1. TOP
  2. 4.くるま購入・売却
  3. 水没車
  4. 水没車は保険で全損扱いになる?その判断基準とは?

水没車は保険で全損扱いになる?その判断基準とは?

車が水没してしまった場合、
修復して乗り続けるのであれば、

加入している任意保険で支払われた
保険料を修復費用に充てたいと考える方は
多いと思います。

その場合、水没車は全損扱いになって
車両保険金額満額を支払われるのか、

それとも、補償されない場合も
あるのでしょうか?

気になりますよね。

そんな水没車の保険適用は
どのようになっているのか
知りたい方のために、ここでは

  • 水没車の全損扱いの基準
  • 水没車も補償してくれるのは
    どんな保険なのか
  • 保険が使えない時
    どうしたらよいのか

について解説させて頂きます。

「水没車でも補償してくれる保険や、
保険が使えない時にはどのように
対処したらよいのか知りたい!」

と思っていらっしゃる方は、
ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。


水没車の全損扱いの基準とは?

水没車の定義
どの程度車が水につかっていたら
全損扱いになるのかについては

車に詳しい方でないと
あまりよくご存じないと思います。

そんな方のために、以下に水没車の定義
全損扱いになるケースについて
詳しく解説させて頂きますね。

「水没車」の定義とは?

水につかってしまった車
一般的に水没車と呼ばれます。

保険会社の水没の定義
エンジンがすべて水の中に
つかってしまった車と、

室内ではダッシュボードの上まで
水につかってしまった車のことを

水没車もしくは水害車と呼ぶと
定義づけられているようです。

オートオークションでの水没車の定義は、
基本的に車体の3分の1が
冠水してしまった車、

もしくは、水が浸入した位置が
はっきりとわかる車のことを
水没車もしくは冠水車と呼ぶようです。

査定士は、車内の臭いやフロアマットの下、
シートレール、ネジ類のサビなどで
水没車かどうかわかるようです。


youtubeにて水没車から脱出する方法を
紹介している動画を見つけました。

災害時に水没車からどのように脱出するのか
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

全損扱いになるケース一覧

保険会社で水没車が全損扱いになるケース
各保険会社で異なる場合もありますが、

一般的には、以下のケースが
保険会社では全損扱いになります。

  • エンジンが水につかり
    修理不可能な場合
  • 修理代金が保険金額を
    オーバーした場合

水没車も補償してくれるのはどんな保険?

一般的に任意保険の車両保険に加入していれば、
車が水没してしまった場合に
補償してもらえます。

水没で全損扱いになった場合は、
免責金額は引かれることなく
設定した保険金額が
車両保険加入者に支払われます。

さらに、加入している任意保険の
会社や種類によっては、

上記の保険金額のほかにも
車両全損時臨時費用として
保険金額の1割(上限は20万円)
支払われることもあります。

ただし、加入している保険によっては
洪水や台風、高潮による水没は
補償の対象になっているけれど、

地震が原因による津波による
水没の場合は車両保険の
補償の対象外となる場合があるようです。

保険を使ったら等級はどうなるの?

上記でご紹介しましたように、
水没車で全損扱いになり、
保険金を支払われることになった場合
等級は翌年から1等級ダウンします。

さらに、事故あり係数適用期間が
1年加算されますので
注意しましょうね。

保険が使えない!そんな時はどうしたらいい?

上記でご紹介しましたように、
任意保険の車両保険に加入していれば、

洪水や台風、高潮による水没の場合は
補償の対象となりますので、
保険金を支払ってもらえますが、

車両保険に加入していない場合や、
地震による津波が原因の水没の場合

車両保険に加入していても
保険料金が支払われない場合があります。

ただし、水没車であっても
中国などでは鉄の需要がありますので、
十分買い取ってもらえる可能性があります。

以下のサイトは無料でマイカーの
現在の価値がチェックできる
便利な一括査定サイトです!

かんたん車査定ガイドで愛車の相場を見てみる

水没してしまった車を廃車にせず、
売却して新しい車の購入資金に
充てたいと思っていらっしゃる方は、

ぜひ、上記のサイトで
現在のマイカーの価値を
チェックしてみてください。

そして、たくさんの業者を比較検討すれば、
思っているよりも高額で水没車を
買い取ってもらうことができますよ!

かんたん車査定ガイド

修理して乗り続ける

水没車であっても修理可能であれば、
修復して乗り続けるのもひとつの方法です。

ただし、水がフロアまで達していなくても
マフラーが水につかっただけで
修理するのに50万円ほどかかったりしますので、

その場合は、以下でもご紹介しますが、
水没車を買取業者に売却して
買い替える方がお得な場合があります。

売却→買い替える

実は、上記でご紹介しましたように
水没車であっても買い取ってもらえる業者は
たくさんあります。

以下の一括査定サイト
水没車であっても高価買取が期待できる
お得な無料査定額チェックサイトです!

かんたん車査定ガイドで愛車の値段を見てみる

水没車を買い取ってもらい、その資金を使い
買い替えを検討されている方は、

ぜひ、上記の一括査定サイト
マイカーの現在の価値を
チェックしてみてください。

このサイトでマイカーの具体的な相場を
知ることができれば、

実際に車を売却するときに
査定額を比較することができるので、

交渉の幅がグーンと広がり、
高価買取につながりますよ。

かんたん車査定ガイド

まとめ

いかがでしたか?

水没車が保険会社で全損扱いになるのは、
以下のケースとなっています。

  • エンジンが水につかり
    修理不可能な場合
  • 修理代金が保険金額を
    オーバーした場合

車両保険に加入していれば、
洪水や台風、高潮による水没は
補償の対象になります。

ただし、地震が原因による
津波による水没の場合

車両保険の補償の対象外になる場合があるので
注意しましょう。

車両保険に加入していなかったり、
地震による津波が原因で水没したりして
保険が適用できなかった場合は、

上記でご紹介致しました
ネットの無料で現在のマイカーの価値がわかる
一括査定サイトを利用して

マイカーの査定額をチェックし、
業者を比較検討すれば、

思っていたよりも高く水没車を
買い取ってもらい、

そのお金を新しい車の購入資金に
充てることができますよ!



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネットの車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

かんたん車査定ガイド

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】


\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



ライター紹介 ライター一覧

中島 えりな

中島 えりな

3にゃん(+夫)と暮らす猫至上主義者☆
元損保社員としての経験を活かし、保険に関する記事を中心に紹介していきます。ちょっと難しい保険のお話や知って得する豆情報などできるだけ分かりやすくお伝えできたらと思っています。

事故してしまった時や車を当てられてしまったど、色々な立場にあった事故内容への対処法などもわかりやすくお伝えしていきたいと思います!

ちょっとした知識が大きな武器になるかもしれませんよ♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 車の原価はいくら?利益率を知ると値引きできるって本当?

  • 事故車購入の注意点!どんなリスクやデメリットがあるの?

  • 水没車の修理費用!再生して安全に乗れるの?

  • 水没車の買取は可能か否か!?相場の目安&高く売る方法!

関連記事

  • 水没車の廃車にかかる費用!損しない賢い処分方法とは?

  • 冠水車の修理費用はいくら?売却した方が安全?

  • 水没車の修理費用!再生して安全に乗れるの?

  • 水没車の買取は可能か否か!?相場の目安&高く売る方法!

  • 車の水没でエンジン停止!修理?それとも廃車で買い替えるべき?