1. TOP
  2. 1.カーライフ
  3. 交通ルール
  4. 高速道路の車間距離の目安とは?近すぎると違反になる?

高速道路の車間距離の目安とは?近すぎると違反になる?

    夏休みなどの大型連休を利用して
    家族や恋人、友達と車を使い遠出を
    することが多いと思います

    そのときに、利用する高速道路。

    まだ免許取得したばかりの人は、
    慣れないスピード感に上手く車間距離を
    取れなかったり、普段の道路とは
    違った標識などを見る機会が多いと思います。

    運転の熟練者でも意外に忘れている高速道路の
    車間距離の取り方や忘れていた標識が
    あるのではないでしょうか?

    是非この機会に、記事をご閲覧いただき
    安心で安全な高速道路の利用と車間距離の
    取り方に気をつけることを
    再確認していただければと思います。

    運転するときは自分だけではなく、同乗者の命も
    預かり責任のある立場とゆうことをお忘れなく。

    Sponsored Links


    高速道路の車間距離の目安とは?速度に応じて調べてみた

    まず車間距離とは、
    「前を走行する車の地点から自分が運転している
    車が
    その地点を通過するまでの間の時間」
    のことを表します。

    もし、車間距離が近ければ前の車が
    なにかの拍子に急ブレーキをしたときに
    反応しきれずぶつかってしまいます。

    お互いの車がゆっくり走行していれば
    車が凹む程度で済みますが、
    高速道路ではスピードも出ているため、
    もっと悲惨な事故につながる可能性が
    高いので、きちんと車間距離を
    保っていなければいけません。

    ・高速道路の車間距離の目安

    高速道路の制限速度とされる普通自動車の
    100km/hと仮定して目安をお教えします。

    ※区間別で制限速度の標識が出ているので
    利用する際はお見逃しなく!!

    100km/h出しているとして、
    前の車と100m離れることが、
    適切な目安とされています。

    100km/h出していると、
    完全に停車するまでに100mもの距離が
    必要になります!!

    ・速度別の目安早見表

    簡単に計算する方法は、
    自分が運転する速度と同じくらい距離を
    開けることが適切だとされています。

    70km/h=70m、80km/h=80m ・ ・・
    110km/h=110m、120km/h=120m

    このような感じで目安として、
    簡単にその距離を測ることができます。

    雨のときは車間距離が2倍以上必要ってホント?

    さて十分知識をつけましたが、
    いつも運転中の環境が一緒とは限りません。

    天候には雨の日だってあります。

    雨の日に車間距離は普段と一緒だと
    思っていると危険です!

    雨の日にはタイヤと道路の摩擦が下がり、
    普段と変わってきます。

    車間距離も普段の倍は確保することを
    推奨しています。

    100km/h出して走行しているのであれば
    前の車とは200m距離を
    とることがベストです!!

    他にも補足として雨の日には
    「ハイドロプレーニング現象」
    も発生しやすいので、雨の日の高速道路は
    いつも以上に気をつけて運転することを
    忘れてはいけません!!

    車間距離が近すぎると違反!車間距離不保持違反とは?

    車間距離については、
    どれだけの距離を取れば
    安全で安心な運転ができるか
    おわかりになられたと思いますが

    この項目では車間距離についての
    注意することや、違反などをもっと
    深く掘り進んでいきたいと思います。

    ・車間距離が近すぎると違反!

    十分に距離を取ることで安全な距離を
    とることは大事だと理解出来ましたが、

    「車間距離を近づけすぎたらどうなるの?」
    と疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

    答えは簡単です。

    前の車が急停車した場合、
    反応できずに衝突して事故が起きます。

    そんなこと言われなくてもわかっていると
    思われがちですが、
    急いでいるのかせっかちなのか
    わかりませんが、

    すぐ後ろに車が寄ってきたりすることは
    誰もが経験あると思います。

    前の車が遅いなと、
    ついつい前に詰めがちな
    運転をされたことがある方
    いらっしゃると思います。

    知っていましたか?

    それって違反です!!

    ・ 車間距離不保持違反とは?

    車間距離不保持違反」なんて言葉
    聞いたことない方も多いと思いますが、
    交通違反に該当しています。
    主に事故が起き大惨事となってしまう
    高速道路での取り締まりが多いのが現状です。

    しかし一般道でもスピードが出やすい
    一本道なども取り締まりをしているようです。

    道路交通法第26条

    (車間距離の保持)  第二十六条

    車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の
    直後を進行するときは、その直前の車両等が
    急に停止したときにおいてもこれに追突するのを
    避けることができるため必要な距離を、これから
    保たなければならない。

    引用元:http://elaws.e-gov.go.jp

    違反点数や罰金はどうなるの?

    交通法を違反してしまうと、高速道路の場合

    「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
    (道路交通法第119条1項一号の四)」

    引用元:http://elaws.e-gov.go.jp

    となっています。

    しかし反則金を支払えば上記の罰則を
    受けることはありません。

    以下反則金と加点される
    点数の一覧になります。

    点数の一覧

    普通車 = 反則金9000円+2点

    二輪車 = 反則金7000円+2点

    大型車 = 反則金12000円+2点

    上記は高速道路で取り締まりにあった場合です。
    下記は一般道路の罰則になります。

    一般道路の罰則

    普通車、二輪車 = 反則金6000円+1点

    大型車 = 反則金7000円+1点

    これを知っているだけで、取り締まりを回避
    できるだけではなく反則金も支払わずに済みます。

    交通法を知らないと取り締まる方に
    言うのではなく、きちんと十分な車間距離を
    取る事が大事だと改めて認識してください。

    Sponsored Links

     高速道路の車間距離は標識の看板が基準でOK!

    だいぶ車間距離の取り方やルールが
    わかってこられたと思いますが、
    ここまで読んでいただいて

    • どうやって走っている高速道路で
      車間距離を測ればいいの?
    • 感覚で○○mと判断できるの?

    と思われる方もいらっしゃると思います。

    そんな方達に朗報です!!

    高速道路では、走行中の標識などに
    距離(メートル)で車間距離を促す
    標識が各所に設置してあります。

    一度は見たことのある標識だと思いますので、
    改めて走行中に意識して見直し車間距離を
    取ることを心がけて運転していきましょう。

    他にも標識を意識すると様々な情報が
    提示しています。

    目的地に着くことばかりを意識せず
    余裕をもった運転をしていきましょう!!

    標識がない場合の基準とは?白線を目印にして大丈夫?

    結果から申し上げますと白線を目印にして
    車間距離をとることは可能です!

    白線は1つ8m

    白線と白線の間が12m

    で構成されているため、白線から次の白線まで
    計20mとなります。

    それを踏まえて100mの車間距離を
    取りたいのであれば、
    前の車が自分の車の白線5つ前を走行している状態
    がベストな車間距離とされます。

    もし高速道路に標識などが近くに
    見当たらない場合は、白線を基準に十分な
    車間距離を確保することをオススメします。

    まとめ

    ここまで読んでいただければ、

    • 高速道路での車間距離の取り方
    • 高速道路で雨の日は、
      普段とは違う距離を取らなければいけない
    • 車間距離を取らなければ違反になり罰則金もある
    • 道路に敷かれている白線を使い
    • 車間距離を取ることができる

    を改めて認識でき知識はバッチリです。

    いままで教習所などで習っていたことを
    お忘れになっていた人も多かったと思います。

    これを機会に車間距離だけではなく、
    運転に対しての意識を変えもう一度考え見直し、
    無事故無違反の安全運転で
    楽しい旅を良い思い出にしてください!!

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車の査定は複数の業者間で
    『比較』することで、
    平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・複数社に車を持って行って見積もりを
    出してもらうのは面倒
    ・相場がわからないからダマされた
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

    ネットで申し込むだけで、

    ・かんたん入力で愛車の査定額が
    スグにわかる。

    ・複数社の見積もりを取る必要がないから、
    手間がかからない

    ・信頼できる業者しかいないので、
    安心して査定を任せれる

    ・査定をしたことがない
    女性や年配の方にも親切

    ・複数の業者間の見積りを『比較』
    するから、高額買取が期待できる

    ・高く買い取ってもらうことで、
    浮いたお金を次の車の購入資金に
    回すことができる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。





    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    NO IMAGE

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    にの

    新野 卓也(にの)と申します。宜しくお願い致します。
    記事作成などまだまだ初心者も同然ですが、今後より良い記事を作成していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。主に車関係の記事を作成させていただきますが、人の命に関わるような情報なども取り扱うかもしれませんので、間違った情報やわかりにくい文章などに注意し、見た人が理解しタメになったと思ってもらえるような記事を書いていきたいと思います!!今後とも宜しくお願い致します。

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 高速道路の追い越し車線で違反になる!走り続けるのはNG?

      • 高速道路の障害者割引!レンタカーの場合はどうなの?

      • 高速道路の合流でのコツとは?苦手な人も安心3つのポイント

      • 高速道路の標識の一覧!標識が緑色なのはナゼ?

      関連記事

      • 車で水たまりを歩行者にかけてしまった!罰金はクリーニング代が妥当?

      • 車の後部座席のカーテンは違反じゃないってホント?

      • 高速道路の最低速度は時速何km?一般道にもあるの?

      • 車の日除けフィルムが違法になる基準とは?対策法も紹介!

      • 赤ちゃんは車の定員に含まれるの?計算方法を紹介!

      • 高速道路の制限速度を一覧で!違反すると反則金はいくら?