1. TOP
  2. 車で雪道を走行!運転のポイントと必要な装備・対策とは?

車で雪道を走行!運転のポイントと必要な装備・対策とは?

ドライブ
  37 Views

    雪道を車で走るのって危険な
    気がして、とても不安だという人は
    多いですよね。

    「でもどうしても雪道での運転が
    必要」だという場面は出てきます。

    そこで今回は、北海道に暮らす私が

    • 雪道の安全な走り方
    • 雪道の走行に必要な装備
    • 雪道のノーマルタイヤの危険性
    • 雪の日の駐車対策

    などについてご紹介したいと思います。

    Sponsored Links

    雪道の安全な走り方

    雪道で車の安全な走り方を
    意識するためには、いくつか
    のポイントがあります。

    路面の状況をしっかり把握する

    まずは雪道の路面状況を運転前に
    しっかりと把握しておきましょう。

    晴れていても日陰になっている部分は
    凍結している恐れがあります。

    また、凍っていないように見えてもブラック
    アイスバーンになっている可能性も。

    雪道での車の走り方で一番大切なことは
    「凍っていないだろう」「大丈夫だろう」
    などのだろう運転をしない
    ことだと言えるでしょう。

    車間距離は多めにとる

    雪道での車の走り方として、
    前を走行している車との車間距離を
    多めにとることは意識したいポイントです。

    雪道では車のブレーキが
    利きづらくなったり、前の車が
    急ブレーキをかける頻度が多くなります。

    いざという時にぶつかることのないよう、
    車間距離は「離れ過ぎかな」と思うくらい
    取るようにしましょう。

    わだちに沿って運転する

    雪が積もったところを車が走ることで
    タイヤの溝が積もった雪に残って
    しまうことを、わだちと呼びます。

    このわだちは無理にそこから出よう
    とすると車のハンドルが利かなく
    なったり、反対車線に思い切り飛び
    出してしまうような危険性もあるんです。

    雪道では基本的にわだちに沿って運転し、
    そこから出たい時には一旦停止してから
    ゆっくりとハンドルを動かすようにしましょう。

    「ポンピングブレーキ」を活用

    雪道での車の走り方として、
    「ポンピングブレーキ」を活用する
    のは安全運転にとても効果的です。

    急ブレーキを踏んでABSが作動
    してしまうと、雪道の場合はそのまま
    スーッと車がスリップしてしまうことも。

    数回に分けてブレーキを踏む
    ポンピングブレーキは、ABSを作動させず、
    後続車へのブレーキアピールにもなるので、
    雪道の運転では積極的に活用しましょう。

    雪道の走行に必要な装備とは?

    雪道の走行で必要な
    用意しておきたい装備
    について解説します。

    冬用のスタッドレスタイヤ

    用意できるのであれば、
    冬用のスタッドレスタイヤを
    4本分用意しておきましょう。

    チェーン

    スタッドレスタイヤを4本も用意する
    のは、装備的にもコスト的にも難しい
    考える人の方が多いはずです。

    そんな時にはタイヤに巻くチェーンを
    必ず準備しておいてください。

    スコップ・手袋

    車が雪で埋まってしまった場合
    などには、スコップと手袋が重宝します。

    雪道運転の際には、必ずトランクに
    装備しておきましょう。

    スノーヘルパー

    雪道などで車がハマってしまった時は、
    スノーヘルパーが役立ちます。

    スコップでタイヤの周りの雪を除けて、
    スノーヘルパーを噛ませることで
    スタックからも脱出も可能です。

    Sponsored Links

    雪道をノーマルタイヤで走ったらどうなる?

    もしも雪道をノーマルタイヤの車で走ったら、
    どのようになると思いますか?

    ズバリ「車が止まらなくなる」んです。
    実は雪が圧雪状態であれば、走行には
    そこまで問題が起きない場合も多いです。

    でも雪道にノーマルタイヤでは、
    ブレーキを踏んでもほとんど効果を
    発揮することはありません。

    スピードも出せないし、カーブも曲がれない。
    かなり危険な運転になるので、雪道を
    ノーマルタイヤの車で走行するなんて
    考えないようにしてくださいね。

    雪の日の駐車でしておくべき対策とは?

    雪の日の駐車で車に
    しておくべき対策についても、
    いくつかご紹介しましょう。

    ワイパーを上げておく

    雪の日に車を駐車する時、
    絶対にやっておきたいのが
    ワイパーを上げておくことです。

    この対策をしておくだけで、
    車の雪おろしが
    格段に楽になりますよ。

    融雪剤を撒いておく


    出典:amazon

    雪が降ると前日から
    わかっているのであれば、
    自宅駐車場に解氷剤を
    撒いておくのも良い対策になります。

    雪をシャーベット状に
    溶かしてくれるので、
    雪かきの量が少なくなります。

    解氷スプレーを装備しておく


    出典:amazon

    車の窓やフロントガラスが
    凍ってしまった場合、溶けるまで
    運転を開始することはできませんよね。

    そんな時に解氷スプレーを常備
    しておくと、すぐに凍った窓を
    クリーンにすることができちゃうんです。

    急いでいる時には特に
    必要不可欠な雪対策
    だと言えるでしょう。

    ▼車の雪かきのコツについては
    こちらの記事をチェック♪

    車の雪かきのコツ!車体に傷をつけずに下ろす方法を紹介!⇒へ移動する

    まとめ

    今回は雪国・北海道に住む私が、
    雪道の車の走行や、雪の対策
    についてご紹介しました。

    雪道に慣れていない人の運転
    には、多くの危険が伴います。

    冬の日には車の走り方を、
    いつもの数倍安全運転に
    するよう意識してみてくださいね。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ
    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車売却は業者間で『比較』することで、
    平均17万円も査定額がUPするという
    調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・自分で見積もりを取るのが面倒
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・相場がわからないからダマされそう
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには
    ズバット車査定がオススメです。

    ズバット車査定なら、

    ・愛車の査定額がスグにわかる。
    ・相場がわからない女性や年配の方にも親切
    ・『比較』するから買取額UPが期待できる
    ・高価買取してくれるから車の購入資金に回せる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。




    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    小泉美鈴