1. TOP
  2. 車のトルクを上げるには何が必要?自分で出来るパワーアップの方法とは

車のトルクを上げるには何が必要?自分で出来るパワーアップの方法とは

 2017/03/13 2.メンテナンス
  4,148 Views

    「なんか最近、車の加速がよくないなぁ」

    と思う方、いらっしゃいませんか?

    車の停止状態から加速状態に
    もっていくための底力をトルクというのですが、
    このトルク、実はちょっとした事をすると、
    向上する、って知っていましたか?

    今回は、マイカーのトルクを
    自分でアップさせることは
    できるのか!?

    をまとめてみました!

    Sponsored Links

    トルクアップのために自分でできるパワーアップの方法!

    man-1857924_960_720

    では、実際に車のトルクを上げるための
    方法をいくつかご紹介します^^

    車体の軽量化する

    軽量化のメリットは、燃費の向上だけでは
    なく、ハンドリング操作の向上や、走行の
    安定性が良くなる等、いいことづくめです。

    しかし、ボディ本体の軽量化は、
    どのチューニングよりもお金がかかると
    言われます。

    「内装を外す」や「ボディを削る」など、
    次回乗り換えの際には、下取りに出す!
    と考えると、できないよ・・・と考えるのが
    普通だと思います。

    コストをなるべくかけないで、
    効果的な場所を軽くしていきましょう。

    マフラーを変える

    マフラーは純正だとスチール製がほとんど。
    ステンレスのマフラーに交換するだけで、
    かなり車両が軽くなるんです!

    車検対応の静かなマフラーでも十分軽く
    なりますよ。

    スペアタイヤを降ろす

    車にはスペアタイヤが付いています。
    普段は車には乗せておいているものですが、
    実は降ろすだけでも車の重さは変わります
    ので、
    当然動きも変わります。

    ただ、パンクなどで急な場面が無きにしも非ず
    ですので、そこは自己判断で試してみてくださいね。

    壊れた箇所を直す時の消耗品を軽量化

    例えばバッテリーが上がってしまい、
    新しく買い直さないといけないときに、
    同じバッテリーではなくドライバッテリーに
    するなど、
    何かを交換するついでに
    軽量化していく
    と、コストが抑えられます。

    上記のちょっとした事で、以外にも
    車の軽量化をすることができるんですよ^^

    また、純正の鉄ホイールが装着されている
    のであれば、社外のアルミ製に交換する
    だけでも
    軽量化することだってできます。

    Sponsored Links

    燃調を変更する

    燃調とは、
    エンジンに入る空気の量を測定し、
    ガソリンの量をリアルタイムに調整すること
    です。

    エンジンは吸気系で空気を取り込み、
    その空気にガソリンを混ぜて気化し、
    それをエンジンのシリンダー内に充填/
    圧縮/点火し、その爆発で出力を得ます。

    空気とガソリンの混ぜる量を「空燃比」と
    いい、空燃比は、空気の質量とガソリンの
    「質量」の比率です。

    燃調を変更する場合は、この質量の比率を
    変更するんです。

    方法としては、車に搭載されている
    コンピューターのプログラムを書き換えます

    一般の人ではこのコンピューターを書き換える
    ことは
    できないので、整備工場や車を購入した
    ディーラーに
    依頼しましょう。

    燃調を調整することで、エンジンの回転数が
    さらに安定し、パワーアップにつながります。

    低フリクションロスオイルを使用する

    フリクションロスとは、
    摩擦抵抗により損失しているパワーや性能
    のことです。

    たとえばエンジンでは、どんなに潤滑油が
    あるとはいえ、金属と金属がこすれ合っている
    以上は必ずフリクションロスが発生しています。

    これを減らしていくことによってトルクの
    性能アップにつながるのです。

    最近のエンジンでは、油膜が切れない限り
    柔らかい、流動性の良いオイルを使用します。

    オイルが流れやすければ摩擦抵抗や
    オイルポンプでの圧送に消耗する
    エネルギー(トルクの減小)が少なくなります。

    つまり、内部消費が少なければトルク向上し、
    必然的にパワーも上がるんです。

    粘度が高く、価格も高いオイルは
    高温・高負荷時に性能を発揮しますが、
    通常私達が普通の道路を走行する場合は、
    粘度の低いオイルで充分です。

    密閉性は高粘度オイルには劣りますが、
    フリクションロスが少ないのです。

    Sponsored Links

    そもそもトルクとは何?馬力との違いは?

    horses-1519536_960_720

    トルクとは、
    クルマのタイヤを回すための力
    です。

    感覚的に分かり易くするため
    自転車を例にすると、ペダルを押す力です。

    トルクと馬力の違いと語源

    トルクが大きいというのは、
    ペダルを押す力が強いという事です。

    ここで注意したいのは、
    トルクはあくまでも瞬間的な力です。

    ペダルを押す力が強いと、加速が良く
    なりますし、登り坂でも軽々と進む事が
    できます。

    一方馬力は、トルクが瞬発的な力に対して、
    持続の力を示すものです。

    トルクと馬力の関係性

    トルクとは瞬間的な力で、大きければ
    大きいほど加速が良くなります。

    馬力とは持続力で、
    大きければ大きいほどスピードが出ます。

    一般的に馬力が大きい車ほど加速が良いと
    思われているのですが、
    加速に影響するのはトルクの方です。

    トルクとは回転する力であり、
    回転数が伴わないと速さ(加速力)が
    伴わないんです。

    そこにトルクと回転数を盛り込んだ単位、
    馬力を使用し、エンジンの性能を決めて
    いきます。

    馬力をギヤの変速比を利用して高回転型や
    低回転で高トルク型などの性能に目的に
    応じて割り振るのです。

    まとめ

    mill-wheel-52191_960_720

    いかがでしたか?

    トルクと馬力のちがいや、ちょっとした
    軽量化等によって自分の愛車がみちがえる
    ように変身する可能性だって充分あるんです!

    普段から少しでも車体に気を使ってあげる
    ことで、車の加速もぐんとアップします。

    ぜひ一度お試しあれ^^

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。





    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    rasari

    rasari

    車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!
    学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。

    生まれてからずーっと車だらけの生活で、
    車に囲まれた環境で育った人間として、
    できるだけわかりやすく普段の車の知識から
    専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!

    楽しみにしていてくださいね☆