1. TOP
  2. 2.メンテナンス
  3. 車の空気圧の目安!高めや低いなどの調整が必要ってホント?

車の空気圧の目安!高めや低いなどの調整が必要ってホント?

は長期間全く乗らなくても
タイヤの空気は少しずつ抜けていきます。

タイヤの空気が抜けてしまい、
適切な空気圧でない状態で車を運転すると、
タイヤがバーストしてしまう
原因にもなりますし、
燃費も悪くなってしまいます。

車を安全に運転する為に
タイヤの空気圧を適切な状態に
しようと思うのだけれど、

空気圧は高めや低めなどの調節が
必要なのかどうか
気になるところですよね。

そこで、ここでは

  • 車の空気圧とはどんな単位で平均どれくらいなのか
  • 空気圧とはそもそも何なのか

について解説させて頂きたいと思います。

車の空気圧に関する様々な情報を
お知りになりたい方は、
ぜひ、以下の記事を
ご覧になってくださいね。


 

車の空気圧の目安!どんな単位で平均どれくらいなの?

car-jeans-shoes-travel-medium

 

現在主流になっている
車の空気圧の単位kPaです。

これは、国際単位系の定める
圧力・応力の単位で、

現在、生産・販売されている車のタイヤには
このkPaで空気圧を表示することが
ISOによって推奨されています。

ただし、このkPa以外にもkgf/㎠
大気圧の表示によく用いられるbar
PSIなどもタイヤの空気圧の単位として
用いられることがあります。

特にPSIは自動車のタイヤでは
多く用いられる単位のようです。

Kgf/㎠を基準として他の単位を換算すると、
1kgf/㎠は100kPaとなり、
1kgf/㎠は1barとなります。

PSIをkgf/㎠に換算する場合は、
PSIの値に7をかけるだけで
kgf/㎠に換算できます。

タイヤの空気圧は、タイヤによって
適正空気圧が決まるのではなく、
車によって適正空気圧が決まります。

ですから、同じサイズ・種類の
タイヤを使用していても
車が違うと指定空気圧も違ってきます。

車には、運転席側のドアを開けた所に
指定空気圧が書かれた
ステッカーが貼られていますので、

そのステッカーに記載されている
指定空気圧に合わせて
空気圧調整するとよいでしょう。

youtubeで自分で車のタイヤの
空気圧を調整する方法を
紹介している動画を見つけました。

自分で車のタイヤの空気圧を
調整しようと思っていらっしゃる方は、
ぜひ、以下の動画を
ご覧になってみてくださいね。


 

車の使い方で調整が必要って本当?その目安とは!?

light-car-inside-black-medium

 

車のタイヤの空気圧
適切な状態に保っていないと、
乗り心地が悪くなりますし、
タイヤの性能も十分に
発揮することができなくなります。

もし、タイヤの空気圧が低い状態で
車を運転するとタイヤが片減りしたり、
発熱による損傷を起こしたりします。

また、タイヤの空気圧が高すぎると
タイヤの中央部分が摩耗したり、
傷を受けやすくなったりします。

ですから、前述しておりますように、
運転席側のドアを開けたところにある
指定空気圧が記載されている
ステッカーを確認して、

その指定空気圧に合わせて
タイヤの空気圧を調整しなくては
いけません。

ですから、普通に乗っている
状態であっても、
ほとんど乗っていない状態であっても
30日に1回は車のタイヤの空気圧の
点検・調整する必要があります。

さらに、高速走行をするときには、
前回のタイヤの空気圧の調整の日から
30日たっていなくても

高速道路を安全に走行するために
空気圧を点検・調整したほうが
良いと思います。

空気圧ってそもそも何??

IMG_1114_s

 

では、そもそも空気圧とは何なのか
という疑問も抱く方も
いらっしゃると思います。

空気圧とは、車のタイヤなどに
含まれる空気の圧力のことを
指す言葉です。

単位は上記ですでに
ご紹介しておりますように、
kPaやkgf/㎠、barやPSIなどで
あらわされます。

 

まとめ

ba37ae86b9e46ff48da2da33875866ae_m

 

現在主流になっている
車のタイヤの空気圧の単位はkPaです。

このkPaはISOによって
現在販売されている車のタイヤの
空気圧の表示として使用することが
推奨されている単位となっています。

このkPa以外にもkgf/㎠
大気圧の表示によく用いられるbar
PSIなどもタイヤの空気圧の単位として
用いられることがあります。

特にPSIは自動車のタイヤでは
多く用いられる単位となっています。

車の空気圧が高すぎたり
逆に低すぎたりすると
乗り心地も悪くなりますし、
車のタイヤの性能を十分に
発揮することができなくなります。

タイヤの空気圧が低すぎたら
タイヤが片減りしたり、
発熱による損傷を起こしたりしますし、

タイヤの空気圧が高すぎると
タイヤの中央部分が摩耗したり、
傷を受けやすくなったりしますので、

30日に1回は車のタイヤの空気圧の
点検・調整する必要があります。

さらに、高速走行をする前には
前回のタイヤの空気圧の調整の日から
30日たっていなくても、

安全に高速道路を走行するために
空気圧を点検・調整するように
しましょうね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネットの車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

かんたん車査定ガイド

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


 

 

【この記事もよく読まれています】


\ SNSでシェアしよう! /

ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



ライター紹介 ライター一覧

rasari

rasari

車屋の子供として生まれ、小さい頃は本物の車でよく遊んでいました!
学校卒業後は自然と車屋の営業ウーマンの道に。

生まれてからずーっと車だらけの生活で、
車に囲まれた環境で育った人間として、
できるだけわかりやすく普段の車の知識から
専門的な内容まで様々な記事を書いていきたいと思います!

楽しみにしていてくださいね☆

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中古トラックの買取相場は?売却の査定をUPさせる裏ワザとは?

  • 中古トラックの選び方!購入で気をつけたい5つの注意点とは?

  • 中古トラックを輸出する方法!輸出業者の探し方とは?

  • 中古トラックの価格相場は?値段を調べる3つの方法

関連記事

  • 車のワイパーの寿命!交換するベストなタイミングはいつ?

  • タイヤのボルトが折れた!修理の費用や期間はどれくらいかかるの?

  • 車のエンジンをかけっぱなしにするとガソリンは減るって本当?

  • 車の燃費は荷物の重さによって変わるって本当?

  • 車の虫除け!人体用のスプレーをボディに直接かけても大丈夫?

  • 【徹底調査】車の車検の値段!税金を踏まえた相場金額とは?