1. TOP
  2. 車の名義変更をスムーズに!必要書類の書き方を詳しく紹介!

車の名義変更をスムーズに!必要書類の書き方を詳しく紹介!

 2016/05/10 書類手続き
  1,977 Views

    普段の生活で車の名義変更なんてなかなか
    する機会がないですよね~?

    「なんだか想像しただけで頭が痛くなって
    きそう…。」

    そんなあなたにもスムーズに名義変更が
    行えるように、必要書類の書き方など
    わかりやすくまとめました!

    • どんな書類が必要?
    • 手続きにかかる日数は?
    • 書類の書き方って?

    ひとつひとつ順番にチェックして
    いきましょう♪

    Sponsored Links

    車の名義変更を行うときに揃える書類はこちら!

    pexels-photo-29158-medium

    車の名義変更を行うなら、まずは名義変更
    手続きに使う必要書類を揃えましょう!

    各種書類はどこに取りに行けばいいの?

    名義変更に必要な各種書類は、
    警察署、陸運局、市町村役場の3か所で
    そろえることができます。

    まずは警察署で車庫証明を取得して、

    次に市町村役場で車の旧所有者と新所有者、
    それぞれの印鑑証明書を取得して、

    それから、陸運局で譲渡証明書と旧所有者と
    新所有者の委任状を取得します。

    譲渡証明書と委任状は国土交通省の
    ホームページからもダウンロードできます。
    →国土交通省のホームページはこちら!

    あと必要なのが
    車検証自賠責保険証明書ですが、
    通常であれば車に乗せてあるはずです。

    申請書手数料納付書は当日手続きを行う
    時で大丈夫です!

    これらの書類が揃ったら、陸運局へ行って
    いよいよ手続きを行います。

    Sponsored Links

    書類が手元に揃うまでの期間はどのくらい?

    手続きに必要な書類はどれくらいの期間で
    手元に揃うのでしょうか?

    arm-woman-hand-girl-medium

    印鑑証明は市町村役場で申請すればその場で
    発行してもらえますし、
    譲渡証明書と委任状も用紙をもらってきて
    (ダウンロードして)記入するだけなので
    すぐにそろいますね。
    時間がかかるのが、車庫証明です。

    警察署で申請してから4~5日くらいかかる
    ので早めに取得しておきましょう。
    車の名義変更を行うならこちらの記事も
    参考になります。
    →車の名義変更を自分でできる!失敗しない3つのポイントは?

    必要書類の書き方を詳しく紹介!

    それでは、名義変更に必要な申請書類の
    書き方を紹介しますね。

    • 譲渡証明書の書き方

    譲渡証明書の書き方

    ①車検証を見ながら、車名、型式、車体番号
    原動機の型式を記入します。

    ②旧所有者の氏名・住所を記入して実印
    おします。

    ③譲渡年月日と新所有者の氏名・住所
    記入します。

    • 申請書の書き方

    申請書の書き方

    「移転登録」にチェックを入れましょう。

    「種別」「番号指示」欄を記入します。

    ③車検証を見ながら自動車登録番号、
    車体番号を記入します。

    ④新所有者の氏名を記入します。

    ⑤申請書の住所は陸運局にある住所コード
    記入します。

    ⑥新所有者の氏名、住所を記入して実印
    押します。

    ⑦旧所有者の氏名住所を記入して実印
    押します。

    ⑧代理人がいる場合は代理人の氏名住所
    記入します。

    ⑨新所有者の住所申請年月日などを
    記入します。

    • 委任状の書き方

    委任状は新所有者と旧所有者が一緒に
    手続きに行く場合は必要ありませんが、
    どちらか一人で行く場合は相手の委任状を
    提出しなくてはいけません。

    第三者が手続きをする場合は新所有者、
    旧所有者、双方の委任状が必要になります。

    委任状の書き方

    「受任者」は陸運局へ申請に行く人の
    事です。

    ②手続き名は「移転登録」と記入。

    ③車検証の車体番号を記入。

    ④⑤委任者は2名まで書くことができるので
    新所有者か旧所有者、または両方を必要に
    応じて記入し、実印を押します。

    • 手数料納付書の書き方

    手数料納付書の書き方

    ①新所有者の氏名を記入します。

    ②車検証を見て自動車登録番号又は車体番号
    を記入します。

    「移転登録」にチェックを入れます。

    ④申請人(または代理人)の氏名
    記入します。

    ⑤手数料の欄に「500(円)」と記入。

    ⑥500円分の収入印紙を貼ります。

    • 税申告書の書き方

    税申告書の書き方

    ①申告区分は移転登録の「3」

    ②③車検証を見ながら、自動車の登録番号、
    登録年月日、初度登録年月日を記入します。

    ④「納税義務者」の欄に新所有者の
    住所、氏名を記入します。

    ⑤車検証を見ながら記入しましょう。

    ⑥申請者の住所、氏名、電話番号を記入します。

    まとめ

    車の名義変更に必要な書類のそろえ方から
    書き方まで紹介しました。

    ちょっと面倒くさく感じるかもしれませんが
    紹介した手順ですすめていけば、はじめて
    でもスムーズに手続きを行うことが
    できますよ。

    ひとつひとつ、順番にクリアして
    いきましょう♪

    参考になれば幸いです^^

     

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ
    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車売却は業者間で『比較』することで、
    平均17万円も査定額がUPするという
    調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・自分で見積もりを取るのが面倒
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・相場がわからないからダマされそう
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには
    ズバット車査定がオススメです。

    ズバット車査定なら、

    ・愛車の査定額がスグにわかる。
    ・相場がわからない女性や年配の方にも親切
    ・『比較』するから買取額UPが期待できる
    ・高価買取してくれるから車の購入資金に回せる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。

    ⇒平均17万円お得なズバット車買取比較で高額売却する♪

     



    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    中島 えりな

    中島 えりな

    3にゃん(+夫)と暮らす猫至上主義者☆
    元損保社員としての経験を活かし、保険に関する記事を中心に紹介していきます。ちょっと難しい保険のお話や知って得する豆情報などできるだけ分かりやすくお伝えできたらと思っています。

    事故してしまった時や車を当てられてしまったど、色々な立場にあった事故内容への対処法などもわかりやすくお伝えしていきたいと思います!

    ちょっとした知識が大きな武器になるかもしれませんよ♪