1. TOP
  2. 廃車の費用!事故車の相場とは?特別な手続きが必要なの?

廃車の費用!事故車の相場とは?特別な手続きが必要なの?

 2016/08/12 廃車
  347 Views

マイカー乗車中に事故にあってしまい、
車をかなり破損してしまったので
修理せずに廃車にしたいけれど、

費用はどれくらいかかるのか
また、事故車の廃車は、
そうでない車と異なり
何か特別な手続きが必要になるのかなど、

事故車を廃車するに伴い
気になる点は多いと思います。

そこで、ここでは

  • 廃車の費用一般的に
    どれくらいかかるのか
  • 事故車の廃車には
    何か特別な手続きが必要なのか

について解説させて頂きたいと思います。

事故で大幅に破損してしまった車を
廃車にしたいのだけれど、

どれくらい費用が掛かるのか、
どのような手続きが必要なのか
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を
ご覧になってくださいね。

Sponsored Links

 

廃車の費用にはどれくらいかかる?

d590b11d5f244302287c36fa6e37762a_m

 

自動車の廃車にかかる費用は、

  • 車の解体にかかる費用
  • リサイクル料金
  • 廃車手続きの書類作成に
    かかる費用

があります。

車の解体にかかる費用は、
解体を依頼する業者によって異なりますが、
だいたい1万円程かかります。

ただし、業者によっては,
無料で引き取ってくれるところも
ありますので、

解体費用を安く済ませたい方は、
事前に解体業者をリサーチして
いちばん安く済むところで
車を解体してもらいましょう。

リサイクル料金は、
車の購入時にすでに支払っていれば
必要ありませんが、

支払っていない場合
普通車の場合は1万円程
費用がかかります。

あと、車を解体業者に持ち込むときは、
自分で持ち込めば無料ですが、

車が大幅に破損していて
動かせない場合は、
レッカーなどで引き取ってもらうことに
なりますので、

別途1万円程
費用がかかることになります。

この費用をなるべく安く済ませるためには、
なるべく自宅から近い解体業者に
解体を依頼しましょう。

書類作成費用も自分で行えば、
永久抹消の場合
用紙代100円程度の負担で済み、

一時抹消の場合は、
一時抹消登録手数料が350円、
用紙代が100円程度で済みます。

これらの書類作成などの手続きを
すべて代行業者に依頼した場合は、
1万円ほど費用がかかります。

ただ、廃車する車とはいえ、
中国では鉄の需要があるので、

廃車専門業者に見積もりを依頼すれば、
解体から廃車手続きまで
無料でやってくれるばかりか、

買い取り費用を受け取れる
ケースもありますので、

できるだけ廃車費用を
安く済ませたい方は、

廃車専門業者に見積もりを
依頼するのもいいかもしれませんね。

あと、ディーラーに
廃車手続きすべてを依頼すると、

車の状態にもよりますが、
トータルで1万円から8万円ほど
費用がかかることになります。

自分で手続きをするのが面倒で、
費用がかかってもいいから
手続きを丸投げしたい!
という方は、

事故車の廃車手続きのすべてを
ディーラーにお任せしても
いいかもしれませんね。

以下の記事では、
軽自動車や普通車、原付バイクの
廃車料金や費目について
詳しくご紹介しています。

ぜひ、廃車にかかる費用について
さらに詳しくお知りになりたい方は、
ぜひ、ご覧になってくださいね。

廃車の料金!軽自動車はいくら?負担が必要な費用項目とは?へ移動する

Sponsored Links

 

事故車の場合の廃車費用相場は?

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_m

 

事故車を、永久抹消登録をするのであれば、
上記ですでにご紹介しております
事故車でない車と同じように、
以下の費用がかかります。

  • 車の解体にかかる費用・・・1万円程
  • レッカー費用・・・1万円程。
  • リサイクル料金・・・支払っていれば
    無料。
    支払っていなければ普通車は
    1万円程。
  • 書類作成にかかる費用・・・自分で
    すれば用紙代100円程度
    代行業者に依頼すれば1万円程。

ただし、事故車でない場合は、
解体業者まで自分で持ち込めますが、

事故で大幅に破損している場合は、
自分で持ち込めないので、
1万円ほどのレッカー費用が
加算されることになります。

ただし、事故車であっても
廃車専門業者にすると
鉄材としての価値がある場合が
ありますので、

廃車専門業者に買い取りを依頼したら、
解体から廃車手続きまで
無料でしてくれる上に、

買い取り費用までもらえる場合が
ありますよ。

youtubeにて
自動車の廃車手続きと
かかる費用について
解説している動画を見つけました。

事故で動かなくなってしまった車の
廃車手続きやかかる費用について
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を
ご覧になってくださいね。

事故車の廃車には特別な手続きが必要なの?

00a56b408bdda3d21bb39928f077cca8_m

 

事故車の廃車の手続きは、
そうでない車の廃車手続きと
ほぼ変わりはなく

解体業者に車の解体を依頼し、
解体証明書をもらった後に、

車検証とナンバープレート、
印鑑証明書、印鑑、
解体証明書を持って

最寄りの陸運局に行き、
永久抹消登録の
手続きをすればOKです。

Sponsored Links

事故車とそうでない車で廃車に関する違いはある?

3c90b976c09db00fe8f0c88e2073a97b_m

 

事故車とそうでない車の
廃車に関する違いというと、

解体業者に車を
解体に持ち込む際に
自分で持ち込めるか、
持ち込めないか

また、一時抹消登録できるか、
できないかだと思います。

廃車しなくてはいけないぐらい
大幅に破損した事故車
自走できないため、

どうしても解体業者まで
レッカー移動しなくてはいけませんが、

そうでない車は、
自走できる場合がありますので、
自分で解体業者まで
持ち込むことが可能です。

また、修理不能な事故車は、
永久抹消登録するしかありませんが、

そうでない車は
再び車検をとって使用するまで
一時的に一時抹消登録という手続きを
とることができます。

一時抹消登録しておけば、
自動車税や自動車保険を
支払う必要がありません。

 

Sponsored Links

まとめ

43b32e8fe72b5a51d1628d9bcb60cc4a_m

 

いかがでしたか?

修理できないぐらい破損している
事故車であっても、
永久抹消登録する廃車手続きは、
そうでない車と
ほとんど変わりはありません。

違いというと、事故車の場合は、
解体業者まで
自走して持ち込むことができないので、

レッカー移動をしなくてはならなくなり、
1万円ほど余分に費用が
かかってしまうことと、

修理できないくらい破損している場合は、
車検を再びとって
乗ることができないので、
一時抹消登録はできず、
永久抹消登録しかできない点です。

ただ、事故で
大幅に破損している車であっても
鉄材としては需要がある場合が
ありますので、

廃車専門業者に依頼すれば、
解体から廃車手続きまで
無料で行ってくれる上に

買い取り費用までもらえる場合が
あります。

事故車の廃車費用を
できるだけ安く済ませたい方は、
廃車専門業者に
見積もりを依頼するのも
いいかもしれませんよ。

Sponsored Links





車を売りたい人必見!後悔しない車売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされそう
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまいそう

などの悩みがあるからじゃないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけなので、

・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・複数社の見積もりを取る必要がないから、手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切。
・複数の業者間の見積りを『比較』するから、高額買取が期待できる

・日時を指定すれば査定に来てくれるので、手間と時間がかかりません。


平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

6a377e50cbb7f5ffdda0016300df1de9_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

小学生の息子と夫と3人暮らしの主婦です。
会社勤めをしていた時の経験や、
結婚生活、子育ての経験を生かして、
皆様のお役に立てるような
記事を執筆していけるよう頑張ります!