1. TOP
  2. 車のハイビームがまぶしい!迷惑にならないやり方とは?

車のハイビームがまぶしい!迷惑にならないやり方とは?

 2017/01/17 交通ルール
  2,885 Views

    夜間に走行するときは、
    ヘッドライトハイビームにしている方が、

    前方がはっきりと確認できるので、
    走行しやすいですよね。

    でも、車をハイビームにしていると、
    前方を走行している車や
    対向車はかなりまぶしくなりますので、

    できるだけ上手にヘッドライトを
    切り替えなくてはいけません。

    でも、運転初心者の方の中には

    「対向車や前方を走行する車に
    迷惑をかけないようにヘッドライトを
    ハイビームからロービームに
    切り替える方法がわからない・・・」

    という方もいらっしゃるのでは
    ないでしょうか。

    そんな方のために、ここでは、

    • 車のハイビーム迷惑にならない
      切り替え方
    • 夜走行する時には
      ハイビームが基本なのか

    について解説させて頂きたいと思います。

    車のヘッドライトを上手に切り替える方法や、
    法律で定められている
    ヘッドライトの使用方法について
    詳しくお知りになりたい方は、

    ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

    Sponsored Links

     

    車のハイビームの迷惑にならない切り替え方とは

    nissan-885309_1280

    夜間に走行する時には、
    ヘッドライトをロービームにしているよりも

    ハイビームにしている方が
    圧倒的に前方が見やすくなりますよね。

    私も、夜間に高速道路を運転する時には、
    対向車が走ってこない限り
    前方が遠くまで見わたせるので、
    ハイビームにして運転しています。

    ですが、対向車が近づいている時や
    走っているとき、

    また、すぐ前方に車が走行している時に
    ハイビームのまま走行していると

    運転されている方がまぶしくて
    大変迷惑になりますので、

    ヘッドライトをハイビームからロービームに
    切り替える必要があります。

    「でも、どんなタイミングで
    ヘッドライトを切り替えればいいの?」

    と疑問に思っていらっしゃる方のために、

    以下に、車のハイビームの
    迷惑にならない切り替え方
    ご紹介させて頂きたいと思います。

     

    対向車とのすれ違い時はロービームに切り替える

    後ほど詳しく解説致しますが、
    ヘッドライトはハイビームが基本で、

    対向車が来たらロービームに
    切り替えるように法律で定められています。

    ですから、夜間ハイビームで
    走行している時に、

    対向車線に対向車が
    近づいてきていることが確認できたら

    ウインカーのレバーを
    素早く手前に引き寄せて
    ロービームにさっと切り替えましょう。

    もちろん、明るい街中を走行する時には
    対向車は常に対向車線を
    走行しているような状態だと思いますので、

    常時、ロービームにしておかなくては
    いけません。

    Sponsored Links

    前方に車が走行しているときはロービームに切り替える

    渋滞していない高速道路を
    走行しているときには、

    前方に車が
    走行していない場合もありますが、

    夜間でも車が
    たくさん走行している街中では、

    前方に走行している車も対向車も
    ハイビームにしているとまぶしいので、

    上記でもすでにご紹介しましたように、
    常にロービームにしておく必要があります。

    さらに、前方に車がいないので
    ハイビームで走行している時に
    前方に車が車線変更してきた場合は、

    即座にウインカーのレバーを
    素早く手前に引き寄せて

    ハイビームからロービームに
    ヘッドライトを切り替えましょうね。

     

    夜走行するときはハイビームが基本なの?

    cars-1840934_1280

    現在の道路交通法では、
    上記でもすでにご紹介しておりますように、

    夜間でも市街地などの
    交通量が多い道路では

    すれ違い用前照灯
    つまりロービームを使用するように
    定められており

    山間部や農村部などの
    対向車が少ない道路を夜間に走る時

    市街地でも深夜の交通量が少ない時に
    走行する場合には

    ハイビームが基本であると定められています。

    Sponsored Links

    法律で定められているヘッドライトの使用方法

    ハイビームの正式名称は走行用前照灯といい、
    走行時の基本ライトであると
    法律で定められています。

    ただし、上記でもご紹介しましたように
    対向車や前方に車が走行している時には

    ヘッドライトを消灯するか、
    すれ違い用前照灯と呼ばれる
    ロービームを使用するように
    道路交通法という法律で定められています。

    現在、都市部などは
    街灯の明かりがあるため、
    対向車や前方に車が走行していなくても
    ロービームのまま走行されている方も
    多いと思いますが、

    法律では、夜間に走行するときの
    ヘッドライトの基本はハイビームなので、

    夜間に走行するときには
    基本ハイビームにしておき、

    前方に車が走行している、
    または対向車が近づいてきたなどの

    状況に応じてハイビームからロービームに
    切り替えて運転することをおすすめします。

    youtubeにて高齢者の事故防止のための
    ハイビームの活用法について
    詳しく解説している動画を見つけました。

    夜間はハイビームとロービームを
    こまめに切り替えることで、

    歩行者を早期に発見することができ
    事故防止につながることが
    わかるこの動画を

    事故防止や安全運転のためにも
    ぜひ、ご覧になってくださいね。

     

    まとめ

    bmw-1712736_1280

    いかがでしたか?

    法律で定められている
    車のヘッドライトの使用方法は、

    • 山間部や農村部などの
      対向車が少ない道路
    • 市街地でも深夜の交通量が少ない時

    においてはハイビームの使用が
    基本とされており、

    夜間でも市街地などの
    交通量が多い道路では
    ロービームの使用が基本とされています。

    走行中の事故防止や安全運転のためにも、

    夜間に車で走行する時には
    基本ハイビームにしておき、

    前方に車が走行している、
    または対向車が近づいてきたなど

    状況に応じてハイビームからロービームに
    切り替えるようにしましょうね!

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ
    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車売却は業者間で『比較』することで、
    平均17万円も査定額がUPするという
    調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・自分で見積もりを取るのが面倒
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・相場がわからないからダマされそう
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには
    ズバット車査定がオススメです。

    ズバット車査定なら、

    ・愛車の査定額がスグにわかる。
    ・相場がわからない女性や年配の方にも親切
    ・『比較』するから買取額UPが期待できる
    ・高価買取してくれるから車の購入資金に回せる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。

    ⇒平均17万円お得なズバット車買取比較で高額売却する♪

     



    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    光明

    光明

    数年後に三十路を迎える光明です。

    愛車に乗るのは週末くらいで、大好きなアニメソングを流しながら運転するのが密かな楽しみとなっています。
    特技は一人カラオケin車内(音痴ですが汗)。。。

    こんな私ですが、車に関しての知識はピカイチと自負しております(笑)
    車の基礎情報はもちろん、今の流行りなどもお伝えしていきます!!