1. TOP
  2. 水没車の廃車にかかる費用!損しない賢い処分方法とは?

水没車の廃車にかかる費用!損しない賢い処分方法とは?

水没車
  16 Views

普段車を運転しているときには、

「水没するなんてあり得ない!」

と思っていても、

台風や突然の豪雨などが原因で
大切なマイカーが水没してしまうことは
あり得ないことではありません。

「修復して乗るよりも
廃車にしてしまった方がよさそうな
水没した車を廃車にする方法が
よくわからない・・・」

という方のために、ここでは

  • 水没車を廃車するのに必要な
    費用と方法
  • 水没車でも売却可能なのかどうか

について解説させて頂きたいと思います。

もし、マイカーが水没して
廃車にせざるを得なくなった時に
どのようにして廃車にするのか、

また、水没してしまった車は
売却することが可能なのかについて
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

Sponsored Links

水没車を廃車に!必要な費用の目安と方法

実は、同じ水没車でも
水没の程度がタイヤの高さ半分ぐらいまで
水が浸かったぐらいとか、

水がドアの下ぐらいで床面までは
達していない場合、

さらに、マフラーが浸水したり
床の上まで水が使っても

修理すれば乗り続けることが
可能な場合があります。

ただし最近の車には電子機器が
ほとんど搭載されていますので、

トランスミッションや
メインコンピューターなどの電子機器が
水没したり破損していたりすると
修理代が高額になりますので、

廃車にして新しい車に乗りかる方が
お得な場合があります。

もし、水没したマイカーを
廃車にすることになった時のために、

自分で廃車にする場合と
業者に依頼して廃車にする場合の
必要な費用の目安と方法

以下にご紹介させて頂きますね。

Sponsored Links

自分で廃車にする場合

水没した自動車を自分で廃車にする場合には、
まず、自動車を解体業者に
持って行かなくてはいけません。

自分で持ち込めるのであれば、
持ち込み費用は掛かりませんが、

レッカーなどで移動してもらわなくては
いけない場合はレッカー代が
1万円ほどかかります。

さらに解体業者に解体してもらうのに
費用が1万円ほど、

マイカー購入時にリサイクル費用を
支払っていない場合
リサイクル費用を1万円ほど
支払わなくてはいけなくなります。

廃車の手続きの際には
永久抹消の場合は手続きに必要な
用紙代が100円ほどかかり、

一時抹消の場合
100円ほどの用紙代プラス
一時抹消登録手数料が350円ほどかかります。

この書類作成の手続きを
代行業者に依頼すると

上記の料金プラス1万円ほど
費用が余分にかかってしまいます。

解体業者に水没車を解体してもらった後に
解体証明書をもらい、

最寄りの陸運局車検証とナンバープレート、
印鑑証明書と印鑑、解体証明書を持って行って

永久抹消登録の手続きをすれば
廃車の手続きは完了です。

Sponsored Links

youtubeにて自動車の廃車について
詳しく解説している動画を見つけました。

自動車の廃車手続きについて
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

業者に依頼して廃車にする場合

実は、水没車とはいえ、
廃車にする車は鉄でできており、
その鉄は中国などで需要があるため、

廃車専門業者に水没車の
見積もりを依頼すれば、

引き取りから解体、廃車手続きまで
無料でやってくれる上に、
買取費用を支払ってくれる場合もあります。

廃車費用をできるだけ
安く済ませたいのであれば、

このような廃車専門業者に
問い合わせてみることをおすすめします。

廃車専門業者だけでなく、
ディーラーにも廃車手続きのすべてを
依頼することも可能です。

その場合は、車の状態にもよるのですが、
費用は1万円から8万円ほどかかるようです。

「費用がかかってもいいから
できるだけ廃車に関する面倒な
手続きを簡素化したい!」

という方は、ディーラーに
廃車手続きをすべて
お任せするのもいいかもしれませんね。

Sponsored Links

水没車も売却できるって本当?

実は、上記でもご紹介しましたように
水没車は、修理して乗ると新しい車を

購入して乗り換えるよりも
高くつくこともあります。

ただし、中国などの外国では
鉄としての需要がありますので、

廃車手続きを無料で行ってくれるばかりか
売却して買取費用を支払ってもらうことも
可能です!

水没車を売却して得する処分の方法!

実は、車が水没したときに、
水がフロアまでは到達しなくても

マフラーまで到達していた場合、
マフラーを修理することになると、
50万円以上も費用がかかってしまうことも
あります!

そんなに費用がかかるのであれば、
ほとんどの方が水没車を手放して
乗り換えすることを検討されると思います。

ただし、自分で廃車にしたり
ディーラーなどに廃車手続きを
全てお任せすると、

廃車に費用が1万円から8万円ほど
かかってしまいます。

ですが、水没した車であっても
中国などの外国では
鉄としての需要があったりしますので、
買取してもらうことが可能なのです!

以下の一括査定サイトは、
ネットで現在のマイカーの価値を
無料で査定してくれる
とってもお得なサイトです!

車査定ガイドで愛車の値段を見てみる

水没車の査定を希望している方は、
上記の無料一括査定サイトでチェックすれば
事前に複数の業者の査定額を比較できますので、

業者との交渉の幅が広がるうえに、
マイカーをより高額で買い取ってもらえる
チャンスが広がりますよ!

まとめ

水没車を自分で廃車する場合にかかる費用は、
以下の通りです。

①車を移動させる場合に
かかる費用・・・1万円ほど

②解体業者に解体してもらう
費用・・・1万円ほど

③リサイクル料金
(払っていなかった場合)・・・1万円ほど

④廃車手続きの
書類作成にかかる費用・・・100円~450円ほど

業者に依頼した場合の費用は、
以下の通りです。

  • 廃車専門業者・・・無料な上に
    買取費用を払ってもらえる場合もあり
  • ディーラー・・・すべての手続きを
    行ってくれて1万円~8万円ほど

ただし、水没車であっても
上記でご紹介致しました
ネットの無料一括査定サイトを利用すれば

思っているよりも
高値で買い取ってもらうことも可能なので、

水没車を買い取ってもらい新しい車の
購入費用に充てたいと思っていらっしゃる方は、

ぜひ、上記でご紹介致しました
一括査定サイトを利用して
マイカーの現在の査定額を
チェックしてみてくださいね。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


車の保険料を節約したい人必見!

車の保険に加入する人の80%が比較をせずに決めています。
あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

・知り合いにお願いされたから。
・昔から使っているから
・たくさん種類があって探すのが面倒

などなど

比較をせずに保険に加入すると
平均で25000円も損をすることになります。

保険の一括見積もりのメリットは、

・複数社で比較するから一番安く、自分の車にあった保険が選べる
・大手から外資系まで最大19社の見積もりが取れる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
・安くなった分をプランの充実にまわせるから万が一の時に安心

です。

比較することで、
平均で25000円以上お得になりますし、
中には最大50000円お得になったという声もあります。

⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

夫と小学生の息子と暮らす主婦です。

OLとして会社勤めをしていた時の経験や
主婦としての家事や子育ての経験を活かし

皆様のお役に立てるような記事を
執筆すべく頑張ります!