1. TOP
  2. 車のオーバーヒートのランプが点灯!応急処置の対処法とは?

車のオーバーヒートのランプが点灯!応急処置の対処法とは?

 2016/11/17 故障トラブル
  7,494 Views

    車を運転していたら突然

    「オーバーヒートランプが点灯した!」

    こんな時、どのように対処するべきか
    あなたはわかりますか?

    多くの人は慌ててパニックになって
    しまうのではないでしょうか?
    車を運転する以上はどんなトラブルにも
    冷静に対応できるようにしておかなければ
    いけません。

    そこで今回は
    車のオーバーヒートランプが点灯した時の
    対処法を紹介していきたいと思います。

    • オーバーヒートした時の応急処置
    • オーバーヒートする前兆って?

    一つでも気になるあなたは
    すぐに続きをご覧くださいね!

    Sponsored Links

    車のオーバーヒート!ランプが点灯したらどうしたらいい?

    e0ac492d3662dbc17eec70d73bbbe03c_s

    車のオーバーヒートランプが点滅した場合は
    そのまま走行を続けているとエンジンンが
    ダメになってしまいエンジンの乗せ換え
    必要になってしまうこともあり

    最悪、
    廃車になってしまう可能性もあります。

    オーバーヒートランプが点灯した時は
    無理に運転を続けずに、
    車を安全な所に停車させ、エンジンを
    止めましょう。

    そして、これから紹介する応急処置
    試してみてくださいね。

    車のオーバーヒートした!応急処置はどうしたらいい?

    4f8f7955956ff23d37b254c72a57ae7a_s

    それでは車がオーバーヒートした時の
    応急処置方法をチェックしていきましょう。

    最初にラジエーターの冷却水の量
    チェックしましょう。

    リザーバータンクの「C」のマークより
    少ないようであれば液漏れしていることも
    考えられます。
    一時的な応急処置として水道水や
    ミネラルウォーターを代わりに使うことも
    できます。

    • 冷却水の水量が「H」のマークよりも多い
    • 噴きこぼれた跡がある。
    • 冷却水が濁っている

    このような場合は
    ガスケットが破損している可能性もあるので
    JAFや保険会社に連絡して
    対処してもらうほうがいいでしょう。

    ≪豆知識≫車のオーバーヒート!夏と冬どっちになりやすい?

    車のオーバーヒートといえば

    「夏になりやすい」

    というイメージがありますが、冬でも
    オーバーヒートになることはあります。

    夏は、車のラジエーターに熱が溜まって
    オーバーヒートを起こしますが

    冬は冷却水が凍結したことによる循環不良や
    雪がラジエーターの入り口を
    ふさいでしまうことによって
    オーバーヒートになります。

    どちらのケースも冷却水の管理をきちんと
    行うことが重要になります。

    Sponsored Links

    車のオーバーヒート!前兆からわかる原因はこれ!

    d83cd5644a09324ac44d411ce80e69e0_s

    続いて、車のオーバーヒートの
    前兆からわかる原因について
    おはなししたいと思います。

    ≪前兆例1≫煙がでる

    車のボンネットから煙が出るような場合は
    エンジンオイルが漏れていたり、
    冷却水が少なくなっているために
    オーバーヒートを起こしている可能性があります。

    ≪前兆例2≫異音がする

    アクセルを踏んだ時にノッキング音がしたり
    キイキイという異音がしてきたり
    エンジン内部の異音が聞こえるようになると
    オーバーヒートの前兆である可能性が
    あります。

    ≪前兆例3≫エンジンが止まる

    これは前兆というよりはオーバーヒートして
    最終的な症状になってしまいますが
    オーバーヒートすると、
    最終的にはエンジンが止まってしまうので
    アクセルを踏んでも動かなくなって
    しまいまいます。

    オーバーヒートの修理代っていくらぐらいかかるの?

    d6a01f879ee1fb6498a91e578c241965_s

    車がオーバーヒートしてしまったら
    どのくらいの修理代がかかるのか
    気になりますよね?

    冷却液やエンジンオイルの
    液漏れだけであれば、
    修理費用が高額になることはありません。

    ただ、エンジンがダメになってしまい
    交換する必要がある場合は
    数十万円の修理代がかかってしまいます。

    すぐに車を停車して応急処置、または
    修理を依頼することが修理代を
    抑えることにもつながるわけです。

    車のオーバーヒートにならない対処法はコレ!

    e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_s

    さいごに、
    車がオーバーヒートにならないための
    対処法をチェックしていきましょう。

    ≪対処法1≫冷却水をチェック!

    冷却水の量や液漏れがないかの
    確認をしましょう。

    冷却水の量が少なくなっていれば
    補充します。

    冷却水の減り方が早い場合は
    液漏れの可能性もあるので
    車の下回りもチェックしましょう。

    ≪対処法2≫水温計をチェック!

    水温計が「H」に近づいたり逆に
    「C」になっている場合は危険な状態です。

    水温系がどちらかに偏っている場合
    すぐに
    整備工場で点検をしてもらいましょう。

    ≪対処法3≫エンジンオイルをチェック!

    エンジンオイルの確認も忘れずに
    減っていたら補充します。

    まとめ

    1087b88549cb312f9b04c5a74b9f73ad_s

    いかがでしたか?

    車のオーバーヒートは
    エンジンオイルや冷却水の管理で
    防ぐことができる場合もあるので

    日ごろのメンテナンスをしっかり行うことが
    重要ですね。

    もしもオーバーヒートしてしまった場合は
    紹介した対処法を参考にしてくださいね。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ
    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車売却は業者間で『比較』することで、
    平均17万円も査定額がUPするという
    調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・自分で見積もりを取るのが面倒
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・相場がわからないからダマされそう
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには
    ズバット車査定がオススメです。

    ズバット車査定なら、

    ・愛車の査定額がスグにわかる。
    ・相場がわからない女性や年配の方にも親切
    ・『比較』するから買取額UPが期待できる
    ・高価買取してくれるから車の購入資金に回せる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。




    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    rasari

    rasari

    車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!
    学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。

    生まれてからずーっと車だらけの生活で、
    車に囲まれた環境で育った人間として、
    できるだけわかりやすく普段の車の知識から
    専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!

    楽しみにしていてくださいね☆