

    「ガリット」や「オブザーブ」シリーズが
    ありますが、新製品に関しては2014年が
    最後なので、他メーカーの新製品に比べると
    性能的に少々劣るかもしれません。

    ブリヂストン、ヨコハマなどに比べると多少性能は劣るかもしれませんが、なかなか良いタイヤです。豪雪地帯でもなく、たまに雪道を走行する方なら良いのではないでしょうか。
    シャーベットの走行性能はなかなかですが、アイスバーンはすべる。
    乾燥路でも静か。

    と、アイスバーンなどではなく普通の
    雪道走行なら特に問題はなさそうですね。

    ⇒トーヨータイヤの公式サイトへ

    4.ダンロップ

    「WINTER MAXX」シリーズは、国産の
    スタッドレスの価格帯としては真ん中ぐらい
    に位置します。

    最新型ではクラレが開発した
    「超密着ナノフィットゴム」により、
    氷上性能の高さとその性能を4年もの間
    持続させることができるようになりました。

    口コミ評価についてです。

    低価格のロングライフタイヤなので経済的です。
    雪道も問題なく走行可能、ただし、凍結路はややグリップが弱いので注意が必要である。

    摩耗だけ考慮すれば、少なくとも5シーズンは使えそう。

    と様々な意見がありますが、
    長く使用出来るタイヤのようですね。

    ⇒ダンロップの公式サイトへ

    5.ミシュラン

    外国のタイヤメーカーの中で一番ブランド力
    があるヨーロッパのメーカーです。

    ブリザック並みの性能と、高い評価
    ありますが、欧州系らしく乾燥路の走行能力
    に定評があります。

    ユーザーの評価としては、

    ライや高速の乗り心地や走行性能や耐摩耗性に優れています。だからと言って氷雪がBSに劣ってる感じがしません。

    乾いた路面で使っていると、毎年タイヤを履き替えなくてはいけないほど減る。

    都内の急の降雪と、積雪地域への週末のドライブに備えて装着しています。夏タイヤと何ら変わらず、雪道も完璧でした。

    と、乾いた路面だと減りやすいですが
    スタッドレスとしての性能は
    とても良い評価です。

    ⇒ミシュランの公式サイトへ

    6.ピレリ

    イタリアのタイヤメーカーで、日本向けに
    特別に開発され、スタッドレスタイヤは
    2015年に発売されました。

    乾燥路の高速走行性能は高いとの評価が
    ありますが、日本向けタイヤ製造は後発と
    いうこともあり、氷雪路での性能はそこまで
    高いとはいえないようです。

    しかしユーザーの評価は、

    長野県在住で、交換翌日に積雪しましたが全く不安なく走行できました。新雪状態、シャーベット状態、アイスバーンいずれに置いても国産スタッドレスと遜色ないように思います。

    何の問題もありません。

    と、ユーザーからは高い評価で
    国内ブランドとも遜色ないようです。

    ⇒ピレリの公式サイトへ

    Sponsored Links

    7.ナンカン

    台湾のメーカーで、最近日本を席巻する
    アジアンタイヤのなかでも知名度の高い
    メーカーです。

    台湾はほとんど雪が降らない地域なので
    冬タイヤとしてのブランド力は正直とても
    弱いですが、その分価格が割安で、国産の
    半額以下で買えてしまうこともあります。

    ユーザーの評価についてですが、

    青森市の雪道で2シーズン使いましたが問題なく使えました。国産との価格差を考えたら星の数全部5でも良かったのですがスタッドレスとしては4にしときます。

    3シーズン以上ブリジストンのスタッドレスを使い続けるくらいなら2シーズン毎にNANKANGのスタッドレスに履き替えたほうがいいかな。

    関東ならブリジストンのタイヤ使う必要ないですね。ナンカンで十分みたいですよ。

    と、懸念されているほど特に問題はなく
    使用出来ているので意外とお得かもしれません。

    ⇒ナンカンの公式サイトへ

     8.ハンコック

    韓国のメーカーで、世界では7位に入る
    トップメーカーです。
    日本向けに開発された製品で、国産のものと
    遜色なく価格も安いのでお得感があります。

    ユーザーの評価を見てみましょう。

    特に国産スタッドレスとの違いは感じません。安くあげたい方にはお勧めです。

    一年目は国産より制動距離が長いですが、それなりに使えました。問題なのは寿命だと思います。二年目以降になると性能がかなり落ちます。三年目以降になるとノーマルタイヤ並みに滑るのですぐに国産タイヤに交換しました。

    雪上、氷上でも昨年まで履いていたBSのREVO2と比較しても性能的に差を感じることはありません。縦横しっかり効きますし、ある意味他メーカーの国産より上ではないかと言っても過言じゃないでしょう。

    と、性能も悪くなく、
    安く買いたい人にオススメのタイヤです。

    ⇒ハンコックの公式サイトへ

    9.ネクセン

    韓国の大手タイヤメーカー、欧州車の
    メジャーメーカーの純正タイヤに採用される
    ほど評価が高いです。

    しかしスタッドレスに関しては、外国産
    らしく、乾燥路の性能は高いけど、
    雪上性能はそこそこ、氷上は若干不安がある
    という評価があります。

    雪道は問題なし国産の8-9割の性能で出ています。
    2年目以降は性能の落ちは急激な感じはする。自分の車はタイヤ氷の上では滑る物と割り切って使って其れなりに運転します。

    同じサイズの国産スタッドレスが15万円前後する意味がわからない・・・と、しか思いません。

    と、国産よりもネクセンの方がお得という
    ような高い評価を得ています。

    ⇒ネクセンの公式サイトへ

    10.ファルケン

    住友ゴムのタイヤのブランドの1つです。

    氷雪地帯だけでなくドライな路面も考慮
    されたタイヤづくりとなっていて、
    スタッドレスだけだと性能的には少々
    物足りないかもしれません。

    ユーザーの口コミを見てみると、

    氷上での効きの不足が、こうした安価なタイヤでは聞かれますが、一応は日本のタイヤメーカーが製品化しているモノなので「走れないほど酷い」訳ではありません。履き古したタイヤよりは確実に効きます♪

    乾燥路や圧雪、シャーベットなどはまあまあ値段なりかな?という感じでしたが、アイスバーンでのグリップ、特に表面水のある状態はまるでスケートでも滑ってるようで、とてもスタッドレスと言える代物じゃ無かったです。

    アイス性能としては圧雪状況の良い路面専用だと思います。ドライ、ウエットは剛性も良いようでしっかり走る方だと思います。

    と、良い評価と良くない評価が
    ありましたが、基本的な性能に問題は
    無いので、使う地域によって使用を判断した
    方が良さそうですね。

    ⇒ファルケンの公式サイトへ

    Sponsored Links

    スタッドレスタイヤのボディタイプ別の選び方とは?

    さて、スタッドレスタイヤには
    ボディタイプごとに選ぶべきポイントが
    あるのをご存知ですか?

    知らなかった人の為に、ボディタイプ別に
    まとめてみましたので是非参考にしてください。

    1.軽自動車の場合

    小回りが効きやすいのが利点ですが、小さい
    タイヤでは回転数が多くなり、その分摩耗の
    度合いが大きくなるという欠点があります。

    その為、軽自動車では摩耗に強い
    スタッドレスタイヤを選びましょう。

    2.ミニバンの場合

    重心が高いため、カーブなどでふらつき
    やすく、タイヤに負担がかかりがちです。

    そこで、ふらつきの抑制や、操縦安定性を
    高めたハイト系専用のスタッドレスタイヤ
    出しているメーカーもあるので、まずは
    そちらから見てみるのが良いと思います。

    3.SUVの場合

    オフロード走行も可能な重厚車なので、
    ふらつきによるタイヤの消耗や車重に
    負けない強さを持つスタッドレスタイヤが
    必要になります。

    ほとんどのタイヤメーカーはSUV専用の
    スタッドレスタイヤ販売していますので、
    気になる方はチェックしてみてください。

    4.軽トラの場合

    通常タイヤより軽トラ用タイヤの方が多くの
    荷物を積んでも柔らかくなりにくいのが
    特徴です。

    その為軽トラ用のスタッドレスがあるので
    そちらを履くべきですが性能は乗用車用
    タイヤの方が良いので、そちらを履いている
    人もいます。

    ただし、軽トラ専用タイヤでないと
    法令違反になり車検にほぼ通らないので、
    軽トラ用のスタッドレスを履くのが無難
    でしょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    スタッドレスタイヤには色々なメーカーや
    種類がありましたが、ここでおさらいすると、

    ・安全性能が高いのは国産のメーカー
    ・割安にするなら海外メーカー
    ・ボディタイプによって選ぶタイヤが違う

    という事になります。

    どういったことでスタッドレスタイヤに
    変えたいか、どこに重点を置くかというのを
    決めてしまえば買うメーカーは決まってくる
    と思います。

    是非お近くのお店で確認してみてください!

    ⇒スタットレスタイヤの寿命!年数はどれくらいなの?

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。







    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    名波 宏之

    フリーライターとして活動しています。
    過去に車種についてや比較、ランキングなど、車に関する記事を書き経験を積んできました。
    皆さんが知らなかった知識や、疑問に思っていることなど、わかりやすく伝えられるようにしていき、ドライブファクトリー見て良かった!そう思われるような記事を書いていきます!

      関連記事

      • スタッドレスタイヤ!軽自動車の相場はどれくらい?

      • スタッドレスタイヤは中古でも大丈夫?3つ選び方とは?

      • スタッドレスタイヤの寿命!年数はどれくらいなの?

      • スタッドレスタイヤはオートバックスがいい?評価を徹底調査!

      • スタッドレスタイヤの燃費を比較!普通タイヤよりも悪い?

      • スタッドレスタイヤの買い時!時期はいつがおすすめ?