1. TOP
  2. 2.メンテナンス
  3. 故障トラブル
  4. 車の冷却水は水道水でもOK?警告灯が点くほど減る原因は漏れ?

車の冷却水は水道水でもOK?警告灯が点くほど減る原因は漏れ?

 2016/12/14 故障トラブル
  24,853 Views

    車のエンジンは高温・高圧で駆動する関係上
    常に加熱された状態になるので、

    強度上の問題や可動部分の潤滑油を
    一定の温度に保つために
    エンジンを冷やす必要があります。

    エンジンを冷やすために
    循環させる液体が冷却水なのですが、

    「水というくらいだから
    水道水でも代用できるの?」

    と疑問に思われる方も
    中にはいらっしゃると思います。

    そんな方のために、ここでは

    • 車の冷却水水道水でもOKなのか
    • そもそも冷却水の果たす役割とは
    • 警告灯が付くほど
      冷却水が減る原因は漏れ

    について解説させて頂きたいと思います!

    車の冷却水の果たす役割や、
    冷却水は水道水やミネラルウォーターでも
    代用可能かどうかについて
    知っておきたい!という方は、

    ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

    Sponsored Links

     

    車の冷却水は水道水でもOK?

    bath-1262407_1280

    そもそも車のエンジンの
    冷却のために使われる冷却水は、

    エンジンが燃焼することによって
    発生した熱を冷やす役割とともに

    冬場であっても凍らないようにしたり、
    冷却系などの水路を
    錆びさせないようにしたりする
    防さび性能も持っています。

    ですから、冷却水として水道水を使用すると
    冬は凍ってしまいますし、

    夏はオーバーヒートしやすくなるので、

    応急処置として使用する場合以外は、
    専用の冷却水を入れなくてはいけません。

    専用の冷却水は、
    ディーラーでも購入できますが、

    イエローハットやオートバックスなどの
    カー用品店などでも
    最初から希釈してあるものが販売されています。

     

    そもそも車の冷却水ってどんな役割があるの?

    idea-1296140_1280

    上記でもすでにご紹介しましたように、
    車のエンジンは高温・高圧で駆動する関係上
    常に加熱された状態になるので、

    強度上の問題や可動部分の潤滑油を
    一定の温度に保つために
    エンジンを冷やす必要があり、

    そのエンジンを冷やす役割を果たすのが
    冷却水です。

    冷却水は、ウォーターポンプによって、
    エンジンの各部からラジエーター、
    さらにウォーターポンプインレットまで
    圧送・循環され、

    エンジンの温度を適正な状態に保つのです。

    Sponsored Links

    冷却水の成分は?

     

    冷却水は、エンジンの内部を循環して
    エンジンの熱を奪い、
    ラジエーターで発散すればよいので、

    一番適している液体は比重が高く、
    安価で放熱性が良い水なのですが、

    上記でもすでにご紹介しましたように
    ただの水ではエンジン内部が
    錆びてしまう原因となったり
    冬場に凍結するなどの弊害が生じます。

    そこで、一般にロングライフクーラント(LLC)
    と呼ばれる製品が作られています。

    この冷却水として使用される
    ロングライフクーラントは、

    エチレングリコールを主成分としており、

    それプラスさび止め剤や
    凍結防止成分が配合されています。

    冷却自体の性能は、水には劣るのですが、
    さび止めや凍結防止の観点からすると
    これに代わる製品はないようです。

     

    ミネラルウォーターでも大丈夫?

    冷却水は、上記でもすでに
    ご紹介しましたように

    エンジンの内部を循環して
    エンジンの熱を奪い、
    ラジエーターで発散すればよいので、

    一番適している液体は比重が高く、
    安価で放熱性が良い水なのですが、

    水道水同様、
    ミネラルウォーターも100%の水なので

    エンジン内部が錆びてしまう原因となったり
    冬場に凍結するなどの弊害が生じるため、

    冷却水としてミネラルウォーターを使用すると、
    冬は凍ってしまいますし、

    夏はオーバーヒートしやすくなるので、

    応急処置として使用する場合以外は、
    専用の冷却水を補充するようにしましょう!

     

    意外と多い?!冷却水のトラブルをご紹介!

    ff4c36112fcc17ef1991a4432ee5a206_m

    ウォーターポンプによって循環され、
    エンジンを適正な温度に保つ役割を果たす
    冷却水ですが、

    この冷却水関連のトラブルは
    意外と多いのです!

    そこで、以下に「冷却水の凍結」
    「冷却水の蒸発」「冷却水の不足」などの

    冷却水関連のトラブルを
    ご紹介させて頂きたいと思います!

    Sponsored Links

    冷却水の凍結!

    クーラントと呼ばれる冷却水は、

    冬場は凍結する危険性があるため、
    お住まいの地域に適した
    濃度設定を行わなくてはいけません。

    ただし、冷却効果が低いといっても、

    クーラントを原液のまま使用すると
    オーバーヒートの原因となります。

    水のほうが、冷却効果が高いので、
    お住まいの地域の気候に合わせて

    クーラントと水を混ぜることによって
    凍結&オーバーヒートしないように
    冷却水を適切な濃度に
    調整する必要があるのです。

     

    車の冷却水の蒸発!

    車の冷却水は、密閉されていれば、
    いつまでもその量は変わらないのですが、

    定期的に補充を必要とするほど減る場合は、

    どこかに微量の漏れや
    リザーブタンクのキャップシールの劣化や、
    締め付け不良が原因で

    蒸発し冷却水が失われている
    可能性があります。

    水温が上がりすぎてキャップの安全弁が開くと
    冷却水は水蒸気として蒸発し、
    失われる場合がありますが、
    これは特別な状態です。

    冷却水が減少すると
    エンジンを適正な温度に保つことが難しくなり、
    エンジントラブルの原因となりますので、

    早めにディーラーや整備工場に
    点検・修理を依頼しましょう!

     

    車の冷却水の不足!

    上記でもすでにご紹介しましたように、

    冷却水は密閉されていれば
    その量は変わらないのですが、

    どこかに微量の漏れや
    リザーブタンクのキャップシールの劣化、
    締め付け不良が原因で

    蒸発し冷却水が失われ、
    冷却水が不足してくる場合もあります。

    冷却水が不足すると、
    エンジンを適正な温度に保つことが
    難しくなるため、

    エンジントラブルが生じる可能性が
    出てくるので、

    早めにディーラーや整備工場に
    点検・修理を依頼しましょうね。

     

    ≪豆知識≫車の冷却水の適正温度と量は?

    車の冷却水の適正温度は、
    70℃~96℃ぐらいです。

    純正の水温計はこの範囲であれば、
    ほとんど動かないように作られています。

    冷却水の適量は、
    クーラントや冷却水と表示されている
    リザーバータンクの側面に書かれている

    上下のラインの間に液面があれば、
    量的に問題はありません。

    もし下のライン以下だった場合は、
    冷却水を補充しなくてはいけません。

     

    量も温度も適正なのに・・・警告灯が点くのは漏れ原因?

    90c7caaa4b27c9ec31aa54843e15d10e_m

    冷却水警告灯が点灯するのは、
    ラジエーター内の冷却水が
    減少していることをさしています。

    ただし、上記でもご紹介しましたように
    きちんと密閉されていれば、
    冷却水の量は変わりませんので、

    温度も量も適正なのに警告灯が点くということは、
    どこからか冷却水が
    漏れている可能性があります。

    ラジエーターやヒーターホース、
    ウォーターポンプなど
    冷却水が漏れる箇所はたくさんありますので、

    量も温度も適正でも、警告灯が点灯していたら、

    早めにディーラーや整備工場に
    点検・修理を依頼しましょう。

    Sponsored Links

    漏れ止めをしたいけど・・・どうすればいい?

    冷却水の漏れが見つかった場合、
    にじみならば
    市販の漏れ止め剤を使用すれば、
    応急処置をすることができますが、

    一時しのぎなので、そのまま放っておくと
    エンジントラブルが起こり、

    その修理代にかなり費用が
    かかってしまうことになるので、

    漏れが見つかったらできるだけ早めに

    ディーラーや整備工場に
    点検・修理を依頼することをおすすめします。

     

    ≪番外編≫冷却水から煙?!これってどういう状態?!

    走行中にボンネットから白い煙が出る原因
    冷却水が減って
    オーバーヒートしている可能性があります。

    ボンネットを開けてみて、
    リザーブタンクが空だった場合は、
    オーバーヒートを起こしていますので、

    この場合は、
    専用の冷却水をタンクの横のラインまで
    補充しましょう。

    外出先で専用の冷却水が周りになく、
    カー用品店も近くにない場合は、

    水道水を応急的に補充してもOKです。

     

    車の冷却水!日常点検ってどうすればいいの?

    c6ae97114199e7339f857d50592de27b_m

    冷却水の点検方法は、
    まず、水温計を見て
    水温が下がっているかどうかを確認し、

    水温が下がっていたら、
    (C側に針が振れているとき)

    ボンネットを開け、リザーバータンクを目視し、
    リザーバータンクの側面に表示されている
    上下のラインの間に液面があれば
    冷却水の量は適量です。

    もし、冷却水が下のラインよりも
    液面が下がっていたり、
    冷却水が濁っていたりする場合は、

    早めに冷却水を補充or交換する
    必要があります。

     

    車の冷却水の寿命ってどれぐらい?

    冷却水の交換時期は、
    最近の車種の場合は
    使用年数10年、走行距離10万キロ
    冷却水交換の目安となっています。

    ただし、冷却水は2年~4年で
    劣化する場合もあるようなので、

    2回に1回の車検で交換することを
    おすすめします。

    youtubeにて、
    車の冷却水を交換している様子を
    撮影している動画を見つけました。

    どのように冷却水を交換するのか
    見ておきたい方は、

    ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

    まとめ

    mercedes-841465_1280

    いかがでしたか?

    冷却水は、エンジンを適正な温度に
    キープするために

    エンジンの内部を循環して
    エンジンの熱を奪い、
    ラジエーターで発散すればよいので、

    一番適している液体は比重が高く、
    安価で放熱性が良い水なのですが、

    上記でもすでにご紹介しましたように、
    ただの水では
    エンジン内部が錆びてしまう原因となったり
    冬場に凍結するなどの弊害が生じますので、

    水道水やミネラルウォーターは、
    応急処置として使用する場合以外は
    冷却水として使用してはいけません。

    冷却水は、
    ロングライフクーラント(LLC)と呼ばれる
    製品が使用されており、

    このロングライフクーラントは、
    エチレングリコールを主成分としており、

    それプラスさび止め剤や
    凍結防止成分が配合されています。

    冷却自体の性能は、水には劣るのですが、
    さび止めや凍結防止の観点からすると
    これに代わる製品はないようです。

    冷却水の交換は、最近の車種の場合は、
    使用年数10年、走行距離10万キロが
    冷却水交換の目安となっていますが、

    冷却水は2年~4年で
    劣化する場合もあるようなので、

    安全に走行するためにも
    マイカーの冷却水は
    2回に1回の車検の時に交換しましょうね。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。





    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    rasari

    rasari

    車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!

    学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。


    生まれてからずーっと車だらけの生活で、

    車に囲まれた環境で育った人間として、

    できるだけわかりやすく普段の車の知識から

    専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!


    楽しみにしていてくださいね☆