1. TOP
  2. 車のサイドガラスに日除けをつけるのは違法?正しい使用法とは?

車のサイドガラスに日除けをつけるのは違法?正しい使用法とは?

 2017/01/17 交通ルール
  778 Views

    夏場など日差しの強いときに
    車に乗車しているときには、

    サイドガラス日除けをつけたくなる時が
    ありますよね。

    でも、サイドガラスに日除けをつける行為は
    道交法の違反になるのかどうかが

    車に乗る人も運転する人も
    気になるところだと思います。

    ここでは、車のサイドガラスに日除けは
    どうつけるのが違法にならないのか
    知りたい方のために、

    • 車のサイドガラスにつけるタイプの
      日除けの正しい使用方法
    • 車のサイドガラス
      日除けをつけるのは違法なのか

    について解説させて頂きたいと思います。

    車のサイドガラスにつけるタイプの日除けの
    違法にならない使用方法について
    詳しくお知りになりたい方は、

    ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

    Sponsored Links

    車のサイドガラスへつける日除けの正しい使用法

    car-1835246_1280

    日差しが強く、眩しいときに
    車を運転している場合、

    「サイドガラスに日除け
    つけられたらいいのに・・・」

    と思われる方は多いと思います。

    でも、

    「眩しいからと言ってサイドガラスに
    日除けをつけていたら、
    通りかかった警察官に
    道交法違反で切符を切られるかも・・・」

    と日除けが道交法違反にならないかどうか
    心配される方もいらっしゃると思います。

    そんな方たちのために、
    以下に、車のサイドガラスへつける日除けの

    違法にならない正しい使用方法
    ご紹介させて頂きますね。

    Sponsored Links

    後部座席側なら走行中につけてもOK!

    運転席側および助手席側のサイドガラス
    運転中に日除けをつけるのは、
    道路交通法違反になるのですが、

    後部座席側のサイドガラス
    日差しが眩しいときに日除けを
    取り付けるのは違法にはなりません。

    youtubeにて後部座席に
    ロールタイプの日除けを取り付ける様子を
    紹介している動画を見つけました。

    ロールタイプの日除けはどのように
    取り付けどのように使用するのか
    お知りになりたい方は、

    ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

    運転席側&助手席側につけるなら停車中のみ

    上記でご紹介しましたように、
    運転席側もしくは助手席側のサイドガラス

    運転中に日除けをつけるのは
    違法になるのですが、

    車を止めて休んでいるときなどに
    眩しいから取り外し可能な
    日除けをつけるのは
    道交法違反にはなりません。

    日差しが眩しい時には、
    運転席側または助手席側のサイドガラスには
    日除けがつけられませんので、

    UVカットのフィルムを貼ることを
    おすすめします。

    ただし、運転席側もしくは助手席側の
    サイドガラスに貼るフィルムの
    可視光線の透過率は

    法律で70%以上にするように
    決められていますので、

    可視光線の透過率が70%以上の
    フィルムを貼るようにしましょうね。

    こちらのサイトでは、車の日除けフィルムが
    違法になる基準や対策法について
    ご紹介しています。

    運転席側や助手席側の日除け対策に
    フィルムを貼ろうかとお考えになって
    いらっしゃる方は、

    ぜひ、以下のサイトをご覧になってみて
    くださいね。

    車の日除けフィルムが違法になる基準とは?対策法も紹介!へ移動する

     

    車のサイドガラスに日除けをつけるのは違法になる?

    fire-1857993_1280

    上記でご紹介しましたように、
    車のサイドガラスに日除けをつけると

    取り付ける場所や場合によっては
    違法になることがあるのです!

    そこで、以下に車のサイドガラスに
    日除けをつける行為が
    違法になるのはどんな時なのか、

    また、違反した時に支払う反則金や
    減点の数はどれくらいなのか
    詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

    Sponsored Links

    走行中に運転席&助手席側に日除けをつけるのは違法行為!

    2014年の11月から道路交通法にて、
    運転中に運転席側または
    助手席側のサイドガラスに
    カーテンや日除けを使用するのは
    違反となりました。

    もし、運転中に運転席側や
    助手席側のサイドガラスに
    日除けをつけてしまうと

    道路交通法違反として
    切符を切られてしまいます。

    ただし、上記でもご紹介しましたように、

    後部座席側のサイドガラスに
    日除けやカーテンをつけたり、

    停車して休んでいるときに日除けとして
    取り外し可能なサンシェードを
    運転席側や助手席側のサイドガラスに
    取り付けたりすることは違法にはなりません。

    ただし、休憩し終わった後、
    走り始めるときには

    取り付けた日除けを取り外すのを
    忘れないようにしないと、

    違反切符を切られてしまいますので、
    注意しましょうね。

    以下のサイトでは、
    車の後部座席のカーテンが
    違反じゃないかどうかについて
    解説しています。

    取り外し可能なサンシェードだけでなく、
    カーテンも違法になるかどうか
    お知りになりたい方は、

    ぜひ、以下のサイトをご覧になってくださいね。

    車の後部座席のカーテンは違反じゃないってホント?へ移動する

     

    違反したときに支払う反則金&減点の数とは?

    もし、走行中運転席側や
    助手席側のサイドガラスに
    日除けやカーテンを取り付けていた場合は、
    道路交通法違反となり、

    大型車や中型車の場合は
    7千円反則金を支払うことになり、

    普通車の場合は6千円反則金を
    支払わなくてはいけなくなります。

    さらに、大型車・中型車・普通車ともに
    この違反をした場合には
    1点減点されてしまいますので、

    走行中はいくら眩しくても、
    運転席側や助手席側のサイドガラスに
    日除けをつけることはやめておきましょうね。

    Sponsored Links

    まとめ

    asphalt-1853590_1280

    いかがでしたか?

    車のサイドガラスに眩しいからと
    日除けをつける行為は、

    運転中に運転席側や
    助手席側のサイドガラスにつけていると
    道路交通法違反となり

    大型車・中型車の場合は反則金7千円
    普通車の場合は反則金6千円となります。

    減点の点数は大型車・中型車・普通車ともに
    1点減点となっています。

    ただし、後部座席側のサイドガラスに
    カーテンやサンシェードなどの
    日除けをつける行為は違反になりませんし、

    取り外し可能な日除けを、
    車を停車し休憩しているときに
    運転席側や助手席側のサイドガラスに
    取り付けるのも違法にはなりません。

    停車中は日除けをつけていいからといっても、
    運転しているときはつけていると
    違反になりますので、

    停車中日除けをつけて休憩した後、
    走行し始めるときには、

    必ず日除けを取り外すのを
    忘れないようにしましょうね。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。





    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    やまがた 優美

    やまがた 優美

    はじめまして♡2児の母をしています。

    小さい子供がいるので、ファミリーパパママ向けの自動車関連ブログ記事が多くなります。できるだけ自動車大好きな人の役に立つことを書きたいと思います。ちなみに、最近子供たちの送り迎え用に新車を購入したところ♪

    そんなリアルタイムな情報も踏まえて色々と記事書いていきたいと
    思っています★
    楽しいドライブ生活を楽しみましょう(^^)