1. TOP
  2. 4.くるま購入・売却
  3. 購入ノウハウ
  4. 車をリースしたい!個人が短期で借りる方法とは?

車をリースしたい!個人が短期で借りる方法とは?

車を持とうと思ったら、購入費用はもちろん
維持費メンテナンスなどいろいろ費用が
掛かりますよね~。

車は欲しいけど金銭的な余裕がなくて
なかなか自分の車が持てずにいるという人も
いるのではないでしょうか?

でも、最近ではリースで車を借りることも
できるんですよ♪

今回は、リースで車を借りるメリット
ローンとの違い

個人が短期で借りる方法などを紹介
していきたいと思います!


車をリースするメリットとは?? 

pexels-photo-65121-medium

それでは、車をリースで借りるメリット
ついて説明していきますね。

  • 税金、自賠責、車検などの料金が
    リース料に入っている。

車を維持するのに必要な車検、税金などの
費用がリース料に入っているので、月々の
支払いが安定します。

  • 残価を差し引いた金額で支払いをするので
    安く借りることができる。

車のリースでは、リースが終わった後の
車の売却価格を差し引いて金額設定してる
ので料金が安くなります。

  • メンテナンスも任せることができる。

リース会社によって違いはあっても、車検
からオイル交換まで必要なメンテナンス、
手続きも全部リース会社におまかせ
できちゃいます。

車を個人でリースする方法をご紹介!

2016y04m25d_154419403

続いて、車をリースするための方法を
ご紹介していきます。

  • どこからリースするの?
  • 期間は短期でも大丈夫?
  • 費用はどれくらいかかる?

この3点について順番に見ていきましょう。

どこからリースするの??

車をリースするなら、インターネットからも
申し込むことができます。

2016y04m26d_153447686

「カーリース サイト」
で検索するとたくさんの業者がずらずらっと
出てきますので、乗りたい車の車種や、
料金、保証など自分の条件に合ったところを
選びましょう。

借りられる期間はどのくらい?短期でも借りられる?

2016y04m16d_181455212
車をリースする期間は3~5年が一般的で
契約期間が過ぎてからも同じ車に乗りたい
場合は再度、リース契約を結びます。

1年未満の短期で契約できるところもあり、
自分が何年車に乗りたいのか、必要に応じて
期間を決めることができます。

費用はどのくらいかかる?

2016y04m16d_182737225

リースにかかる費用はすでにおはなしした
通り、車検、税金、保険など維持費はすべて
リース代に含まれています。

料金は車種や契約期間、契約内容によっても
変わってきますが、5年契約で
月々2万円~5万円
くらいで借りることができます。

リースとローン!実際にどっちがお得?!

ここまで車のリースのメリットばかり
お伝えしてきたので
「ローンよりもリースの方がお得じゃん?」
と思われるかもしれませんが、リースの方が
損になるというケースもあります。

まず、契約期間内に中途解約してしまうと
中途解約金違約金が発生してしまいます。

そして、ローンであれば支払いが終われば
マイカーになり、以降は車の維持費
のみかかりますが、

リースは契約期間が終わって、
まだその車に乗り続けたい場合は
契約を結びなおすか、車を買いとるか、
どちらにしてもローンで購入するより
高くついて損をすることになります。

また、リースはあくまで借りている車なので
車を好みにカスタマイズしたいという人には
向きません。

自分のライフスタイルを十分に考えて
どちらがお得になるのか検討しましょう。

リースとローンについて説明したこちらの
動画も参考になりますよ♪

まとめ

車のリースについてご紹介しました。

 


・リースは税金、車検などの維持費も込みの
料金なので月々の支払いが一定になり、
管理もしやすい。

・残価を差し引いた金額で契約するので、
リーズナブルである。

・契約期間は3~5年が一般的だけど、
1年以内の短期の契約もできる。

・中途解約した場合はローンより
損することになってしまう。

・車をカスタマイズしたい人には不向き。

 

以上参考になれば幸いです。
こちらの記事も合わせてご覧ください♪
車のローン!月額の相場はいくら?無理のない回数とは



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネットの車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

かんたん車査定ガイド

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


 

\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

中島 えりな

中島 えりな

3にゃん(+夫)と暮らす猫至上主義者☆
元損保社員としての経験を活かし、保険に関する記事を中心に紹介していきます。ちょっと難しい保険のお話や知って得する豆情報などできるだけ分かりやすくお伝えできたらと思っています。

事故してしまった時や車を当てられてしまったど、色々な立場にあった事故内容への対処法などもわかりやすくお伝えしていきたいと思います!

ちょっとした知識が大きな武器になるかもしれませんよ♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 車の原価はいくら?利益率を知ると値引きできるって本当?

  • 事故車購入の注意点!どんなリスクやデメリットがあるの?

  • 水没車の修理費用!再生して安全に乗れるの?

  • 水没車の買取は可能か否か!?相場の目安&高く売る方法!

関連記事

  • 車の値引きはどれくらい可能?効果的な交渉テクや時期を紹介

  • 車のコスパは中古or新車どちらが良い?購入~維持費徹底比較!

  • 車に年収以上の予算は贅沢?適正価格の目安を調査してみた!

  • 車のFF・FR・MR・RR・4WDの意味!それぞれのメリットデメリットとは

  • 車の安い時期!買ってはいけない時期はいつ?

  • 車の買い方!現金一括orローンどっちがお得?メリット&デメリットとは