1. TOP
  2. 車のクラクションでトラブルになる?法律違反になる場合とは?【道交法】

車のクラクションでトラブルになる?法律違反になる場合とは?【道交法】

 2017/04/09 交通ルール
  763 Views

    本来は安全を周囲に知らせるために、
    クラクションいわゆる「警笛」
    鳴らすことになっていますが、
    それが換えってトラブルになることも。

    わたしはなるべく、、、ですが、
    クラクションは鳴らしたくない💦と
    思ってしまうのですが、
    実はそれが法律では罰せられる場合もある
    ということをご存知でしょうか?

    でも、クラクションを鳴らす意味については
    運転免許書を持っている以上、
    きちんと知っておかなければいけない
    責任があるのです。

    と言うことで。。。

    今回のテーマは、
    「車のクラクションについて」です。

    • トラブルになったらどこに相談する?
    • クラクションで法律違反とは?
    • クラクションの正しい使い方とは?

    もう一度初心に戻って車を運転する場合の
    クラクションの使い方についてじっくりと
    復習してみましょう。

    Sponsored Links

    車のクラクションでトラブルに!どこに相談したらいいの?

    もしも、クラクションが原因で
    トラブルに巻き込まれることがあれば、
    その場で検証する必要があるので、
    すぐに警察に連絡をすることです。

    途中、逃げられた場合でも、
    相手の車のナンバーを特定していれば、
    警察に相談したときに伝えると、
    必要に応じて調べてくれます。

    例えば、、、こんな事例が。

    信号のある交差点で、赤から青になったとき
    ある男性Aさんの車は直進、相手の車は、
    左折のウインカーを出していたのですが、
    急に相手の車が左折しあるAさんの車は
    急ブレーキをかけて首をむちうち。

    危ないと思いクラクションを鳴らしたら、
    相手の車は直進を遮るように停止し、
    Aさんは車から降りて注意しに行ったところ
    殴り合いの喧嘩に。。。

    その場は治まったものの、
    後日、Aさんのところに警察から連絡が。

    「障害事件として話が聞きたい」
    とのことでした。

    Aさんは逮捕まではされなかったものの
    殴りかかったのはAさんからだったので
    注意をされたようです。

    このようにクラクションを鳴らして、
    相手を逆上させてしまったり、
    トラブルになることはあります。

    Aさんの場合は、そのクラクション以外に
    暴力を出してしまったので、
    最悪の結果になってしまったのですが、
    クラクションの鳴らし方に問題が
    なかったのか事項で見ていきましょう。

    Sponsored Links

    クラクションは法律違反になるって本当?

    クラクションを鳴らす場所によって、
    法律違反になることがあります。

    道路交通法の第54条によると、
    クラクション、すなわち「警音器」は、
    違反すると下記のような罰則金が
    課せられることもあります。

    📝MEMO
    〇使用しなければならない場所で鳴らさなかった場合
    5万円以下の罰金
    〇使用が禁止されている場所で鳴らした場合
    2万円以下の罰金か科料 

    とは言っても、使用してはいけない場所や
    使用しなければならない場所は、
    どんな場所でしょうか?

    それでは事項で詳しく見ていきましょう。

    【こんな運転は止めて!!】
    危険を察知するためにもゆとりが必要です。

     

    もしもこんなトラブルになったら?!
    クラクションのトラブルを解決するには
    こちらの記事もご覧ください。
    車のセキュリティ作動!?クラクションが勝手に鳴る原因とは

    クラクションの正しい使い方・違法になる使い方とは?

    もともと車のクラクションの音量は、
    軽く押しても、強く押しても、
    音量は変わらないのですが、
    その音を聞くとビックリしたり、
    あまり良い音ではないですよね💦

    鳴らし方は人それぞれですが、
    変わるとすれば、長く押すか、
    連打するかどちらかだと思います。

    でも、その耳障りなクラクションは、
    危険を察知するとき以外にも、
    鳴らすときがありますが、
    それは果たして合法なのでしょうか。

    法律に違法になる場合とならない場合、
    その違いを詳しくご説明します。

    違法にならない使い方

    この「警笛鳴らせ」の標識を見かけたら、
    クラクションを鳴らさなければいけません。


    出典 http://www.arahe.net/law/index2.html

    • 左右の見通しの悪い交差点
    • 見通しの悪い曲がり角のとき
    • 見通しの悪い登り坂
    • 危険を回避するためのとき

    など、道路交通法の第54条によると、
    鳴らすべき場所以外での使用は
    原則、認められていないです。

    また、危険な車がいた場合に
    鳴らすことも違反にはならない使い方ですが
    トラブルになる恐れもあるので、
    譲り合いの気持ちも必要になるでしょう。

    Sponsored Links

    道交法違反になる使い方

    法律に違反になるのは、
    危険を察知したとき以外にクラクションを
    故意に鳴らす使い方をしたときなので、

    • 道を譲ってもらったお礼の”プッ!”
    • 青に変わったのに前方の車が発進しないとき

    などは、実は道路交通法違反違反に
    匹敵することになるんです。

    また、「警笛鳴らせ」の標識がある場所で
    鳴らさなかった場合も違法になるので、
    車を運転する際は気を付けましょう。

    まとめ

    これからクラクションを鳴らす前に、
    それが正しい使い方なのか、
    事前に把握することが必要です。

    「自分は故意に鳴らすことが多いなぁ」

    「道を譲ってもらったら鳴らしていた」

    「歩行者に鳴らしたことがある」

    など心当たりのある人は、
    自分の行為を見直す必要があります。

    正しいクラクションの使い方は、

    • 「警笛鳴らせ」の表示があるとき
    • 見通しが悪い交差点
    • 見通しが悪い山間部
    • 自分の車が死角にあるとき
    • 止む終えないとき

    これ以外は使わないでくださいね。

    車よりも歩行者優先なので、
    歩行者や自転車のことを第一に考え、
    むやみにクラクションを鳴らしたり、
    知り合いが通りかかったときの合図なども
    これからはグッと我慢しましょう。

    Sponsored Links


    車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ
    車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

    ※車売却は業者間で『比較』することで、
    平均17万円も査定額がUPするという
    調査結果が出ています。

    なぜこんなことが
    起こってしまうかというと、

    ・自分で見積もりを取るのが面倒
    ・買取の交渉をする自信がない
    ・相場がわからないからダマされそう
    ・急な転勤で引越しに追われて時間がない

    などの悩みがあるからではないでしょうか?

    そんなあなたには
    ズバット車査定がオススメです。

    ズバット車査定なら、

    ・愛車の査定額がスグにわかる。
    ・相場がわからない女性や年配の方にも親切
    ・『比較』するから買取額UPが期待できる
    ・高価買取してくれるから車の購入資金に回せる

    また下取り相場を知ることで、
    見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
    価格交渉の引き合いに出す材料になります。

    ⇒平均17万円お得なズバット車買取比較で高額売却する♪



    \ SNSでシェアしよう! /

    ドライブファクトリーの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ドライブファクトリーの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    車の保険料を節約したい人必見!
    車の保険に加入する人の80%が
    『比較』をせずに決めています。

    あなたもこの様な理由で保険を決めていないですか?

    ・知り合いにお願いされたから。
    ・昔から使っているから
    ・たくさん種類があって探すのが面倒

    などなど、比較をせずに保険に加入すると
    平均で25000円も損をすることになります。

    保険の一括見積もりのメリットは、

    ・複数社で比較するから一番安く選べる
    ・無料でたった3分で申し込みができる
    ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる
    ・安くなった分はプランの充実にまわせるから安心

    比較することで、
    平均で25000円以上お得になりますし、
    中には最大50000円お得になったという声もあります。

    ⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する


    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    光明

    光明

    数年後に三十路を迎える光明です。

    愛車に乗るのは週末くらいで、大好きなアニメソングを流しながら運転するのが密かな楽しみとなっています。
    特技は一人カラオケin車内(音痴ですが汗)。。。

    こんな私ですが、車に関しての知識はピカイチと自負しております(笑)
    車の基礎情報はもちろん、今の流行りなどもお伝えしていきます!!