1. TOP
  2. 1.カーライフ
  3. 駐車場
  4. 駐車場の白線の幅の寸法は?どんな材料がおすすめなの?

駐車場の白線の幅の寸法は?どんな材料がおすすめなの?

『駐車場を区切りたいな』
と思った時・・

・どのくらいの寸法で区切ればいいのか
・白線は何を使って引けばいいのか
・どのように引けばいいのか

悩みませんか?

あんまり、駐車場を作る経験をされる方は
少ないかと思います。

しかし、駐車場の寸法
一般的に決まっています。

白線を引く方法も、
簡単な施工方法がいくつかあります。

今回は
駐車場の区切り方、寸法、施工方法
其れにかかる費用などについて
お伝えしていきたいと思います。


駐車場の白線の幅の寸法ってどれくらいなの?

白線の幅は大体5cm~10cmが一般的です。

駐車場用のテープは
大体5cmか10cmのものがほとんどです。

参考までに・・

道路のセンターラインの幅は15cmです。
意外にまじかで見ると太いです。

駐車場を区切るためのラインは
そこまで幅は必要ではありません。
5cmもあれば十分です。

駐車場の白線を引くときのサイズはどうやって決めればいい?

一般的な駐車枠のサイズ
幅 2.5m × 長さ 5.0m 車路幅3.5m~
とされています。

基本的にはこのサイズでよいでしょう。

乗用車で幅2m、長さ5mを超える車
数少ないです。

車路とは、車が通行したり
駐車するために使うスペース
ことを言います。

車路幅とはその幅のことを言います。

駐車場枠が向かい合わせになっている場合は
車路幅は5m以上が適切とされています。

軽自動車専用の駐車枠は
幅 2.28m × 長さ 3.6m
程度とされています。


駐車場に白線を引くにはどんな種類の材料がある?

1.スプレー

道路の白線引き用のスプレーが売っています。

使い方1:まず道路のゴミや砂利を取り除きます。

2:駐車枠のサイズを測って、チョーク等で下書きします。

3:塗装する面、幅5cm~10cmくらいを残して
マスキングテープ等で養生します。

4:塗装していきます。一回で塗りきろうとすると、
色の濃淡にムラができやすいので。
数回に分けて行うほうが良いでしょう。

5:塗装が乾ききる前にマスキングテープを
剥がしましょう。

ライン引きスプレーライナー
という商品もあります。

ローラーで直線に線を引きやすくなります。

道路線引き用の塗料も売っています。

100円均一でペンキ用のローラー
売っていますので、それで塗りましょう。

手順はスプレーで行った際と一緒です。

2.白線テープ

道路専用のテープもあります。

テープは大きく分けて二種類あります。

一つは、貼り付けるだけのタイプ
もう一つは、貼り付けて
バーナーであぶって固着させるタイプです。

貼り付けるタイプのものは
一時的な使用の場合は役立ちます。

剥がしてもあとが残らないし、施工が簡単です。

しかし長期で使うとなると、
はがれやすいのでお勧めしません。

貼り付けてバーナーであぶるタイプは
スプレーやペンキと同様の耐用年数を誇ります。

マスキングの手間が省ける分施工は簡単ですが
バーナーは高温になるので施工の際は
注意して行ってください。

3.ロープ

駐車場の枠をロープで区切ることもできます。
地面が砂利の場合
スプレーやペンキで塗装できません。

その場合ロープで区切るのが有効です。

施工方法1:ロープに一定間隔で釘を捲り付ける
2:地面に釘を刺して固定する

ロープをしっかりと張っておかないと
人が通る際に引っかかって釘が抜けたりします。

しっかりとロープを張るように釘で固定
しておくようにしましょう。

駐車場の白線を自分でするならどれがおすすめ?

自分で施工するなら
地面がアスファルトであれば、
スプレーまたはペンキで施工するのが
良いでしょう

テープも一時的な使用であれば
剥がした際に、後も残りりにくく
よいのですが、耐久性は
スプレーやペンキよりも劣ります。

地面が砂利であれば、ロープ
一番でしょう。

駐車場の白線を業者に頼むと費用はどれくらいかかる?

業者に依頼すると、溶融型の粉体塗料を
高温のバーナーで溶かして固着させる方法
白線を引きます。

スプレーやペンキよりも耐久性は
格段に高い
です。

費用は、線の本数にもよりますが
大体50,000円~という業者が多いです。

本数が多くなるにつれて、
一本当たりの費用は逓減します。

実際に業者に依頼するとなると
色々な業者に見積もり依頼をして
自分で比較するのは大変ですよね?

業者選びに失敗すると、
希望価格で仕上がらず、さらに
気に入らない仕上がり・・

なんていう事も。

そんな事にならない為にも
優良業者に依頼したいところです。

【リショップナビ】というサイトでは
30秒の見積もり入力をするだけで
専門のコンシェルジュ
優良業者の中から紹介してくれます。

そんなリショップナビの特徴は・・

  • 自分の希望予算やデザインの詳細も相談できる
  • 紹介された業者を比較、検討して最安値の業者を見つけられる
  • 工事中のミスによる損害や、引き渡し後1年以内の損害補償付き

となっています。

一般的な比較サイトと違い
しっかりと希望を聞いてもらえるところや
的確なアドバイスがもらえるという事が
実際の利用者の声に多いのも特徴です。

工事中の損害や、引き渡し後1年の
保証が付いている事も安心できますね。

リショップナビ公式サイトで詳細をチェックする

全国のリフォーム業者の口コミや
リフォーム事例、成功のポイントなど
見る事が出来ます。

時間が無い人や、業者比較が面倒
という人におススメしたいサイトです。

ぜひチェックして、業者選びで失敗し
後悔しないようにしてくださいね。

駐車場の白線の耐用年数はどれくらいなの?

白線の耐用年数は、地面の状況や
使用環境によって変わります。

しかし、業者に依頼した場合
普通の道路にひかれている白線
同等のクオリティのものが出来上がります。

スプレーやペンキで自分で施工するよりも
5倍から10倍耐用年数が高い場合も
あるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では・・
・白線を引く前に車路幅を
しっかりと把握する事
・白線を引く材料はスプレーや
テープ・ロープがある
・駐車場の地面の種類によって
材料を選ぶと耐久性が変わってくる
・業者に白線を頼むと5,0000円~
かかってくる

という内容をご紹介しました。

自宅の駐車場の白線を引く前に
幅をしっかりと計るようにしましょう。

また、地面の種類に適した材料
耐久性についても考慮すると良いですよ。

こちらの記事では、駐車場の寸法
車両別にご紹介しています。

駐車場のスペースの寸法は?車種別にサイズをご紹介!をチェックする

併せてチェックしてみてくださいね。
参考になれば幸いです。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネットの車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

かんたん車査定ガイド

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】


\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



ライター紹介 ライター一覧

ドライブファクトリー編集部

ドライブファクトリー編集部

はじめまして。ドライブファクトリー編集部です。

このサイトは、自動車に関する色んなお悩みや不安を解消して頂くためのキュレーションメディアです。

メーカー別自動車の特徴や意外と知らなかった自動車の知識など、自動車に関する様々な情報をわかりやすく記事にしています。

悩みや疑問を解決して、より楽しいドライブに出掛けませんか?

この人が書いた記事  記事一覧

  • 駐車場のスペースの寸法は?車種別にサイズをご紹介!

  • 駐車場の白線の幅の寸法は?どんな材料がおすすめなの?

  • 駐車場にチェーンスタンドを設置!おすすめTOP5をご紹介!

  • 駐車場のスロープの勾配!段差を解消する3つの方法とは?

関連記事

  • 駐車場でのトラブル!警察はどこまで関与してくれるの?

  • 駐車場の固定資産税の計算の方法!安くする方法はある?

  • 駐車場投資は失敗しやすいって本当なの?リスクや利回りは?

  • 駐車場のコンクリートデザイン!おしゃれな施工例10選!

  • 駐車場の屋根のDIYは自分でもできる?簡単にできる方法とは?

  • 駐車場にバイクは止めてもいいの?実際のルールとは?