1. TOP
  2. 駐車場
  3. 駐車場のスペースの寸法は?車種別にサイズをご紹介!

駐車場のスペースの寸法は?車種別にサイズをご紹介!

    家を建てるときや空きスペースの有効利用のため
    駐車場を作ろうとする人は多いですよね。

    特に住宅街などでは一階を駐車場にしたり、
    狭い庭に車を置くスペースを考えたり、
    みなさんとても工夫されています。

    そこで問題になってくるのが、
    どのくらいのスペースがあったらいいのか?
    見た目では駐車できそうだとしても、
    駐車場における基準などがあったら、、、
    もしかするとできないかもしれませんよね。

    今回は、限られたスペースの中で、
    駐車場を作るための寸法をご紹介します。

    • どうやって寸法を決めるべきか
    • 駐車場スペースの基準はあるのか
    • スペースの上手の取り方とは

    1台だけでなく2台分の駐車場スペースや、
    縦列駐車の場合の必要なスペースなど、
    詳しい内容をご説明しましょう。

    また、車種別に駐車場の寸法も調べたので、
    ぜひ参考にしてみてください。

    Sponsored Links


    駐車場のスペースの寸法はどうやって決めればいいの?

    基本的には駐車場のスペースの寸法は、
    車の排気量によって異なってきます。

    ショッピングモールや施設などの駐車場では、
    『軽』とスペース内に書かれているのを
    見かけたことはないでしょうか。

    もちろん、そこへ大型車を停めることは、
    当然狭いのでそんなことはしませんよね。

    このように、車の排気量の大きさによって、
    駐車場のスペースが異なることが分かります。

    駐車場スペースの基準はある?

    駐車場スペースは法律では定めていませんが、
    国土交通省による基準が存在します。

    スペースは広すぎても狭すぎても不適合なので
    駐車場を作る際は定められている基準を
    知っておく必要があるのです。

    特に駐車場経営を目的としている場合は、
    スペースが広過ぎると収益に関わってきたり、
    狭すぎると使いにくさでお客様が激減したり、
    駐車場の寸法はとても重要になってきます。

    駐車場スペースのサイズを車種別にご紹介!

    車の排気量や大きさによる基準をもとに、
    駐車場のスペースのサイズをご紹介しましょう。

    意外にも駐車場のスペースを設計すると、
    かなりのスペースを要することが分かります。

    これらのサイズは目安のサイズになるので、
    もっとゆとりを取ることができるなら、
    可能な限りスペースを取りましょう。

    最適な駐車場スペースの計算方法

    ◆理想なスペースの奥行:車の全長+0.8m
    (最小のスペース:車の全長+0.2m)
    ◆最適なスペースの幅:車の車幅+1.2m
    (最小のスペース:車の車幅+0.5m)

    Sponsored Links

    1.軽自動車

    駐車場のスペースで軽自動車の必要サイズは、
    以下の通りになります。

    全長3.6m
    全幅2.0m
    主な車種ムーヴ、ワゴンR、ミラなど

    狭いスペースにも適応しやすいのが、
    軽自動車用の駐車場です。

    ドアの開閉に不便を感じるようでしたら、
    プラス50cmくらいの余裕を入れてみましょう。

    2.乗用車

    駐車場のスペースで乗用車の必要サイズは、
    以下の通りになります。

    全長6.0m
    全幅2.5m
    主な車種カローラ、プリウス、スカイラインなど

    乗用車の駐車場サイズになると、
    最低限の広いスペースが必要になります。

    車止めブロックを取り付ける予定があったり、
    ドアの開閉がしにくいようでしたら、
    少々スペースを広くしたほうがいいでしょう。

    3.ミニバン

    駐車場のスペースでミニバンの必要サイズは、
    以下の通りになります。

    全長6.0m
    全幅2.5m
    主な車種セレナ、ステップワゴン、デリカなど

    乗用車と同じサイズですが、
    車種によっては微妙に大きさが変わるので、
    お持ちの車のサイズを確認しておくと、
    失敗することはないでしょう。

    駐車場のスペース!2台停めるならどれくらい必要?

    2台分の駐車場のスペースを作る場合、
    下図のように乗用車と軽自動車の車種により、
    必要スペースが異なることが分かります。

    基本的には2台分の駐車場には、
    最低限必要なスペースは5.5m×5.5mです。

    例として、最低寸法を表すと、
    全長は1台分のスペースと変わりませんが、
    全幅は2倍のスペースが必要になるので、

    • 乗用車2台分の全幅:5.5m
    • 乗用車と軽自動車:5.2m

    最低限の寸法なのでスペースが取れるなら、
    余裕を持って作るといいでしょう。


    出典 http://sumai-sekkei.com/

    理想的な2台分の駐車場とは

    全長:全幅=6m:6mあれば理想的な駐車場と言えます。

    Sponsored Links

    駐車場で縦列駐車するスペースはどれくらいの広さが必要?

    基本的な縦列駐車で必要なスペースは、
    バック駐車であれば全長の約1.5倍です。

    前向きで縦列駐車するのであれば、
    全長の約3倍は必要になってくるので、
    限られたスペースの中では無理でしょう。

    スペースによっては縦列駐車の方が効率よく、
    無駄のない駐車場が作れます。


    出典 http://sumai-sekkei.com/

    理想的な縦列駐車のスペースとは

    どんな車種でも車の全長と全幅さえ分かれば、
    車の全長の1.5倍以上を目安に考えておきましょう。

     

    駐車場のスペースの上手な取り方はある?

    上手な駐車場スペースの取り方としては、
    限られたスペースを利用することは、
    とても難しく頭を抱えてしまいそうですよね。

    でも、単純に考えてみれば、
    自分の車の大きさに合ったスペースがあるのか
    まずは確認することです。

    車種別に必要スペースは前項で記しているので
    ぜひ参考にしてみてください。

    駐車場を作るスペースの確保ができたら、
    ドアの開閉に問題ないかを確かめることです。

    スライド式のドアだと問題はありませんが、
    運転席や助手席は十分に確認しましょう。

    もしも壁にぶつかりそうだったり、
    スムーズに車に乗り込めない状態だったら、
    可能な限り全幅を広げるといいですよ。

    そのほかの注意点について

    ①最小限の全幅は2.2mを目安にする。
    ②車いすなど介助用の車は全幅を広めに取ること。

     

    まとめ

    駐車場スペース取り方を説明しましたが、
    お悩みは解消されたでしょうか?

    限られたスペースを有効利用することは、
    とても難しいことと思いがちですが、
    車に対して必要なスペースを間違えなければ、
    駐車場を作ることができます。

    駐車場を作る前にするべきことは、

    • 駐車場スペースの基準を知っておくこと
    • 自分の車の寸法を把握しておくこと
    • 上手な駐車場スペースの取り方を知っておく

    これだけの知識を知っておくだけで、
    満足のいく駐車場になることを願います。

    駐車場のスペースを作ることとができたら、
    駐車場の出入りについてみていきましょう。

    もしも死角があったらとても危険なので、
    便利なミラーの取り付けはいかがでしょう。

    駐車場にミラーの設置!正しい選び方とは?

    この記事を参考により良い快適な駐車場に
    仕上げていきましょう。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。





    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    やまがた 優美

    やまがた 優美

    はじめまして♡2児の母をしています。

    小さい子供がいるので、ファミリーパパママ向けの自動車関連ブログ記事が多くなります。できるだけ自動車大好きな人の役に立つことを書きたいと思います。ちなみに、最近子供たちの送り迎え用に新車を購入したところ♪

    そんなリアルタイムな情報も踏まえて色々と記事書いていきたいと
    思っています★
    楽しいドライブ生活を楽しみましょう(^^)

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 駐車場の契約!書類はどんなものが必要なの?

      • 新車流通革命の口コミ!評判は実際どうなの?

      • 駐車場の解約でトラブル!スムーズな手続の方法は?

      • 駐車場の時間貸しは個人でもできる?メリット&デメリットとは?

      関連記事

      • 駐車場での事故!警察は呼ぶべき?単独や自損の場合はどうする?

      • 駐車場のライン引き!おすすめスプレー厳選5選をご紹介!

      • 駐車場の契約!書類はどんなものが必要なの?

      • 駐車場投資は失敗しやすいって本当なの?リスクや利回りは?

      • 駐車場にミラーの設置!正しい選び方とは?

      • 駐車場の無断駐車は通報するべき?個人でできる対策方法はある?