1. TOP
  2. 駐車場
  3. 駐車場のスロープの勾配!段差を解消する3つの方法とは?

駐車場のスロープの勾配!段差を解消する3つの方法とは?

    駐車場の段差は駐車の際気になりますよね。

    実際、段差の大きさにもよりますが、
    車で勢いよく段差を乗り越えると、

    バンパーを擦ったり、
    タイヤにダメージを与えてしまいます。

    車を守るためにも、できるだけ
    段差は解消したほうがよいでしょう。

    今回は段差を解消する方法について
    説明していきたいと思います。

    Sponsored Links

    駐車場のスロープの勾配には基準がある?

    実は駐車場のスロープの勾配には
    法律に基づいた基準があります。

    駐車場法施行令第8条に
    駐車場の出口の勾配について
    記載があります。

    勾配は1/6以下とすることになっています。
    角度にすると約9.4度くらいです。

    しかしこれは最低基準となっているので、
    実際には勾配はもっと緩やかなほうがいい
    でしょう。

    駐車場のスロープの段差を解消する3つの方法をご紹介!

    駐車場の段差の解消方法は、
    簡易的なものから、本格的なものまで
    様々あります。
    今回は、三種類を紹介します。

    1.ホームセンターなどで段差を購入

    ホームセンターやネット通販で探せば、
    段差用スロープが売っています。
    様々な種類のものがありますが、
    どれもそこまで高くはありません。

    車一台分(幅2m)くらいであれば、
    種類にもよりますが、
    安ければ5000円程度で揃います。

    2.自作で勾配を作製する

    自作で勾配を作成することもできます。

    一番簡単なのは木でスロープを作ることです。

    木は加工しやすいので誰でもできますし、
    ホームセンターなどで加工用の機械
    レンタルができる店舗もあります。

    加工自体をしてもらえる店舗もあるので
    駐車場の段差の寸法を測って、
    ホームセンターに木を買いに行き、
    加工してもらうのも一つの手です。

    しかし、木にくぎを打ってスロープを作るのは
    お勧めしません。

    最悪の場合、車のタイヤに釘が刺さって
    パンクしてしまいます。

    他にも、コンクリートでスロープを作る
    こともできます。

    しかし、素人が行うと、
    車が数回通っただけで、強度が足らず
    割れてしまったりするので
    あまりお勧めしません。

    3.業者に工事を依頼する

    業者に依頼する場合、
    段差を埋める作業か歩道の切り下げ作業
    になるかと思います。

    段差を埋めるには、今ある段差を削ったり
    コンクリートで埋める作業が必要になります。

    工事の規模にもよりますが
    大体10万円~30万円の費用がかかります。

    歩道の切り下げ作業は、
    歩道から勾配をつけるので
    比較的緩やかな勾配になるので、
    ベストな方法ではあります。

    しかし、歩道を作り直すので
    市や県に申請する必要があります。

    そのため、確かな強度が必要になってきますので
    かなりの費用を要します。

    大体30万円~60万円の費用がかかります。

    Sponsored Links

    駐車場のスロープにはどんな素材がおすすめなの?

    駐車場のスロープは色々な種類のものが売っています。
    サイズも色々ありますが、
    素材も色々な種類のものがあります。

    今回は4種類紹介します。

    1.ゴム製のもの


    出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/xhome/

    ゴム製のスロープは、
    雨の日でも滑りにくいという利点があります。

    雨の日にスロープを下る際に
    滑ってしまうと、勢いがついて、
    バンパーを擦ってしまう場合もあります。

    ゴム製のものは、
    その危険性を減らしてくれます。

    価格:一台分(二個)約5000円~

    2.コンクリートのもの


    出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/exis/

    コンクリート製のものは、
    重量があるので置いているだけでも
    滅多なことことでは動きません。

    しかし、勢いよく出入庫を繰り返すと
    割れやすいという難点があります。

    価格:一台分(二個)約6000円~

    3.鉄板でできたもの


    出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/xhome/

    鉄板でできたものもあります。

    鉄板製のスロープを作ってくれる業者もあります。
    その車庫にあったスロープを製作してくれます。

    価格:一台分(二個)約20000円~

    4.滑り止めつきのもの


    出典:https://www.monotaro.com/brand/3616/

    滑り止め付きのものもあります。

    スロープを下る際に、タイヤが滑って、
    勢いがついてしまうと、
    バンパーが擦ってしまう場合があります。

    滑り止めがついているスロープの方が、
    より安全でしょう。

    価格:一台分(二個)約6000円~

    まとめ

    車を守るためには、段差は天敵です。

    安価にすましたい場合は
    スロープ設置がよいでしょう。

    本格的な段差解消を行うには
    費用は掛かりますが、
    業者に工事を依頼するしかありません。

    こちらの記事では、ミラーの設置について
    詳しくまとめています。

    ぜひ参考にしてくださいね。

    ⇒駐車場にミラーの設置!正しい選び方とは?をチェックする

    タイヤやバンパーを傷つけてしまうと、
    余計な出費がかさんでしまいます。

    駐車場や、車に適した段差解消方法を選び
    出入庫に気を使わないカーライフ
    しましょう。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。





    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    ドライブファクトリー編集部

    ドライブファクトリー編集部

    はじめまして。ドライブファクトリー編集部です。

    このサイトは、自動車に関する色んなお悩みや不安を解消して頂くためのキュレーションメディアです。

    メーカー別自動車の特徴や意外と知らなかった自動車の知識など、自動車に関する様々な情報をわかりやすく記事にしています。

    悩みや疑問を解決して、より楽しいドライブに出掛けませんか?

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 駐車場のスペースの寸法は?車種別にサイズをご紹介!

      • 駐車場の白線の幅の寸法は?どんな材料がおすすめなの?

      • 駐車場にチェーンスタンドを設置!おすすめTOP5をご紹介!

      • 駐車場のスロープの勾配!段差を解消する3つの方法とは?

      関連記事

      • 駐車場にバイクは止めてもいいの?実際のルールとは?

      • 駐車場にチェーンスタンドを設置!おすすめTOP5をご紹介!

      • 駐車場で当て逃げをしてしまったら捕まる確率はどれくらい?

      • 駐車場での事故!警察は呼ぶべき?単独や自損の場合はどうする?

      • 駐車場が砂利のデメリットは?石の飛散防止対策をご紹介!

      • 駐車場の白線の幅の寸法は?どんな材料がおすすめなの?