1. TOP
  2. 車の維持費!貯金できない人が見直すべき5つの節約術【徹底版】

車の維持費!貯金できない人が見直すべき5つの節約術【徹底版】

 2016/10/31 節約 購入ノウハウ
  2,656 Views

    いつも、
    水道光熱費や食費などの節約に
    気を付けているのに、
    なかなか貯金が増えないと
    お悩みの方は多いと思います。

    その貯金ができない
    もしくは増えない原因の一つとして
    車の維持費が結構かかるという点が
    あります。

    そうはいっても郊外に住んでいるので、
    車なしでは
    生活がかなり不自由になる・・・
    という方もいらっしゃると思います。

    そんな方のために、
    ここでは

    • 貯金できない原因
      車の維持費のせいなのか
    • 車にかかる維持費の内訳と節約術

    について解説させて頂きたいと思います。

    貯金は増やすためには
    車の維持費を
    どのように節約すれば良いのかについて
    お知りになりたい方は、

    ぜひ、以下の記事を
    ご覧になってくださいね。

    Sponsored Links

    貯金できない原因は車の維持費かも!?

    bf81abaf65aa92c4150e7c55ebe68a3b_m

    マイカーを所有している方は、
    たくさんいらっしゃると思いますが、

    そのマイカーを維持するためには
    自動車保険代や税金、ガソリン代、
    駐車場代、車検代など
    かなり費用が掛かります。

    この維持費は、
    排気量の多い車など
    車種によっては
    どんどん増えていく傾向にあります。

    駐車場代も安くても
    毎月1万円前後かかりますし、

    自動車保険代も
    毎年何万円もかかりますし、
    高いと5万円以上
    かかる場合もあります。

    車検代も1回につき10万円以上
    支払わなくてはいけない場合も
    あったりするのです。

    これは、結構な負担額ですよね。

    マイカーを所有されている方は、
    こういった維持費
    できるだけ節約していかないと、

    なかなか貯金は増えていかないと
    思います。

     

    車を保有したまま節約するには維持費を徹底的に見直すこと

     

    車を保有したまま節約して
    貯金を増やしていくには

    自動車保険代や税金、
    ガソリン代、駐車場代、
    車検代などの維持費
    徹底的に見直す必要があります。

    自動車保険代は
    ネットで契約すると
    安くなる場合がありますし、

    ガソリン代も、
    燃費の良い車に乗り換え
    安くする方法もあります。

    現在乗っている車を
    排気量の少ないものに変更すると
    税金を大幅に節約できたりもします。

    駐車場代も
    便利な都心部よりも
    郊外に借りたほう
    安くなる場合があります。

    このように、
    車の維持費を
    できる限り安くなるように見直せば、
    貯金を少しずつ増やすことができます。

     

    車にかかる維持費とは?内訳と節約術を徹底解説!

    24e3b2940edb0a585f67d13267c7e804_m

    車にかかる維持費を節約すれば、
    貯金を今よりももっと
    増やすことができると
    上記で解説しましたが、

    代表的な車の維持費である
    自動車保険、自動車税・重量税、
    ガソリン代、駐車場代、
    車検代の内訳と節約術
    以下に解説させて頂きたいと思います。

    Sponsored Links

    ①自動車保険

    95e0622a21d5e87fee45a8759b437bdd_m

     

    自動車保険は
    上記でもすでにご紹介しましたように、

    軽自動車であっても
    1年に数万円かかります。

    ですが、
    契約している保険会社を変更するなど
    やり方次第では、
    かなり節約することも可能です。

    そこで、以下に自動車保険の内訳と
    節約方法をご紹介させて頂きます。

     

    自賠責保険は固定料金

     

    自賠責保険は、
    一部の離島を除いて
    一律の料金となっています。

    では、節約できないの?
    と思われるかもしれませんが、
    実は節約できる方法があるのです!

    それは、保険の契約を
    長期間にする方法です。

    例えば、1年契約で
    保険料が22,470円だとすると、

    これを3年契約にすると、
    保険料は30,910円となり、
    8,000円も節約できるのです!

    これはうれしいですよね。

     

    任意保険は毎年見直しを

    車の任意保険
    毎年契約する保険会社を見直すことで
    保険料を節約できる場合があります。

    特に、
    ネットで契約するタイプの自動車保険は、
    10,000円前後割引される場合が
    ありますので、
    これを利用しない手はありません。

    契約更新時期が近づいてきたら、
    気になるネットの自動車保険会社に
    保険料の見積もりをしてもらい、

    一番安い自動車保険会社と
    契約するようにすると、

    任意保険の料金を
    かなり削減することができますよ。

    youtubeにて
    自賠責保険と任意保険の関係について
    解説している動画を見つけませした。

    自賠責保険と任意保険について
    詳しくお知りになりたい方は、

    ぜひ、以下の動画を
    ご覧になってくださいね。

    ②自動車税・重量税

    376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_m

     

    上記でもすでにご紹介しましたが、
    現在乗っている車を
    排気量の少ないものに変更すると、

    自動車税や重量税を
    かなり節約することができます。

    その一番節約できる方法を
    以下にご紹介させて頂きます!

     

    軽自動車に乗り換えると劇的に安くなる

    例えば、現在乗っている車が
    3ナンバーの場合、

    自動車税は年間39,500円、
    重量税は年間18,750円かかります。

    コンパクトカーの場合は、
    自動車税は34,500円、
    重量税は11,250円かかります。

    これを軽自動車に乗り換えた場合、
    軽自動車の自動車税は10,800円、
    重量税は4,100円なので、

    3ナンバーの車から
    軽自動車に乗り換えると、
    年間43,350円

    コンパクトカーから
    軽自動車に乗り換えると

    年間30,850円
    維持費を節約することができます!

    これは大きいですよね!

    Sponsored Links

    ③ガソリン代

    235bca55b8869471a941221c36e452cc_m

    ガソリン代も自動車保険や
    自動車税・重量税のように、

    工夫次第で維持費を
    グンと節約することができます。

    その方法を
    以下にご紹介させて頂きたいと思います。

     

    低燃費の車種は節約につながる

    ハイブリッド車や電気自動車などの
    低燃費の車種に乗り換えると、
    ガソリン代を
    かなり節約することができます。

    例えば、24kwhのバッテリーが
    搭載されている
    電気自動車の日産リーフの場合

    夜間電力を利用すれば、
    フル充電に
    1回あたり292円しかかりません。

    フル充電での航続距離は
    228キロです。

    軽自動車のスズキアルトの場合は、
    リッターあたり28.23キロなので、

    228キロ走ると8リットルガソリンを
    消費することになりますから、

    2016年10月現在ガソリン代は
    リッターあたり118.6円なので、

    8リットル当たり948.8円
    ガソリン代がかかることになり、

    リーフのフル充電時の
    電気代と比較すると
    同じ航続距離でかかる燃料費は

    656.8円も差があるのです。

    毎月長距離走行されるのであれば、
    ガソリン車から電気自動車に
    乗り換えると、

    燃料費を
    かなり節約することができますよね!

     

    安全運転を心掛けるとガソリン代の節約にもなる!?

    実は、安全運転を心がけると
    余分なガソリンを消費しなくなるので、
    ガソリン代の節約になるのです!

    例えば、急発進や急停車、
    走行中にアクセルやブレーキを
    何度も踏み分けるような
    危険運転をすると

    ガソリンはどんどん消費され、
    燃費が悪くなります。

    発進時のアクセルは
    ゆっくり踏み込み、急加速はせず、
    減速時はエンジンブレーキを
    利用するなど、

    安全運転を心がけると
    ガソリンの無駄遣いを
    防ぐことができるのです。

     

    ④駐車場代

    18326c565c7610fcc49373c9d189b107_m

     

    駐車場代も工夫次第で
    かなり節約することができます。

    その節約方法を
    以下にご紹介させて頂きます!

     

    住んでいる地域や借りる場所で全然違う

    例えば、東京都の港区で
    駐車場を借りた場合

    毎月の駐車場代は
    50,000円以上が
    相場となっているようです。

    ところが、首都圏から少し離れると、
    毎月の駐車場代が
    5,000円~10,000円
    ぐっと安くなります。

    できるだけ駐車場を
    安くされたいのであれば、

    便利な都市圏でなく、
    ちょっと離れた郊外に
    駐車場を借りると

    上記でご紹介しましたように
    駐車場代をぐっと安く抑えることが
    できます。

    さらに、きちんと整地されていない
    砂利のままの駐車場の場合は

    駐車場代がかなり安い場合が
    ありますので、

    より維持費を抑えたいのであれば、
    そのような整地されていない
    駐車場を借りるも一つの手です。

    Sponsored Links

     

    ⑤車検代

    70a10a194aa4f990cdabfcaec1cbf20b_m

    車検代も利用する業者を変更するなど
    工夫すれば
    かなり節約することができます。

    ただし、車のメンテナンスや修理代は、
    自身の安全につながるので、
    業者選びには注意が必要です。

    以下に車検代の節約ポイントを
    ご紹介させて頂きます!

     

    安すぎる業者には注意!しっかりチェックしてもらって

    車検代を節約するためには、
    できるだけ車検費用の安い業者を
    チョイスするのも一つの手なのですが、

    値段だけにとらわれると、
    きちんと整備してもらえずに、

    後で修理や整備をしなくては
    いけなくなり、

    結局維持費が
    余計にかかってしまうことに
    なりかねません。

    ディーラーなどに頼む
    高いと思われるかもしれませんが、

    値引き交渉したり、
    カード会員になったりすると

    車検費用を値引きしてもらえたり
    することもありますので、

    車検業者選びをするときは、
    価格もですが、
    きちんと整備してくれる業者を
    チョイスするようにしましょうね。

     

    メンテナンス代や修理代は安全のためにかかるものと考えて

     

    上記でも
    すでにご紹介しておりますように、

    車検業者選びをするときに
    費用だけにとらわれていては、

    修理点検や整備が
    おろそかな業者を選んでしまうことに
    なりかねません。

    そうすると、せっかく車検をしても
    車が正常に動かなくなり、
    そのせいで事故にあう可能性もあるのです!

    車のメンテナンス代や修理代は
    安全のために必要な費用なので、

    あまり節約にはとらわれずに
    きちんと整備してもらえる業者に
    依頼することが重要なのです。

     

    車の維持費を徹底的に見直したら総額いくら減る!?

    bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_m

    上記でご紹介しましたように、
    車を普通車から軽自動車に乗り換え、
    保険代もより安い保険会社と契約し、

    駐車場もより安い場所に
    借り換えた場合、

    どれくらい維持費を節約できるのか
    検証してみました。

    普通自動車の1年間の維持費
    (2000ccクラス)890,975円

    🚙内訳
    • ガソリン代・・・79,000円
      (年間10,000キロ走行、
      リッターあたり118.6円、
      燃費リッターあたり15キロで計算)
    • 自動車税・・・39,500円
    • 重量税・・・30,000円
    • 駐車場代・・・600,000円
      (1か月あたり50,000円、
      首都圏の場合)
    • 自賠責保険料・・・12,475円
      (2年分÷2)
    • 任意保険料・・・70,000円
    • 車検代・・・60,000円
      (2年分÷2)

     

    軽自動車(電気自動車)の1年間の維持費
    144,047~174,047円

     

    🚙内訳
    • 電気代・・・20,000円
      (年間10,000キロ走行)
    • 自動車税・・・10,800円、
    • 重量税は・・・4,100円
    • 駐車場代・・・60,000円
      (1か月あたり5,000円、
      郊外の場合)
    • 自賠責保険料・・・12,307円
      (3年分÷3)
    • 任意保険料・・・16,840円
      (ネット自動車保険の場合)
    • 車検代・・・20,000~50,000円
      (2年分÷2)

    普通自動車の軽自動車の
    維持費の総計を比較すると

    最大なんと746,928円
    減らすことができます。

    特に駐車場を
    安い場所に借り換えると
    維持費を大きく減らすことができます。

     

    車が必需品でなければ手放す勇気もひとつの選択肢

    もし、郊外に住んでいて、
    車なしでは生活するのに不便な場合は
    マイカーを持たなくてはいけませんが、

    そうでない場合は、
    年間に何十万も維持費がかかる
    車を手放すことも、

    貯金を増やしていくための
    一つの選択肢であると思います。

    特に、都市圏の場合は、
    公共交通機関が充実していますから、

    マイカーを持たなくても、
    必要な時はレンタカーを利用すれば、

    車の維持費が全く必要なくなり
    貯蓄を大幅に増やすことができるでしょう。

     

    まとめ

    05fd64d8418df668819ba095d4ec83e5_m

    いかがでしたか?

    普通自動車から軽自動車に乗り換えたり、
    自動車保険を見直したり、

    駐車場を安い地域や場所に
    借り換えたりすれば、

    マイカーにかかる維持費を
    かなり節約できることが
    わかったと思います。

    都市部は特に駐車場代が高いので、
    思い切ってマイカーを手放し

    普段は公共交通機関や
    レンタカーを利用するような生活に
    シフトチェンジすると

    大幅に貯金を増やすことが
    できるようになりますよ!

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ
    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車売却は業者間で『比較』することで、
    平均17万円も査定額がUPするという
    調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・自分で見積もりを取るのが面倒
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・相場がわからないからダマされそう
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには
    ズバット車査定がオススメです。

    ズバット車査定なら、

    ・愛車の査定額がスグにわかる。
    ・相場がわからない女性や年配の方にも親切
    ・『比較』するから買取額UPが期待できる
    ・高価買取してくれるから車の購入資金に回せる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。

    ⇒平均17万円お得なズバット車買取比較で高額売却する♪

     

     



    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    光明

    光明

    数年後に三十路を迎える光明です。

    愛車に乗るのは週末くらいで、大好きなアニメソングを流しながら運転するのが密かな楽しみとなっています。
    特技は一人カラオケin車内(音痴ですが汗)。。。

    こんな私ですが、車に関しての知識はピカイチと自負しております(笑)
    車の基礎情報はもちろん、今の流行りなどもお伝えしていきます!!