1. TOP
  2. 1.カーライフ
  3. 高速道路
  4. 高速道路の法定速度!軽自動車と普通車は違うの?

高速道路の法定速度!軽自動車と普通車は違うの?

近々、高速道路を利用してのドライブ旅行を
考えていて、レンタカーで安い軽自動車を
借りて行こうと思っています。

普通車は運転しているのですが、軽自動車は
あまり運転したことがなく、ふと疑問が
浮かんだのですが、高速道路の法定速度は
普通車と同じなのでしょうか?

排気量も違うし、大きさも違う。
もしかしたら法定速度も違うのではないか、
そう思い、高速道路の法定速度について
調べてみました。

そこで今回は、

・高速道路の軽自動車と普通車の法定速度は違うのか
・一般道ではどうなのか
・法定速度の違いはなに?
・高速道路の法定速度は変わることはあるのか

この辺りをお話していきたいと思いますので
同じ疑問をお持ちの方は是非参考にして
ください。


高速道路の軽自動車と普通車!法定速度は違うの?

まず、知人に高速道路の法定速度を聞いて
みたところ、

・軽自動車は80kmまで
・普通車は100kmまで

という回答が返ってきました。

果たして本当にそうなのか気になったので
調べてみると、道路交通法施行令第27条:
(最高速度)という法律で定められています。

それを見ると、普通車も軽自動車も同じで
100kmまで出して大丈夫です。

実は、2000年9月までは軽自動車は80kmと
なっていましたが今は改正され、普通車も
軽自動車も同じ法定速度となりました。

一般道の法定速度はどうなの?

高速道路以外の一般道での法定速度はと
いうと60kmとなっていますが、こちらも
普通車、軽自動車ともに違いはありません。

ただし、一般道では速度制限されている
道路もあるので標識には注意して安全運転を
心がけてください。

尚、原動付自転車は30kmとなっています
ので、自動車と両方乗っている方はご注意
ください。

軽自動車と中型貨物車の法定速度は違う?

道路交通法施行令第27条(最高速度)で
定められている、

2・前号イからホまでに掲げる自動車以外の
自動車 80キロメートル毎時

これは大型貨物自動車、中型貨物自動車、
三輪の普通自動車、けん引自動車、
大型特殊自動車が該当されます。

ただし、その中で中型貨物自動車には4トン、
6トンなど8トン未満の車両があります。

同じ中型貨物自動車という枠ですが、
こちらは高速道路の法定速度が普通自動車や
軽自動車と同じく100kmまでとなっています。

中型貨物自動車は積載能力によって
法定速度が変わるようです。

法定速度の違いはなに?車の大きさで変わるの?

車両による法定速度の違いは何なのでしょうか?
やはり単純に考えると車の大きさ?と
思いがちですが、高速道路の法定速度は
以下の通りです(最低速度はすべて50kmです)

法定速度80kmまでの種類

・大型乗用自動車
・中型乗用自動車
・中型貨物自動車(車両総重量8トン未満)
・普通貨物自動車
・普通自動車(三輪のもの、けん引自動車を除く)
・大型自動二輪車
・普通自動二輪車

法定速度50kmまでの種類

・大型貨物自動車
・中型貨物自動車(車両総重量8トン以上)
・三輪の普通自動車
・けん引自動車
・大型特殊自動車

となっています。
つまり大型でも人を乗せるのと貨物を乗せる
という自動車の用途によって高速道路の
法定速度が変わってくるという事でした。

高速道路の法定速度!最高速度が時速120kmはどこ?

2016年3月警視庁は、高速道路の一部区間で
法定速度を100kmから120kmに引き上げる
方針を打ち出しました。

渋滞や事故が少なく道幅も広い道路が厳選
されました。

まずは試験的に2017年11月より、
新東名高速道路 新静岡IC~森掛川ICの上下
約50キロの区間の法定速度を110km、
12月より東北道 花巻南ICから盛岡南ICの
約30キロの区間の法定速度も110kmに設定
されました。

渋滞や事故などの調査をしたのちに
法定速度120kmの検討が進められていく
ようです。

高速道路の法定速度は変わることはあるの?

実際に2000年に軽自動車の高速道路の
法定速度が80kmから100kmに変更されています。

今後も道路の拡張や補修、自動車の技術革新
など時代に沿った法律へと変わっていくの
ではないでしょうか。

特に今後はオリンピックなどのイベントも
控えているので、慢性的な渋滞を解消する
一つの解決策になるかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか?

軽自動車と普通車の高速道路での法定速度に
ついてお話してきましたが疑問が解消できた
でしょうか。

今回のお話をまとめると、

軽自動車と普通車では法定速度は同じ
・中型貨物車は積載量によって変わる
・車の大きさで法定速度は変わる
・高速道路の法定速度は変わることもある

このような内容でしたね。
交通ルールをしっかり守って安全で楽しく
ドライブに出かけてくださいね。

下記の記事では高速道路の制限速度を一覧で
ご紹介しています。

⇒高速道路の制限速度を一覧で!違反すると反則金はいくら?

こちらに軽自動車をより
詳しくまとめているので参考にしてくださいね。

⇒軽自動車の最高速度は高速道路で何キロ?制限速度の違いは?

こちらも併せてご覧ください!



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネットの車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

かんたん車査定ガイド

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

名波 宏之

フリーライターとして活動しています。
過去に車種についてや比較、ランキングなど、車に関する記事を書き経験を積んできました。
皆さんが知らなかった知識や、疑問に思っていることなど、わかりやすく伝えられるようにしていき、ドライブファクトリー見て良かった!そう思われるような記事を書いていきます!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高速道路のマイレージ廃止!区間・割引率はどうなるの?

  • 高速道路の法定速度!軽自動車と普通車は違うの?

  • 高速道路の渋滞予測!阪神高速で混みやすい5つのポイントとは

  • 高速道路のアプリ無料ランキング!おすすめTOP10選

関連記事

  • 高速道路の制限速度を一覧で!違反すると反則金はいくら?

  • 高速道路の料金の計算方法!乗り継ぎの場合はどうなる?

  • 高速道路の合流でのコツとは?苦手な人も安心3つのポイント

  • 高速道路のマイレージ廃止!区間・割引率はどうなるの?

  • 高速道路のアプリ無料ランキング!おすすめTOP10選

  • 高速道路で割引を受けれる時間は?ETCじゃなきゃダメ?